スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

映画「それでも恋するバルセロナ」

2009.07.31 *Fri
それでも恋するバルセロナ (ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン 出演) [DVD]それでも恋するバルセロナ (ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン 出演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る


それでも恋するバルセロナ 公式サイトはこちらから

ペネロペにバルデム、スカーレット・ヨハンソン in ウッディ・アレン ときたら観に行かないわけにはいかないです!

ヨハンソン演じるクリスティーナとレベッカ・ホール演じるヴィッキーはバルセロナへ。
友達の二人だけど性格は正反対。
クリスティーナは、今話題の草食系男子とは正反対をゆく感じの、情熱のままに恋に身をゆだねるタイプ。
ヴィッキーは婚約者もいてとても真面目で火遊びなんてもってのほか!

そんな二人が出会ったのがバルデム(ペネロペと現在のところ交際中)演じる芸術家アントニオ。
もう、大人の色気全開。 濃いですよ(顔も)。

クリスティーナはあっという間に彼の虜。

ヴィッキーは彼の誘惑にも興味のない感じでいたのですが、気づいたら・・・というパターン。
そういう真面目ちゃんが恋に落ちちゃうともう結構いっぱいいっぱいになっちゃうから悩みに悩んじゃって。

でも結局クリスティーナと彼が同棲することになり、ヴィッキーは最大級のモヤモヤを抱えたまま婚約者と結婚の道をとるのですが・・・。

そしてうまくいっていたクリスティーナたちのもとに突如転がり込んで来たのが、ペネロペ演じる元妻でして。
これがもう強烈な女性です。言動も行動も激しすぎです。
なんたって、以前彼を殺しかけたほどですから・・・。
ペネロペ似合ってます。

さてさてこのバルセロナでの4人の恋物語はどうなるのか?

面白かったです~。
テンポも良く、映像もきれい、女性3人はそれぞれ個性的な魅力にあふれているし、
今回はウッディさんご自身のおしゃべりもなかったですしね(失礼!)

でも終わってみると、それぞれの女性の気持ちの変化や、モテモテの彼の心境、いろいろ想いを巡らせたりして考えちゃいました。
もし、自分だったら? これから4人はどういう未来を歩むの?何が正しいのかなぁ?などなど。 

恋愛モノ・・・なのかなぁ。
思い切り恋愛ベースだけど、その甘い括りには入れたくないような素敵な作品でした。

お気に入り度:★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
《↑↓ 参加中です。ぽちっとしていただけると励みになります》
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

 バルセロナを訪れた2人の女性が地元の画家との恋に落ちるラブコメ「それでも恋するバルセロナ」を見てきました。 封切り6週目日曜日、新宿ピカデリーは1日2回上映一番小さなスクリーンに落としていましたが、映画サービスデーの効果か、満席。観客層は圧倒的に女性...
2009/08/01(土) 21:45:13 | 伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~ [Del
ウディ・アレン監督がスペイン・バルセロナを舞台に恋愛観が対象的な二人の アメリカ人女性とスペイン人画家とその元妻が織りなす四角関係の恋模様を 描くロマンチック・コメディ。ヴィッキーとクリスティーナは恋愛観は正反対なんだが親友同士。 ヴィッキーは堅実かつ理論..
2009/08/04(火) 00:56:28 | だらだら無気力ブログ [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。