スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

梨木 香歩 「f植物園の巣穴」

2009.07.14 *Tue
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
(2009/05/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


【内容】
歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、私はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。怪しくものびやかな21世紀の異界譚。 (Amazonより)



「西の魔女が死んだ」と同じ著者さん。
植物がいっぱい出てくるところは一緒ですが、雰囲気は全然違います。

夢か現か、化かしているのか化かされているのか、
ぬるぬるとした道に足をとられ、
もがきながら前に進むのですが一向に進んでる気配もなく。

妖しく美しい日本語の調べに誘われて、
ついつい覗いてはいけない世界を覗いてしまったような。
恐ろしいようで心地よい不思議な世界でした。

後半に進むにつれ、以前、記憶というのはとても曖昧で、自分では本当だと思っていても実は全て作り物だったりするという話を聞き、自分の記憶にも自信をなくしすごく不安な気持ちになったときのことを思い起こし、その時以上に虚ろで暗い闇の中に落ちるような不安を覚えました。

自分の記憶を辿る旅は、かけがえのない人生を辿る旅であり、彼にとって大きな傷を治す必要な旅だったのですね。

-----------------------
(↓若干ネタバレかも・・・です)

千代、千代、千代。
千代がいっぱいでてきます。
彼にとって「千代」はかけがえのないものだった。
かけがえがないゆえに無意識に事実をねじまげたんですね。
そして最後に彼が出会ったある人。
その人と向き合うことができて、今、ここにいる自分にきちんと彼は戻ってこれたんですよね。

-----------------------

最後は目頭が熱くなりました。
これだけ読み始めと、途中と、最後で感じ方が変わる作品はそうはないかも。
良かったです。


お気に入り度:★★★★☆

blogram投票ボタン にほんブログ村 本ブログへ
《↑↓ 参加中です。ぽちっとしていただけると励みになります》
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

No title
おはようございます。
不思議な世界に入り込んで、どうなることかと思いましたが
最後がすごく素敵でしたよね。
あたたかな気持ちになれました。
2009/07/16(木) 09:41:52 | URL | なな #- [Edit
>ななさん
コメント&TBありがとうございます。

途中までの妖しい雰囲気からは想像できない結末でした。
本当に温かい気持ちになれて、良かったですよね。
2009/07/16(木) 22:34:36 | URL | * Spica * #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

JUGEMテーマ:読書 歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し?...
2009/07/16(木) 09:42:18 | ナナメモ [Del


Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。