スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

2009年6月の読書記録(読書メーター)

2009.07.02 *Thu
matome_gimage_200906.jpg


6月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:4155ページ

アマルフィアマルフィ
★★★☆☆ 映画のプロット段階からの参加作ということで、すっかりイメージは織田裕二さん。はぐれ狼の黒田外交官の余りの活躍ぶりに時々突っ込みを入れつつも、後半のスピードアップはなかなかでした。娯楽作品として楽しめました。
読了日:06月30日 著者:真保 裕一

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)
★★★★★ 読んでいて読書って本当に素敵だなぁとヒシヒシと実感させてくれた作品。地味な外見や落ち着いた態度とは違って、しっかりとした強い芯の通った女性ジェーン。彼女が心の中で周りの状況や人柄などを結構ドライに判断していくのが、昔の作品だというのにイマドキな感じがして新鮮でした。女性は全世界どの時代も普遍なのかも。共にいることが、1人でいることよりも「自由」。生きるために自分の力で道を切り開いてきた彼女が見つけた真実の愛に胸が打たれました。
読了日:06月28日 著者:C・ブロンテ

ジェーン・エア (上) (新潮文庫)ジェーン・エア (上) (新潮文庫)
★★★★★ この時代の小説には、上流社会の嫌な貴婦人というのがライバルに出てくることが多く、主人公がやきもきしたりしますが、ジェーンの場合、自分の愛する人がそんな人を愛するわけがないと冷静に判断しているところが痛快でした。(とはいえ彼女もやきもきはするのですが)。感想は下巻の方で。
読了日:06月25日 著者:C・ブロンテ

ジョニーパーティーへいくジョニーパーティーへいく
★★★★☆ カレルチャペック紅茶店の可愛いイラストが絵本に!絵が可愛すぎです。少年ジョニーとネコのガルトンはある日パーティーのお知らせを拾い、スコーンを作ってパーティーに行ってみたのですが…。スコーンのレシピも載っていたりして大人も楽しめます。
読了日:06月21日 著者:やまだ うたこ

ブラザー・サン シスター・ムーンブラザー・サン シスター・ムーン
★★★☆☆第一部は著者の半自伝的なのか、ビシバシ気持ちが伝わってきて胸がとても痛くなりました。ある時期、確かに特別だった三人の男女は何事も無かったかのように静かに別々の道を進んでいく。すごく平凡なのに、平凡だからこそなのか、自分の中の何かがザワザワしました。また数年後に読んでみたい。
読了日:06月21日 著者:恩田 陸

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
★★★★☆ 『シャルロットだけはぼくのもの』のほんわか甘い匂いにうふふなんて笑っていたのがウソのようなラストの展開。小鳩くん小佐内さんの裏側も見てみたい、と確かに思っていたけれど、それには小市民を目指す二人の関係も変わってしまわざるをえないのかな。続きが気になります。
読了日:06月21日 著者:米澤 穂信

無口な本と司書のおしゃべり無口な本と司書のおしゃべり
★★★★☆ 再読。30年以上司書に携わっている著者が、図書館の歴史、図書館用語、映画や本の中の図書館についてなどを、シンプルに語っていて読みやすく面白かったです。ゲーテや『ハンニバル』のレクターも司書だったんですね。
読了日:06月19日 著者:大島 真理

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
★★★★☆ 小鳩くんと小佐内さん、共に小市民目指す二人の距離感が良いですね!幽霊みたいに大人しい小佐内さんの後半からの狼っぷりったら。じわじわとはまってしまいました。狐狼のお二人の活躍、また見たいです。
読了日:06月17日 著者:米澤 穂信

架空の球を追う架空の球を追う
★★★★☆ 一篇がとても短い短編集なのにページをめくる手が止まらない、そんな一冊でした。ごくありふれた日常の一角を切り抜いたものばかり。普段見過ごしそうなところにも物語はあるんですね。自分の身に沁みて笑えてちょっと切ない。ふと日常に行き詰ったときに読みたくなりそうな、身近な温かみを持った作品でした。
読了日:06月16日 著者:森 絵都

アリスの不思議なお店アリスの不思議なお店
★★★★★ 図書館さん、こんな素敵な本を書庫に埋もれさせているなんて!棚に戻してほしいなぁ。大切なものを切り抜いて集めた宝物のスクラップブックを、こっそり覗かせてもらってるみたいで素敵でした。大事な人(娘さん)への想いが、ページ全体余すところなく伝わってきました。砂つぶ程の象が特にお気に入りです。
読了日:06月16日 著者:フレデリック クレマン

右岸右岸
★★★☆☆ 左岸を読んでから読みました。茉莉の人生の対岸で、九の辿ってきた激しい愛と超能力の人生に笑わされつつも、深い言葉がさらっと間にはさまっていて。「幸福だとは気づかない程の小さなもの」を見過ごさずに感じて生きていきたいと思いました。
読了日:06月12日 著者:辻仁成

英雄の書 下英雄の書 下
★★★☆☆ 上巻では物語をさらっとなぞって終わった感じだったので、下巻ではもっと深く心に残るような展開を期待していたのですが、うーん、面白いんだけど、個人的には何年経っても何度でも読み返したくなるファンタジー小説の仲間入りはしなさそう…です。もっとキャラ同士の会話と気持ちとか丁寧に描いて欲しかったかなあ。でも続きがありそうですね。続編に期待します。
読了日:06月04日 著者:宮部 みゆき

告白 (中公文庫 ま 35-2)告白 (中公文庫 ま 35-2)
★★★☆☆ 究極の考える男、熊太郎。考えに考えを重ねた結果、ことごとく裏目に出てしまう・・・。「くほほ」と笑いつつも、熊やんにはイライラハラハラさせられっぱなしで、少々読むのが辛かったかも。このページをめくれば熊やんにもハッピーな出来事が待っているかも、なんて無駄な期待を何度抱いたことでしょう。ひとつひとつ自分が選んできた道が、気づけばもう引き返せないところに来てしまっている・・・。最後は考えさせられますね。でも文体が軽めで面白いのであっという間に読めました。
読了日:06月02日 著者:町田 康

マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
★★★★★ お気に入りのマドレーヌシリーズ。今回、やんちゃなマドレーヌは川に落ちてしまいます。そこへ一匹のいぬが飛び込んで助けてくれます。寄宿学校で犬と一緒に暮らし始めるマドレーヌたち。でも検査のためにやってきた厳しい評議員たちが犬を見つけて・・・。本当に愛らしい作品です。最後のオチも好きだなぁ。
読了日:06月02日 著者:ルドウィッヒ・ベーメルマンス,瀬田 貞二,Ludwig Bemelmans

チキンスープ・ライスいり―12のつきのほんチキンスープ・ライスいり―12のつきのほん
★★★★☆ 手にとった瞬間、これ知ってる~!とはるか昔の記憶が蘇りました。いつの頃だか確かに読んだことがあります。1月から12月までをチキンスープ・ライス入りで綴っていて、リズム感がよく、思わずメロディが口について出ちゃう感じです。どんなときもチキンスープ・ライス入りがあれば幸せ。バテ気味のバラの花にもスープをかけて元気付けてあげちゃうんですから(笑)。
読了日:06月02日 著者:モーリス センダック

読書メーター


+++++++++++++++
絵本もありますけど2日で一冊くらいですね。
私にしては上々です。

今月はどれも面白かったです。

「ジェーンエア」がやっぱり一番かな!
これは何度でも読み返したいです。
他の方が書いたスピンオフもあるのでそちらも楽しみ。

米澤さんの小市民シリーズに出会えたのも幸せ。
そして森さんの「架空の玉を追う」。森さんもハズレがないですね。

コラージュ作品の「アリスの不思議なお店」は読書メーターで出会えた素敵な本。
独特で癖はありますがはまる人はとことんはまりそうです♪


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

最新の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。