スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

誉田哲也 「武士道エイティーン」

2010.03.18 *Thu
武士道エイティーン武士道エイティーン
(2009/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。最後の夏、ふたりの決戦のとき。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!わたしたちは、もう迷わない。この道をゆくと、決めたのだから。



とうとうエイティーンまできました!
セブンティーンで福岡に残ることを決意した早苗。
香織と早苗は別々の土地で先にすすみ続けるが心はしっかり繋がって。

そんな二人もいよいよ三年生。

 わたしたちは、もう迷わない。
 この道をゆくと、決めたのだから。
 急な上り坂も、下り坂もあるだろう。
 枝分かれも、曲がり角もあるだろう。
 でも、そんなときは思いだそう。
 あの人も、きっと同じように、険しい道を歩み続けているのだと。


ここまで主人公たちに恋愛が絡んでこないのに、まるで恋をしているようにドキドキする物語も珍しいのでは。
彼女たちの最後の一年。そしてその後は受験か就職か・・・。
また新しい道が彼女たちを待っている。

今回は本編の間に、早苗の姉・緑子と岡巧の話や、桐谷先生の過去のお話、吉野先生の武勇伝も入っており、楽しめます。
最後のインターハイ直前、早苗が怪我を負ってしまいます。このままでは早苗は香織と戦うことができない。そこで吉野先生がうってでた秘策とは?二人の絆を知ってる先生の温かい心遣いが嬉しいです。
二人の最後の戦いが対等な状態じゃないのはかなり残念でしたが、勝ち負けではない二人の戦い。
この日まで彼女たちが努力してきた日々を思い起こしてうるうるしました。
またきっとお互いベストの状態で戦える日が待っているのかも、なんて期待です。

戦えることが楽しくて嬉しい相手。
鍔迫り合いで無意識にも口元がゆるんでしまう相手。
そんな相手、なかなか出会えるものではありません。

香織の早苗にかけた言葉、「おまえはお気楽不動心で、剣道やってないとだめなんだよ。」
ぶっきらぼうでありながら、早苗を思う気持ちもいっぱい詰まったこの言葉が心に残りました。

三年間、剣道一色に染まった高校生活で、かけがえのない友情と絆、そして大きく成長した自分を手に入れた彼らが眩しかったです。

お気に入り度:★★★★★ (2010年2月23日読了)

追伸:おしゃれカフェのシーン笑えました。ちょっと前にスタバのメニューに「ほうじ茶ラテ」があったなぁ。あれなら磯山さんもいけるかも?!

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

おはようございます。
TBさせていただきました。

>ここまで主人公たちに恋愛が絡んでこないのに、まるで恋をしているようにドキドキする物語も珍しいのでは。

これを読んではっとしました。
そういえば、二人の高校三年間はほとんど色恋抜きでした。そして、だからといって潤いの不足など微塵も感じなかったのは、武士道という精神性が、色恋をも軽々と超えてしまっているのかな、などと思いました。
2010/03/19(金) 08:06:28 | URL | 時折 #- [Edit
>時折さん
こんばんは。
TB&コメント、ありがとうございます(^^)

確かに彼女たちの3年間は「潤って」ましたね!!
力や思いが溢れだして受け止めきれないくらい得たものが大きい期間だったと思います。
羨ましくなるほどでした。
想うことというのは恋だけじゃないんですね。
2010/03/19(金) 21:16:25 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

ありがとう、武士道。 内容(「BOOK」データベースより) 高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。最後の夏、ふたりの決戦のとき。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!わたしたちは、もう迷わない。この道をゆくと、決めたのだから。 そ?...
2010/03/19(金) 08:02:00 | 時折書房 [Del
小説「武士道エイティーン」を読みました。 著者は 誉田 哲也 武士道シリーズ3作目 3部作ということで 完結編なのかな? 今作も香織と早苗の剣道を通じた青春スポーツなのですが 今回はサイドストーリーが入って 今まで 脇役だった人たちからの視点が 甲本の姉、桐谷...
2011/05/28(土) 21:50:48 | 笑う学生の生活 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。