スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

森見 登美彦 「夜は短し歩けよ乙女」

2007.02.28 *Wed
夜は短し歩けよ乙女 夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦 (2006/11/29)
角川書店

この商品の詳細を見る

【あらすじ】
私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。(Amazonより)



本を片手に、いえ、彼ら達と一緒に京都の街を駆け巡りたい!
そんな衝動にうずうずと駆られ、めくるページ数が残り少なくなってくるのが本当に名残惜しく、読み終わったときには楽しさと共に一抹の寂しさも覚えたほどでした。

どんなストーリー?って聞かれても、黒髪の乙女に激しく片想い中の男が彼女を追って追って追いまくる、最初から最後までただそれだけ。

・・・なんですが、

普通の男のありがちな報われない片想いものかと読み進んでいたら
何とも奇想天外なお話ではないですか!
いえ、奇想天外を奇想天外と思わせないこの自然な流れ、
京都にいけばこんな事が実際起こりえるよね?って信じさせられてしまいました。
読んでいて本当に楽しかったです。

「乙女」の可愛くも脅威である天然ボケっぷり。
間抜けっぷりが見事な「わたし」。
変人であり聡明であり愛嬌いっぱいの脇役達。

早くもまた彼らに会いたい気持ちでいっぱいです。

お気に入り度:★★★★★

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (12)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

COMMENT

TBを再度・・
こんにちは。コメント残してくださってありがとうございました♪
それで、TBがうまく飛ばなかったようなのですね。もう一度お願いできますでしょうか。
FC2とライブドア(うちだけかな?)の間の相性がよくないみたいでたまにあるんですよ。
よろしくお願いします。

この本はほんと続編がほしいところですよね。
おともだちパンチを伝授した姉に登場してほしいと期待が膨らむ一方なのです(笑)
2007/02/28(水) 17:49:58 | URL | やぎっちょ #- [Edit
>やぎっちょさん
こんにちは。
コメント有難うございます。

確かに乙女のお姉さん、とても気になりますね。
樋口さんの天狗っぷりももっと見たいですし
羽貫さんの恋での泥酔なんぞも、と勝手に想像が膨らむばかりです(笑)

TB再度挑戦させていただきますね。
ときどき何度やっても上手くいかないときがあるのでちゃんと反映されると良いのですが・・・。
2007/02/28(水) 18:06:25 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
こちらからもTB送らせていただきました!
黒髪の乙女小説ですが、うちのブログに書いたものに加えて恩田陸さんの「六番目の小夜子」もいいですよ。
どーして黒髪+長髪の主人公はこうも性格が似るんだろうなんて思ってしまいます★
2007/02/28(水) 18:47:58 | URL | やぎっちょ #- [Edit

>やぎっちょさん

TBありがとうございました!

「六番目の小夜子」は読みました!確かに黒髪の乙女ですね。しかも、ぞくっとするタイプの。
そういうつながりで本を読みつなぐのも楽しそうです。
2007/02/28(水) 19:21:36 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
登場人物がみな愛すべき人たちですよね~
京都の街を歩いていたら、樋口さんや羽貫さん、李白翁にも出会えるかしら?なんて、ついつい妄想しちゃいますね。
京都には摩訶不思議な魅力がいっぱい詰まってるような気がします!
2007/02/28(水) 21:59:25 | URL | エビノート #- [Edit
>エビノートさん
本当に可愛い登場人物達でしたね。
皆憎めないキャラばかりで。
今度京都行くときにはこの本片手に歩きたいですね。
2007/03/01(木) 10:20:03 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
はじめまして。
こちらの記事にトラバさせていただきました。
面白くって可愛い、心暖まるお話でしたね。
個性的な人々、愉快な出来事がいっぱいで、楽しかったです。

コメントやトラバ返しなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2007/04/05(木) 16:23:50 | URL | 藍色 #- [Edit
>藍色さん
はじめまして!
コメント&TBありがとうございます。なむなむ!(笑)
読んでいると無性に京都へ行きたくなりますよね。
京都へいけば本当に皆に会えるような気さえ
しています。
笑いありどきどきあり摩訶不思議な森見ワールドにすっかり魅了された作品でした!
良かったらまた遊びに来てくださいね。
2007/04/07(土) 11:36:19 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
この作品を読んでから、
すっかり森見ワールドに嵌ってしまいました。
実は、天狗の樋口氏達は「四畳半神話体系」
にも登場しています。

当ブログでは森見氏の作品
「夜は短し~」
「四畳半神話体系」
「きつねのはなし」を紹介しています。
良かったらご覧ください
2007/04/07(土) 15:14:01 | URL | 晴眠雨読 #- [Edit
ファンタジックというか、摩訶不思議な世界なのだけれど、
すっかり引きずり込まれました。
ほんと、京都だったらありえるかも・・って思えますよね。
というより京都以外では成立ない気がします。
これを読んで無性に京都に行きたくなりました。
2007/04/09(月) 22:49:33 | URL | june #- [Edit
>晴眠雨読さん

コメント有難うございます。
樋口氏たちは他作品にも出てるんですね!
先日やっと森見作品は2冊目「太陽の塔」を読み終えたところです。
是非是非「四畳半神話体系」や「きつねのはなし」
それと「走れメロス」も読んでみたいです。
私もすっかりはまってしまいそうです。
2007/04/13(金) 00:02:22 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
>juneさん
私も無性に京都に行きたくなってます。
昨年12月に京都に行く機会があったのですが
そのときにはまだこの本に出逢っていなかった!ので
も~悔しいです~。そのほかの森見さん作品や京都にまつわる本を持って次回はじっくり廻ってみたいと思いました。
2007/04/13(金) 00:04:50 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

夜は短し歩けよ乙女この本は「徒然書店」の弥勒さん、「ひなたでゆるり」のリサさんの感想を見て読んでみました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評それはもうオモチロイお話でした。書きたいことは塵が積もった山ほどたくさんあるのです。それはもう1500....
2007/02/28(水) 18:46:38 | "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! [Del
夜は短し歩けよ乙女著:森見登美彦出版社:角川書店定価:1575円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く≪内容≫私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我なが...
2007/02/28(水) 21:52:16 | まったり読書日記 [Del
装画は中村佑介。装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。「野性時代」2005年9月号、2006年3、10、11月号初出。クラブの後輩の黒髪の乙女に密かに想いを寄せる先輩は、ひたすらに彼女の姿を追い求めます。京都を舞
2007/04/05(木) 16:14:13 | 粋な提案 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。