スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

初野晴 「初恋ソムリエ」

2010.01.29 *Fri
初恋ソムリエ初恋ソムリエ
(2009/10/02)
初野 晴

商品詳細を見る


「退出ゲーム」の続編です。待っていました!

弱小吹奏楽部に所属するハルタと千夏。
二人は一見いいコンビに見えるけど実はライバル。何のライバルってそれはもちろん「恋」!

というわけで今回もこの二人を中心に身近で起こった事件を解決していきます。
前回よりもおもしろさパワーアップ!ますますおもしろくなっていますね。

読んでる最中は千夏やハルタたちのやりとりがおかしくて声を出して笑っちゃうくらいなのに最後の最後でいつも胸に痛みが走ります。
今回は特に「アスモデウスの視線」と「初恋ソムリエ」の謎解きの裏に隠された真実にやられました。
各篇冒頭での「誰かの」独白。事件が解決したときにこの「独白」の意味するところがわかり、「すとん」と心の中に落ちてきて切なさが増しますね。


『スプリングラフィ』ではまたひとり癖のある登場人物が増えます。
なんと彼女はたぐいまれなクラリネット奏者なのにアンチ吹奏楽部なんです。
更に彼女は音楽家として大きな局面に立たされていて・・・。
音楽という好きな場も、プロを目指すとなると一転して戦場となる。
しかもたった一人でそれに立ち向かわなければならないんですね。
でもそんな彼女が千夏たちと触れ合うことによって心が少し軽くなっていく、そんな成長を見てみたいです。

『周波数は77.4MHz』では秘密のラジオ局の人生相談に、同級生が恋のライバルなんだけど、自分は社会学的にも不利だから、ライバルを引き離すためにちょっと汚い手に出たことを懺悔するリスナーが(笑)
このラジオ局、どこから誰が発信しているのか不明なんです。一方、吹奏楽部では部活の部費を手に入れるため、千夏たちは地学研究会の部長を追うはめに・・・。
高額な部費の支給を学校からあてがわれている地学研究室の裏に隠されたある秘密とは?
隠された真実の題材は重いのですが、救いの光があるから温かい一篇でした。


『アスモデウスの視線』
初のコンクールに向けて気合いの入る千夏たち。しかしいきなりつまずいてしまう事態が。
なんと愛しの草壁先生(吹奏楽部顧問、千夏&ハルタの恋のお相手)が過労で倒れて入院してしまったのだ!
実はライバル校の吹奏楽部の顧問の先生が謹慎処分となったため、ヘルプ要請を受け顧問の掛け持ちをしていたのです。考えられる要因のひとつが席替え。堺先生のクラスではこの一月で3回もの席替えが行われたという。いったいなぜ?

一ヶ月に席替えが3回。しかもその席替えの方法がとても奇妙。
いったい何でその必要があったのかをさぐるのは、いかにも謎ときっぽくて面白かったです。
真相が明らかになったとき、そこには本当に深い生徒を思いやる愛情に溢れていて、涙が出てきました。

『初恋ソムリエ』、これは四十年前にあった騙しあいの話であり、叶うことの無かった初恋の物語。
クラリネットの芹澤さん。卒業後はいろいろと確執のある家を出て、オーストラリアで暮らす伯母と日本で一緒に暮らすことに。その伯母が下見のためにやってきたのだが、なんと興信所に初恋の相手を探してほしいと依頼していた。その興信所の息子が初恋ソムリエの朝霧亨。
四十年たった今になって、なぜ伯母は初恋の人を捜そうとしているのか。いったい二人の恋はどんなものだったのか。

初恋研究会代表であり初恋ソムリエとなのる朝霧亨が登場するのですが、そもそも初恋ソムリエっていったい何?
思い出の味に隠された彼の思い、名前に込められた真実をしったとき、とても胸が切なく痛みました。
もうあの頃には戻れないけれど、真実を知ることができてきっと良かったに違いないと思いました。

冒頭での語りが今回は千夏なのですが、ハルタと交わす「ホタル」の話がとても美しく悲しくて心に残りました。

++++++++++++++++++

前半二篇は新たな仲間を迎えるための助走的な感じでさらりっと読めましたが、それに対して後半二篇は謎解きも深みがありましたし、隠されていた真実の重厚さがぐぐっと来ました。
キャラクターたちにすっかり愛着もわき、はやくも続きが読みたくなってしまいました。
次はもしかして3年生?
楽しみです。

お気に入り度:★★★★★
(2010年1月26日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (6)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは。
『退出ゲーム』に比べるとぐっと深くなりましたね。特に後半2作の真相はたまりませんでした。
ハルタとチカを見ているだけでも楽しいのですが、次はもう三年生?
あんまり早く卒業されても困ります。

こちらもTB送らせていただきました。よろしくお願いいたします。
2010/02/02(火) 22:31:20 | URL | shiba_moto #- [Edit
>shiba_motoさんへ
こんばんは!TBありがとうございます。

そうですね。ハルタたちのやりとりはずっとこなれて笑いが多くなった感じでしたが謎に潜んでいる事実は結構深いものが多かったですよね。謎が解けたからといって、解決しない真実が隠れていたりして・・・。
やっぱり次は3年生で卒業でしょうか。それは寂しいです!
2010/02/03(水) 00:15:52 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit
読みました♪
Spicaさん、こんばんは~

もう買っちゃおうかなぁとまで思ったところに図書館からのメールが来て、飛んでいきました~。

まず表紙にうっとりして、装丁を楽しんで…と十分堪能して物語に入ります。最初にモノローグがあるところが、物語への興味をそそります。
そして…新メンバーも出てきて、吹奏楽部も活気づいてきましたね。ハルタとチカの関係も相変わらずのような、ちょっと進展があるようなで、ほほえましいです。

『アスモデウスの視線』は、思わぬ方向へ話が進んでいき、ノンストップでした。生徒を思うゆえの先生の決断、胸が痛かったです。
2010/02/14(日) 00:01:30 | URL | なぎ #- [Edit
>なぎさん♪
なぎさん、こんばんは♪
図書館から連絡あって良かったですね(^^)

あ、あの冒頭の独白部分、モノローグ、といえば良いのですね!(笑)
メモメモ。勉強になります~。
あのモノローグがいいスパイスになってますよね。
読みすすんで初めて、あ、そういうことだったのか、と分かったときの衝撃。

『アスモデウスの視線』はミステリとしても楽しめましたが、裏に隠された事実を知ったときはとても心に響きました。続編が楽しみですね。
2010/02/15(月) 22:08:11 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit
Spicaさん、こんにちわ。
私もキャラクターたちにすっかり愛着がわいてしまいました。続編楽しみですね。
笑える場面はもちろん、じーんと心が温かくなる場面もたくさんあって、すごくよかったです。
「アスモデウスの視線」は、私も先生の生徒を思いやる気持ちに胸が熱くなりました。こんな先生に率いられる藤が咲高校、普門館に向けていいライバルになりそうですね。ってまだ部員獲得の段階ですけど。
2010/03/14(日) 14:54:08 | URL | june #- [Edit
>juneさんへ
juneさん、こんばんは♪
だんだんキャラクターが自由自在に動き回り始めた感じですよね。
笑えるところと胸に響くところのバランスが本当にいい作品で、
あまり構えずに読めますよね!
続編、とても楽しみです。
ついつい謎ときに目がいっちゃいますが、吹奏楽部も少しずつ成長していて
次作では大きく羽ばたきそう?!ですね!
2010/03/16(火) 00:03:10 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

 廃部の危機にある吹奏楽部。チカは変わり者の幼なじみハルタや、憧れの顧問草壁とともに部員集めに奔走し、幾人かの部員を集めることに成功した。目指すは吹奏楽部の甲子園「普門館」。だが、ふたりの周りには新たな部員よりも、不可解な謎が集まってくる・・・  『退出
2010/02/02(火) 22:30:48 | こんな夜だから本を読もう [Del
初恋ソムリエクチコミを見る タイトルと表紙のキュートさにくぎ付けになってしまった一冊。それで「退出ゲーム」から読んでみたのですが、それがおもしろくって。そしてこちら「初恋ソムリエ」も期待通りのおもしろさでした。 仲間がいて未来があって、そしてじんわり...
2010/03/14(日) 14:45:54 | 本のある生活 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。