スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

恩田陸 「訪問者」

2009.07.18 *Sat
訪問者訪問者
(2009/05/14)
恩田 陸

商品詳細を見る

【内容】(「BOOK」データベースより)
山中にひっそりとたたずむ古い洋館―。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであった。晩餐の席で昌彦の遺言が公開される。「父親が名乗り出たら、著作権継承者とする」孤児だったはずの昌彦の実父がこの中にいる?一同に疑惑が芽生える中、闇を切り裂く悲鳴が!冬雷の鳴る屋外で見知らぬ男の死体が発見される。数日前、館には「訪問者に気を付けろ」という不気味な警告文が届いていた…。果たして「訪問者」とは誰か?千沙子と昌彦の死の謎とは?そして、長く不安な一夜が始まるが、その時、来客を告げるベルが鳴った―。嵐に閉ざされた山荘を舞台に、至高のストーリー・テラーが贈る傑作ミステリー。




人里離れた湖の傍に佇む洋館。
そこに集う名家の兄弟たち。
そこを訪れる数人の訪問者たち。

崖崩れで閉ざされた空間。
謎の死。
誰が真実を知り、誰が嘘をついているのか。

会話中心で進む謎とき。
訪問者が現れるたびに明らかになる事実。
くつがえる推理。

クリスティの様な王道な設定。
恩田さんの『木曜組曲』のように登場人物たちの細かい会話にひきこまれ、
すっかり私も彼らの一員となって会話に参加してました。

大きな場面転換もないため、本当にまるで舞台を観ているかのよう。
もちろん、大きなトリックもなく、いたって静かに物語りは進行していきます。
でも、進むにつれて、「静か」だからこその怖さがじわじわと広がってくる感じでした。

全てが明らかになった後、最初から読み返してみると、違った発見に気づけたりと
更に面白いかもしれませんね。

お気に入り度:★★★☆☆
(2009年7月14日読了)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
↓ ぽちっと拍手していただけると元気がでます
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは。

読んでいると登場人物の一人になったような気持ちになりましたよね。
インターフォンが鳴るたび「ドキ」っとしたりして。
2009/07/21(火) 20:38:46 | URL | なな #- [Edit
>ななさん
TBありがとうございます。

確かにピンポーンって鳴ると、訪問者は誰なのか。。。
ドキっとするかも!ですね~。
何だか別荘の雰囲気とか自分の中で思い描きやすい作品でしたね。
2009/07/21(火) 23:29:50 | URL | * Spica * #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

JUGEMテーマ:読書 山中にひっそりとたたずむ古い洋館――。三年前、近くの湖で不審死を遂げた実業家朝霞千沙子が建てたその館に、朝霞家の一族が集まっていた。千沙子に育てられた映画監督峠昌彦が急死したためであった。晩餐の席で昌彦の遺言が公開される。「父親が?...
2009/07/21(火) 20:39:15 | ナナメモ [Del
小説「訪問者」を読みました。 著書は 恩田 陸 閉ざされた洋館 ある一族 遺言 父親の謎 謎の男 1つの死体 訪問者に気をつけろ という手紙・・・ なんか いかにも設定で 2時間ドラマでありそうな・・・ しかし 最後ま...
2010/10/09(土) 01:11:37 | 笑う学生の生活 [Del
訪問者クチコミを見る # 出版社: 祥伝社 (2009/5/14) # ISBN-10: 4396633173 評価:80点 アマゾンのレビューを含め、いくつかのブログにアップされている書評は若干辛い。 ミステリと呼ぶには強引なエンディングで無理にまとめた感じが確かにしないでもない。 ただ、個...
2010/11/22(月) 23:22:34 | デコ親父はいつも減量中 [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。