スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

宮部みゆき 「とり残されて」

2006.08.11 *Fri
とり残されて とり残されて
宮部 みゆき (1995/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


内容(Amazonより)
勤め先の小学校で、ヒロインは「あそぼ」とささやく子供の幻に出会う。そんな折、校内プールに女性の死体が…。その謎にせまる表題作ほか、夢の「場所」捜しから始まる内面の旅を描いて名作の聞こえ高い「たった一人」など六篇を収録。巧みな伏線、鮮やかな舞台設定。清新にして熟達の筆致をおたのしみください。


もう大分前のことになるので宮部みゆきに出会った最初の作品が何だったのか、うろ覚えです。
「クロスファイア」だったのか、「龍は眠る」だったのか、それともこの「とり残されて」だったのか。

未だに、宮部みゆきの中でどれが一番好きかな?と考えると
「とり残されて」の中の最後の短編、「たった一人」。
そう答えると思います。
短い作品ですが、それくらい自分の琴線に触れる何かが詰まった作品でした。

今回久しぶりに読み直しました。
全編を通して読み直すのは3度目位かな。
それでもまた新鮮に楽しめました。

それにしてもこの文庫の表紙は・・・怖いですよね。
表紙を見て手に取るのやめる人もいそう。

6つの物語が入っています。
この6つの取り合わせで1冊というのが絶妙なバランスの作品達です。

「とり残されて」
小学校の養護教師のヒロインは子どもの足音を耳にするようになる。でもそこには誰もいない。ある日、とうとう彼女はその子の姿を見る。く。
「せんせい、あそぼ、プールにおいでよ」
子どもの幻に誘われて覗いたプールには女性の死体があった・・・


 「おたすけぶち」
10年前、おたけすけぶちと呼ばれる場所で交通事故で死んだ兄の墓参りに行った妹がその場所で見たものは!


最初の2作品は「世にも奇妙な物語」に出てきそうなぞくっと来るラストを持つ作品です。
「とり残されて」は最後の最後に見せられたヒロインの強い意志に鳥肌が立ちました。

「私の死んだ後に」
あるきっかけにより、右手があがらず球を投げれなくなった野球投手、そんなある日彼はトラブルに巻き込まれ死にかける。そんな彼の前にあの世への案内役だという女性があらわれるのだが・・・


ちょっとここで一息、切ないけど前向きなそんな1篇です。

「居合わせた男」
出張帰りの電車の中、女性2人組の乗客とたまたま居合わせた鳥羽は彼女達から奇妙な話を聞く羽目になる。彼女達の会社の社員が飛び降り自殺をしたのだがそれは幽霊の仕業だというのだ。

「囁く」
銀行に勤める雅子の上司が「お金が囁く」といって問題を起こし病院に入ってしまったという。喫茶店でその話をしていると「実は私の友人もお金が囁くというんですが・・・」と知らない男に声をかけられる。


どちらも最後の最後にあっそう来たか、とほんの一行で「ぞぞぞ」とさせられるお話です。

「いつも二人で」
ある青年の身体にある日突然美女の霊がのり移り、2人で1人の生活がはじまった。


ちょっとまた一息、ほのぼの系です。そして・・・。

「たった一人」
ある女性が探偵事務所を訪ねる。毎晩夢に出てくるある場所を探して欲しいという依頼を持って・・・。夢の場所探しを続けるうちに意外な事実が・・・。



この「たった一人」。
これは何度読んでも心にしがみついてくる作品です。
ストーリー展開だけではなく、細かい筆致が、すべてが響いてくる。
探偵河野とOL梨恵子、最初から最後まで二人の距離感がとてもじれったく切なく絶妙です。
(更に河野さんが素敵なんですよね、これが。)
夢の場所を二人で検証していくうちに明らかになっていく事実。
でもその事実を全部知ってしまったとき、同じ地面に立っていたはずの二人は・・・。

物語の中で宮部さんはこう記しています。
「退化していまっている人間の本能のなかで、ただひとつだけ、自分が必要としている人、離れたくないと思っている人と引き離されてしまうという、死よりも恐ろしい事実を認識するコードだけが、まだ残っているのだ」と。

その予感が的中したとき人はどうやって生きていくのか。
解説の北上さんもおっしゃってますが、最後の梨恵子の独白部分が秀逸です。
ここを読むために他を読むといっても過言ではないくらいです。
大切な人のそばにいるために人は強くなる。
とても切ないけど、未来を、自分を信じてみようと思えるそんな作品です。

評価:★★★★★ (「たった一人」)

rankingtag



関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

No title
「たった一人」。とてもよかったです。再読も楽しみになりました。

トラックバックさせていただきました。
2009/04/29(水) 04:26:09 | URL | 藍色 #- [Edit
>藍色さん
トラバありがとうございます。
「たった一人」良いですよね。
何度も読み返してしまいます。
2009/05/01(金) 22:43:20 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

勤め先の小学校で、ヒロインは「あそぼ」とささやく子供の幻に出会う。 そんな折、校内プールに女性の死体が…。その謎にせまる表題作ほか、...
2009/04/29(水) 04:20:51 | 粋な提案 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。