スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

桜庭一樹 「少女七竈と七人の可愛そうな大人」

2007.05.04 *Fri
少女七竈と七人の可愛そうな大人少女七竈と七人の可愛そうな大人
(2006/07)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


【内容】
わたし、川村七竈十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった・・。鉄道を愛し、孤高に生きる七竈。淫乱な母は、すぐに新しい恋におちて旅に出る。親友の雪風との静かで完成された世界。だが可愛そうな大人たちの騒ぎはだんだんと七竈を巻き込んで・・・。 (Amazonより)


北海道旭川。冬は真っ白な雪が埋め尽くす世界・・・。
ひとりのとても平凡で白っぽい丸のような女性、優奈。
彼女は別の人間になるために、自分を変えるために、7人の男性と関係を持ちます。ある男性の、七竈の木はとても燃えにくく、七回も竈に入れても燃え残ることがあり、そうやって造られた七竈の炭は大変上質なものだという言葉に、自分も上質な炭になれる気がして―。

そうして、そんな母から生まれて来たのがのが七竈。
類稀なる美貌に生まれついてしまった彼女と、彼女のたったひとりの親友であり、同じく美しい「かんばせ」を持つ雪風と、二人を取り巻く狭い狭い世界の中にいる大人たちの物語です。

とても禍々しくも甘美な雰囲気が全編を漂っています。

母が奔放であるという環境と、その美しさから友達のいなかった七竈の唯一の友人が、これまた恐ろしいほどの美少年の雪風。常に一番近しい存在であった二人なのですが、成長とともにその「かんばせ」がこれ以上一緒にいられないほど酷似してきます。二人ともそれに心の奥では気づきながらも、認めたくない、信じたくない、そして何より「離れたくない」―― そんな強い想いが行間からひしひしと伝わってきてとても切ないです。事実から目を逸らして傍に居続けようと努力する二人。強いようでいて踏みしめられる雪のように弱いんですよね。

二人をそっとしておいてあげてほしい・・・・でも周りにいる大人たちがそうは許してくれません。二人で創りあげた脆くて美しい世界がずっと続くことはなかったのです。
でもそれによって二人は成長します。今まで浸っていた世界以外にも広い世界が自分にも待っていることを知ります。

周りにいた「可愛そうな」大人たちも、苦しんだり悩んだり恨んだりしながらも、頑張って生きていて・・・。

そして、不思議なことに、あんなにちくちくと胸が痛むように切なかったのに、いざ読み終えてみると切なさと共に不思議と前向きに生きていこうとする力が湧いてきたんです。不思議で素敵な作品でした。

大人たちは「可哀相」ではなく「可愛そう」なんですよね。淡々と全てを受け入れて成長していく七竈と雪風に比べて、許せないことや縛られることに苦悩しつつも生きてる大人が何だか可愛くもありました。

おまけで、というか実はかなり重要なのが後輩のみすずちゃん。ごくごく普通の彼女のおかげで、七竈たちも随分助けられた気がします。

母を許さないことが七竈の純情・・・・でも、母がおかしくなってしまった理由、最後に明かされたそれが、すこぉし彼女を許せる気がします。

七竈の花と同じ白いマフラーを巻く七竈。
七竈の実と同じ赤いマフラーを巻く雪風。

この情景が今も瞳の奥に焼き付いたままです。

お気に入り度:★★★★☆

rankingtag
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは。
七竈と雪風の切ない思い。
七竈の成長と喪失の哀しみ、母娘の確執が伝わってきました。
そして鮮やかな旅立ちが印象的でしたね。
このタイトル、「可哀相」ではなく「可愛そう」にしたこだわりに
桜庭さんの大人への視点がうかがえるみたいでした。
桜庭さん、お気に召しましたら、「赤朽葉家の伝説」もぜひ。
恩田さんの「朝日のようにさわやかに」の記事もありますよ~(笑)。
2007/06/24(日) 01:33:02 | URL | 藍色 #- [Edit
>藍色さんへ
こんにちは~。
コメント&TB有難うございます。
「可哀相」ではなく「可愛そう」であるところが絶妙ですよね~!
未だに何だかこの本の世界の情景がふっと浮かぶことがあり
本当に印象深い作品だったと思います。
「赤朽葉家の伝説」・・・何だかタイトルからしてまた惹かれます!
2007/06/29(金) 20:16:16 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

カバーイラストは、さやか。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。野性時代2005年12月号から2006年5月号までの連載を加筆訂正書籍化。母、川村優奈が二十五歳で、ある日“辻斬りのように男遊びがしたい
2007/06/24(日) 01:34:20 | 粋な提案 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。