スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

上橋菜穂子 『獣の奏者 1 闘蛇編』

2010.04.18 *Sun
獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
(2009/08/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが―。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。



闘蛇衆の村で育った少女エリン。
闘蛇衆出身の亡き父と、霧の民出身の母から生まれた娘。
彼女の母は霧の民という特殊な部族の出身ながら獣ノ医術師として闘蛇の世話をまかされていた。
そんな母の姿を見ながら育った聡明な少女。

ある日、母が世話をしていた闘蛇が全て息絶える事態が起こった。
罪を問われ刑に処せられることになった母。
そんな母を救おうと飛び出したエリン。
母は最期の力を振り絞り、禁をやぶる方法を用いて娘の命を助ける。
遠くへ流されたエリンは蜂飼いのジョウンに助けられ、穏やかな生活を送りながら、様々なことを学び成長していくのですが...。

これは噂に違わず本当に面白いですね!
もう読み出したら止まらなくて何も手につかなくなってしまいました。
全く異世界の話なのに、難しい説明もなく当たり前のようにすーっとその世界が目の前に広がります。
冒頭から衝撃的な事件により物語が始まり、やっと得られたつかの間の平和にも影がさし、いったいこれからエリンに何が起こるのか。
不安と期待で胸が膨らみます。
人よりもとても感性が強く、聡明なエリンがどう獣たちと触れ合っていくのか。
それがいったい世界をどう動かすことになるのか。
続きがとても楽しみです。

お気に入り度:★★★★★ (2010年4月4日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

アニメでずっと見ていました。
1巻で言うところの、お母さんとの別れのシーンは強烈でした。
ぜひ、本も読みたいのですが、図書館では鬼のような予約数。全4巻が文庫になったらそろえようかと思っています。
2010/04/19(月) 09:33:50 | URL | mizutani.ryoma #- [Edit
私もこの作品好きです!
思わず泣いてしまう部分も多くて、人前ではなかなか読みにくいですが・・。
TBさせていただきます。
2010/04/19(月) 11:32:15 | URL | DONA #- [Edit
>mizutani.ryoma さん
こんばんは♪アニメ観てらしたんですね~!
読んでからアニメも観たい!と思ったのですが、総集編も終わってしまい再放送もなく、残念に思っていたところなんです。お母さんとの別れのシーンは本当に衝撃ですよね。泣きました。
図書館では3,4巻の予約が半端ないですよね。1,2巻はなんとか借りたのですが、3,4巻は無理だとあきらめてブックオフで買いました。
はやく文庫化しますように。
2010/04/20(火) 00:24:03 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit
>DONAさん
DONAさん、こんばんは♪
TBありがとうございます。
そうですよね~。一巻のはじめからもう涙が溢れて…。
2巻まで読み終わったのですが感無量です。
外で読むときは涙をこらえないといけないですね。
そして夢中になりすぎて電車を乗り越してしまいそうです。
2010/04/20(火) 00:26:39 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

上橋菜穂子著 「獣の奏者 ?闘蛇編」 (講談社文庫) 「守り人シリーズ」がお気に入りで読んでいる上橋さんですが、こちらのシリーズもどうかな?と思い、買ってみました烈 リョザ神王国の闘蛇村に住む少女エリンは、闘蛇の飼育係をしていて母が処刑されそうに..
2010/04/19(月) 11:33:59 | 読書リスト [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。