スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

森絵都 「アーモンド入りチョコレートのワルツ」

2006.08.07 *Mon
アーモンド入りチョコレートのワルツ アーモンド入りチョコレートのワルツ
森 絵都 (2005/06/25)
角川書店

この商品の詳細を見る


<内容>
シューマン、バッハ、そしてサティ。誰もが胸の奥に隠しもつ、やさしい心をきゅんとさせる三つの物語を、ピアノの調べに乗せておくるとっておきの短編集。 (Amazonより)



別作品で直木賞を受賞した森絵都さんの作品。


シューマン「子供の情景」で奏でられるのは
中学生の少年達が毎年過ごす海辺の別荘での「最後の」夏の出来事。

バッハ「ゴルドベルグ変奏曲」で奏でられるのは
不眠症の少年と虚言癖を持つ少女の切ない恋の物語。

サティ「アーモンド入りチョコレートのワルツ」で奏でられるのは
二人の少女と不思議なピアノ先生、そしてピアノ教室に突如出現したサティおじさん・・・。


3つの短編のうち、前2作品は情景が目に浮かぶと言うか
とてもわかりやすく、短編ドラマとかにもなりそうな作品です。
個人的にはわかりやすくきゅん!と来るのが好きなので
この2つの物語が好きですね。
でも、簡単にはいかないのが表題作である3つめの物語。
ピアノ教室で繰り広げられた4人のダンスに歌にピアノに・・・
言葉は通じなくても気持ちは通じる、大きな出来事があったわけじゃないのに、思い出すだけでとても懐かしく幸せな、取り戻せない時間。
それが上手く描かれている感じです。
読み終わって「面白かったぁ!」っていう感じでは決して無いのですが心に何だか残るんです。

児童文学なのか大人のための作品なのか。
数々の児童文学賞を受賞している彼女の作品はとても暖かく優しい。
忘れていた心の奥の記憶の扉を開く、懐かしさで切なくなる。
そんな小さな小さな一瞬が物語の中に散らばっています。
決してそれは衝撃的でも斬新でも何でも無いのだけど。
不思議と読んでいて ほっと安心できる、そんな作品でした。

評価:★★★☆☆

rankingtag

関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (8)  TRACKBACK (4)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは!
私もやっぱり最初の2編が好きです。
でも、表題作も印象深いですよね。
再読するときはピアノの調べにのせて、と心に決めてますが、いつになることやら・・・
TBありがとうございました。
2006/08/07(月) 21:52:17 | URL | エビノート #- [Edit
>エビノートさん
こんにちは。
コメント有難うございます☆
ピアノの調べに合わせてそれぞれの作品を読み返すなんて素敵なアイディアですね~。
私もいつかそんな風にゆったり贅沢に作品に漬かってみたいな~と思います。
2006/08/07(月) 21:56:39 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
Spicaさん、こんにちは(素敵なお名前ですね)☆TB、ありがとうございました!だいぶ前の記事なのに、見てくださって嬉しいです。どの話も本当に懐かしい雰囲気で、私も切なくなりました。森さんの作品はどれも好きです!

こちらからもTBさせてもらいますー。

2006/08/07(月) 22:09:47 | URL | ユーリ #P4h/QaiQ [Edit
>ユーリさん
こちらこそ遊びに来ていただいて有難うございます!
こういう心温まる優しい物語は多くの人に読んで欲しいですよね~。
2006/08/07(月) 22:17:10 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
こんばんわ。TBありがとうございます。
私は「子供は眠る」が一番好きです。
これを読んだのがちょうど夏だったので、
タイムリーだったのかもしれません。
今読んでも良かったのですが、若い頃に読んでみたかった気もします。
2006/08/07(月) 22:44:31 | URL | june #- [Edit
>juneさん
コメント有難うございます。
確かに同世代のときに読んでいたら
いろいろと周りが違って見えたのでは、気づかなかったことをたくさん発見できたかも、と思いました!同年代の中学生達にも読んでもらいたいですね。
2006/08/07(月) 23:32:12 | URL | Spica #YAj0RVgU [Edit
No title
大人になった今でも楽しめるお話でしたね。
中学生の頃、心の繊細な時期に一度読んでみたかったです。
2009/07/09(木) 01:54:25 | URL | 藍色 #- [Edit
>藍色さん
いろんな年代でそれぞれ感じ方が変わりそうな作品ですよね。
私も学生の頃に読んでみたかったなぁと思いました~。
2009/07/09(木) 15:49:43 | URL | * Spica * #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

アーモンド入りチョコレートのワルツ≪内容≫ピアノ教室に突然現れた奇妙なフランス人のおじさんをめぐる表題作の他、少年たちだけで過ごす海辺の別荘でのひと夏を封じ込めた「子供は眠る」、行事を抜け出して潜り込んだ旧校舎で偶然出会った不眠症の少年と虚言癖....
2006/08/07(月) 21:35:16 | まったり読書日記 [Del
アーモンド入りチョコレートのワルツ森 絵都 / 角川書店(2005/06/25)Amazonランキング:7,283位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog森絵都さんの「アーモンド入りチョコレートのワルツ」を読みました。ちょっと変わったタイトルですが
2006/08/07(月) 22:10:23 | wonderwall [Del
アーモンド入りチョコレートのワルツ森絵都中学生を主人公とした3つの話が、ピアノの調べに乗せて描かれています。残念だったのは旅先で読んだこと!第1話の「子供は眠る」は、夏休みに旅先で読むのにぴったりだったのですが、無性に「子供の情景」が聴きたくてたまら....
2006/08/07(月) 22:42:18 | 本のある生活 [Del
シューマン「子供の情景」、バッハ「ゴルドベルグ変奏曲」、サティ「童話音楽の献立表」。 ピアノ曲の調べから、きらめくような「あのころ」...
2009/07/09(木) 01:47:44 | 粋な提案 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。