スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

伊坂幸太郎 「アヒルと鴨のコインロッカー」

2007.07.11 *Wed
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
(2006/12/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


【あらすじ】
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。 (Amazonより)



大学に入学が決まり一人暮らしを始めることになった平々凡々な主人公が、っけからいきなりモデルガンを片手に書店を襲っている状況が繰り広げられる。何とも伊坂さんらしい始まり方で、期待に胸が高まりました。

そんな状況に彼を巻き込んだのはアパートの隣人である河崎。
何ともつかみどころ無い謎だらけの人物なのです。

そこに2年前の出来事が織り込まれて、物語は現在と2年前を交錯します。

現在、広辞苑奪取のための書店襲撃事件。
2年前、ドルジと琴美が巻き込まれたペット殺し事件。

何のつながりも見当たらない二つの事件が繋がるとき・・・。

切なかったです。目頭が熱くなりました。
個人的な感覚ではありますが、伊坂さんの作品には珍しく、わかりやすい「切なさ」、女性が共感しやすい「哀しさ」が染み渡っている作品だと感じました。

人を愛する強さ、そして愛を失ったがゆえに生まれる憎しみの深さ、それが計り知れないこと、また、その愛と憎しみをどう自分の中に受け入れるのか、もしくは取り込めずに相手にぶつけていくしかないのか、そんな様々な人の感情を見せつけられた作品でもありました。

仕掛けられたトリックに、まんまとやられた私です。


追伸:映画化されましたね。キャストは合っている気がします。小説ならではのトリックが効いている作品なだけに、どうやって映像化したのか興味があります。

お気に入り度:★★★★★

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (3)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

映画、上手でしたよ。

オーデュボンの祈り、蒲公英草紙とこの記事に
TBさせていただきました。
2009/04/03(金) 15:45:34 | URL | 藍色 #- [Edit
No title
じゅうりょくぴえろが禁止ワード?。
コメントに時間がかかりました。
TBも反映しなくて涙。
2009/04/03(金) 15:47:44 | URL | 藍色 #- [Edit
>藍色さん
アヒルと鴨、私も映画観ました~~~
すごく良くできていましたよね、なるほどこうするのか~と感心しました。

重力ピエロのピエロの一部が禁止ワードになっていました・・・
解除しておきました。
ご迷惑おかけしてすみません~!一時変なコメなどがあったので。
2009/04/03(金) 22:21:55 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。 初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち...
2009/04/03(金) 15:33:26 | 粋な提案 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。