スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

三崎亜紀 「刻まれない明日」

2009.12.17 *Thu
刻まれない明日刻まれない明日
(2009/07/10)
三崎 亜記

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去った場所。街は今でも彼らがいるかのように日々を営んでいる。あの感動から3年―“失われた時”が息づく街を舞台に描く待望の長編。



十年前、抗いようも無く町ごと大切な人を失ってしまった人たち。
残された者たちは、消えてしまった人たちの思い出と、帰ってくるかも知れないという僅かな希望と共に十年間という年月を生きてきたのに、そのわずかな繋がりさえも消えてゆく。
辛い別れを二度も経験しなくてはいけないなんて、とても残酷だ。

人が町ごと消えるというミステリー「失われた町」の続編ともいえるこの物語。
前作でも感じましたが、その「謎」そのものではなく、残された者たちの行き場の無い切なさが浮き彫りにされています。
今回は、更にミステリー要素が薄まり、失われた町を取り巻く人たちの気持ちが細やかに描かれています。
悲しさや悔しさ、諦めや失望の先に一筋の明るい光が見えてきて、寂しさと温かさの入り混じった絶妙のさじ加減が素晴らしかったです。

序章では「歩行技師」という職業が出てきます。
三崎さんの作品は、人だけでなく、建物、物質、時間など、この世に存在するもの全てのものに意思を吹き込む力が見受けられて、確立していた概念を驚くほどに覆してしまいます。今回も思いもしなかった世界に圧倒されました。

道を歩き続ける「序章」
図書館が舞台の「第五分館だより」
鐘が響きわたる「隔ての鐘」
最終バスの灯りを追う「紙ひこうき」
蝶が舞う「飛蝶」
研究所が出てくる「光のしるべ」
そして全てがひとつになる「つながる道」

どれも素敵な物語でした。
特に「序章」「第五分館だより」「紙ひこうき」「光のしるべ」がお気に入りです (ほとんど全部ですね・・・)

もし「失われた町」を未読の方は、そちらを読んでからいいかな、と思います。
「廃墟建築士」つながりもちょこっと出てきて楽しめます。

いつもより断然、恋愛色が強いですが私は好きです。
人を想う気持ち、人に想われる気持ち、その大きさに改めて気づかされた一冊です。

お気に入り度:★★★★★ (2009年12月16日読了)

*心に響いた文章
p.133 海は人を隔て・・・・、隔たりし故に人は強く想いを響かせあう
p.327 たった一人でも自分を理解し、求めてくれる人がいるならば、世界の輝きは違う。


*「失われた町」のレビューはこちら→三崎亜紀「失われた町」

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは。

もういないのに本を予約したり、リクエストをしたり。残された人たちがいなくなった人たちの気配を大切にしているのが切なかったですね。
2009/12/18(金) 22:33:07 | URL | なな #- [Edit
>ななさんへ
ななさん、こんばんは♪
そうですね、担当者のお仕事は精神的にもとても辛いけれど
残された人と消えた人をわずかに繋ぐ大切な仕事で・・・切なさがいっぱいでしたね。
でも最後に明るい一歩を皆が踏み出せる感じだったのでよかったです。
2009/12/19(土) 23:34:41 | URL | * Spica * #YAj0RVgU [Edit
こんばんは、Spicaさん。
思いも寄らない発想に今回も驚かされましたが、残された人たちの心情描写の細やかさが印象的です。
忘れるのではない。記憶や哀しみを抱えたまた明日へ踏み出すからこそ、せつない中にも温かみの残る読後感でした。
2010/02/02(火) 22:58:34 | URL | 雪芽 #6facQlv. [Edit
>雪芽さんへ
雪芽さん、こんばんは。
今回はミステリ色よりも人の心に焦点が当てられていて、とても切なかったですね。
悲しみを忘れないからこそ、ちゃんと強くなれるんですね。
最後は光が見えて、とても良かったです。
2010/02/03(水) 00:18:47 | URL | * Spica * #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

JUGEMテーマ:読書 開発保留地区――10年前、街の中心部にあるその場所から理由もなく、3095人の人間が消え去った。今でも街はあたかも彼らが存在するように生活を営んでいる。しかし、10年目の今年、彼らの営みは少しずつ消えようとしていた。大切な人を失った人々が?...
2009/12/18(金) 22:33:34 | ナナメモ [Del
30年に一度起る町の「消滅」を描いた『失われた町』から3年、残された人々の10年後を描くこの長編は待ちに待ったというか、続編が出るとは思っていなかったので思いがけなく嬉しい。またあの世界に帰っていけるのだから。三崎さんの描く作品は現実社会と地続きのようでい?...
2010/02/02(火) 22:26:22 | コンパス・ローズ  compass rose [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。