スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

森見 登美彦 「太陽の塔」

2007.04.13 *Fri
太陽の塔 太陽の塔
森見 登美彦 (2003/12/19)
新潮社

この商品の詳細を見る


名門京都大学に在籍する(休学扱いなので通っちゃいないのだ)男子学生の失恋後の「男汁溢れる手記」であります。
読み終わった後に体臭が濃くなっていたとしても知ったこっちゃないのだそうで。

同著者の「夜は短し歩けよ乙女」より前に書かれた作品ですが、これまた奇妙で愉快で摩訶不思議な脇役達が次々と降って湧いてきては物語を混沌へと押進めていくのです。

失恋の物語であり、恋愛の物語であるのに、出てくるのは男ばかり。
物語から撒き散らされる男臭さに「うっ」とやられつつ、最後にはふわふわとした女の子の匂いにたった数行であっさりと塗り替えられ、俄かに恋物語だったことを思い知らさるのですが。

京都の街をあちらこちらと駆け巡るわけですが、中でも丑三つ時の夜の京都には、現代人が忘れ去っている闇に潜む魑魅魍魎への恐怖がぷくぷくと湧き上がりました。確かに京都を訪れるとき、夕暮れの閉館時に差し掛かると静寂な寺院のたたずまいの美しさが増すととともに、ひたひたと迫り来る夜の闇の使者を片隅に感じることがありませんか?
陰陽師やら百鬼夜行抄やらの読みすぎかも知れませんが日本ならではのこの感覚が色濃く残っている京都にやはり惹かれるのです。そんな京都を自分の街として駆け回り、迫り来る魑魅魍魎など「男汁」でもってずんずん撥ね散らかす登場人物たち・・・そんな彼らの男パワーに圧倒されます。

ただ、「夜は短し・・・」に比べると、流れがやや切れがちに感じました。物語全体を軽快に駆け巡る速さや勢いは「夜は短し・・・」の方が圧倒的に勝っていたかなぁ。「あははっ!」って声を出して笑っちゃう、そこまでの会話の「キレ」が無かったように思えます。「夜は短し歩けよ乙女」を読んで日が浅かっただけにちょっとばかりの消化不良。でもそれだけ著者もパワーアップしてきてるということで次回作への期待が益々高まったのでした。

この人の作品を読んでいると、日本語の面白さ、奥深さを再認識します。
理系出身の作家さんとは思えないなぁ。

お気に入り度:★★★☆☆

rankingtagにほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (6)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

COMMENT

Spicaさんこんばんは~♪
読む時期がかぶりましたね。たまにそういうことがあるとなんだかうれしいです!
たしかに「キレ」に今ひとつ欠けるという印象がありました。賛成です!
京都に旅行に行きたくなるんですよねぇ。今月はあと「きつねのはなし」と四畳半神話体系」を読むので、VIVA京都になること間違いないように思われます★
2007/04/13(金) 21:39:56 | URL | やぎっちょ #- [Edit
確かに「夜は短し歩けよ乙女」と比べると完成度が違うなぁって思います。
でも、初森見さんだったし、むさくるしいことばかり書いてあるのに、なぜか清々しくて寂しくって・・というのにやられました。
2007/04/13(金) 22:47:48 | URL | june #- [Edit
私も『夜は短し~』の方が、好きです。
この作品はまだまだ荒削りな面もみえますよね~
それでも、京都の街の雰囲気や、京都の男子学生の生態を描く上手さを感じました~
2007/04/14(土) 21:01:48 | URL | エビノート #- [Edit
>やぎっちょさんへ
こんにちは~。VIVA京都!!いいですねぇ~。
やぎっちょさんの書評で森見さんのブログというものを始めて知ったんですが、語り口調が小説同様面白いですね。くすりと笑ってしまいます。「きつね~」の感想も楽しみにしてます。
2007/04/14(土) 22:58:10 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
>juneさん
こんばんは!
確かにむさ苦しいのに、青春してるというか爽やかな風も感じました~。そしてちょっとうら寂しい・・・自伝的な感じだからですかね?妙に親近感わきますよね。登場人物たちに。
2007/04/14(土) 23:12:11 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
>エビノートさん
こんばんは~。
うんうん、本当にリアルですよね。京都行くと会えるような気がしますよね!エビノートさんも先日京都旅行に行かれたとき、きっとキョロキョロされたんじゃないかと思います~。以前は寺院とか仏像とかで興味を持っていた京都でしたが次回からは違った観光名所が・・・(笑)。
2007/04/14(土) 23:16:37 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

太陽の塔■やぎっちょ書評昨日juneさんの記事「夜は短し歩けよ乙女」にコメントを残しに行ったら、「太陽の塔」は「夜は短し~」の後日談説、ということが書かれていたので、慌てて読んでみました。しかるに。。。どうでしょ。結局は後日談じゃないと思います。最初....
2007/04/13(金) 21:38:00 | "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! [Del
太陽の塔日本ファンタジーノベル大賞受賞作を読もう!企画も、もう第7弾です。これだけ読んでまたまた当たりです!それにしてもこれを大賞に選ぶとは、日本ファンタジーノベル大賞恐るべしです。器が大きいです。これはやっぱりファンタジーなんですよね。アンソロジー....
2007/04/13(金) 22:41:28 | 本のある生活 [Del
太陽の塔森見 登美彦 新潮社 2006-05売り上げランキング : 1966おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろ...
2007/04/14(土) 20:57:47 | まったり読書日記 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。