This Archive : 2010年06月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

宮下奈都 『よろこびの歌』

2010.06.13 *Sun
よろこびの歌よろこびの歌
(2009/10/17)
宮下 奈都

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる…。あきらめ、孤独、嫉妬…見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったとき、希望の調べが高らかに奏でられる―いま最も注目すべき作家が鮮烈に描く、青春小説の記念碑。



夢に挫折した少女たちをめぐる連作短編集です。

物語は有名ヴァイオリニストの娘で、声楽を目指すも受験に失敗し、音楽とは縁のない新設高校へ進むことになった少女・御木元玲の物語から始まります。

静かにただ日々をやりすごしていた玲。
でもある日、合唱コンクールが開かれることになり、否が応でも再び歌に触れることに。
歌を歌うことをきっかけに、クラスメイトとの距離、歌との距離に変化が現れ…。

未来は無限に広がっているのに、一回の失敗で真っ暗闇に落ちたように、不安や焦りばかり先立ってしまう年代ですよね。
でも視点をひとつ変えるだけで全く違った道が見えてくるもの。
そんなきっかけを、歌を歌うことを通じて見つけることができた少女たち。
心に閉じ込めていた気持ちを、少しずつ少しずつ、開いていくことによって、まるで音符がつながっていくように少しずつメロディが生まれ、最後には圧巻のハーモニーを奏でてくれる。

何の期待も抱いていなかった高校での生活から生まれた煌めき。
何も無いからこそ、これからなんですね。
喜びの笑顔を忘れずに未来に踏み出してほしいです。

光がきらきらと彼女たちのハーモニーに乗って輝いているのが見えるようでした。
とても素敵な一冊です。

お気に入り度:★★★★★ (2010年2月24日読了)

PS.無性に『スコーレNo.4』を読み返したくなりました。

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

角田光代 『八日目の蝉』

2010.06.12 *Sat
八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。



不倫相手の赤ちゃんを誘拐し逃亡する女性と、誘拐された子供の話。
これだけ聞くとなんて悪い女、となるのですが、ここに至るまでには彼女もとても苦しみます。
愛した相手の裏切りはもとより、泣く泣く諦めた命のことを彼の妻に馬頭されるなど、読んでいて苦しくて苦しくて。

赤ちゃんを一目みた瞬間、愛しくて愛しくて思わず抱いて逃げてしまった希和子。
一度抱いたその柔らかさと温かさを彼女は手放せなくなるんですね。
薫と名付け大事に育てます。
はたから見ると事情はあれども普通に仲の良い親子。
でもいつまでこの幸せは続くのか。
突然子供を失った両親はどんな気持ちだったのか。

ページをめくる手は止まりません。

蝉は七日間で死んでしまう。
でももし自分だけ八日目まで生き残ってしまったら。
八日目の蝉になってしまったとき、どう生きていけばいいのか。
そこに見える世界は天国なのか地獄なのか。

いろいろな母親のかたち、愛情のかたち、憎しみの形を見せられました。
それは決して透き通った美しいものばかりではなかったけれど、こうも強い愛情があるのかと惹きこまれました。

成長した薫が、十七年前に希和子が叫んだ最後の言葉を思い出し、彼女が失っていた人生の色が押し寄せてきたとき、涙を抑えることができませんでした。

常識的に考えれば許されないことなのに、誰も憎むことができなくて。
読み終わったときにはそれぞれの不器用さが愛おしく思えるくらいでした。

いつか二人が見つめる瀬戸内の海の煌めきが交わることがありますように。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年5月7日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ

COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

高楼方子 『十一月の扉 』

2010.06.11 *Fri
十一月の扉 (新潮文庫)十一月の扉 (新潮文庫)
(2006/10)
高楼 方子

商品詳細を見る


中学二年生の爽子。
ある日双眼鏡で素敵な白い家を見つけて自転車を漕いでそっと訪れます。
爽子の心の中に眠っている何かを呼び覚ましてくれるような素敵な一軒の洋館。
急に東京へと転校することになった爽子は、その家に下宿したいと親に申し出ます。
そして2ヶ月間、爽子は家族と離れて十一月荘と名付けられたそのお屋敷ですごすことになるのです!

オーナーの閑さん、建築士の苑子さん、馥子さんとその娘さんで小学生のるみちゃん、閑さんに英語を習いにやってくる謎の少年、耿介。素敵な文房具屋さんに、賑やか過ぎるお隣のマダム、美味しいジャムにパンケーキ!

そして素敵な一冊のノートとの出会い。ドードー鳥が飾られたそのノートに、爽子は十一月荘の住人達を動物になぞらえて、ドードー森の物語を紡ぎはじめます。

転校を前に不安でとげとげしていた爽子の心を、十一月荘での穏やかな暮らしがゆっくりと甘いはちみつのように溶かしていきます。
ドードー鳥の物語がどんどん創り出されてノートが満たされていくのと同時に、爽子の気持ちも満たされていくのです。
素敵な楽しい物語はちょっと見方を変えればそこにもここにも転がっている。
普段、私たちはバタバタしていて見逃してしまうけれど、十一月荘の暮らしが爽子にそれを見つける術を自然と教えてくれたのですね。

感じ悪い!と思いつつも惹かれていく耿介への淡い想い。
将来への不安、離れたくない、東京へなんか行きたくない、お母さんなんか嫌い、様々な思いを抱えた爽子でしたが、十一月荘の人たちと話すことで、未来へ向かう勇気、生きることの楽しさ、様々なことを見て吸収し、そして成長していきます。
たった二か月の生活が少女を大きく変えていきます。

ラストの潔さも良かったです。

その後の爽子が気になっていた私。
文庫版のあとがきの「耿介からの手紙」。
高楼方子さんの大学生時代の作品を読んだ斎藤惇夫さんがお書きになっています。
三十年後の耿介からという設定です。こちらもとても良かったです。

温かく懐かしい気持ちと同時にとても切なく胸に響く作品でした。
この気持ちを忘れないよう、ときどき手にとって読みたい一冊です。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年4月28日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

瀬尾まいこ 『図書館の神様』

2010.06.10 *Thu
図書館の神様 (ちくま文庫)図書館の神様 (ちくま文庫)
(2009/07/08)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。ほかに、単行本未収録の短篇「雲行き」を収録。



高校の講師の清。
名前に負けないよう清く正しく生きてきた彼女。
そんな彼女のまっすぐ過ぎた一言がある死をまねいてしまいます。
そこから彼女の人生は180度違う方向に流れていくことに。

ある日、清は文芸部の顧問に任命されます。
といっても部員はただ一人。文芸部唯一の部員が垣内くん。

清と垣内君、ふたりの温度差の違う会話がとても心地良かったです。
全く違う感受性を持つ二人だけにお互い良い影響を与えあっているんですね。

よくできた不倫相手の浅見さん。
天然で優しい弟。
そして垣内君。

昔の事件をきっかけに人生が止まっていた清でしたが。
気づけば一生懸命になっている自分がいることに気付きます。

「するべきことがある。それが私を元気にしてくれる。」 

清と垣内君がふたりで走り出すシーンは爽快です。
全てが汗と一緒になって後ろに洗い流されていくようでした。

神様はいる。
たとえば誰もいない図書館にでも。
そう信じたくなる一冊です。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年4月20日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

アルベルト・マングェル 『図書館 愛書家の楽園』

2010.06.10 *Thu
図書館 愛書家の楽園図書館 愛書家の楽園
(2008/09/29)
アルベルト・マングェル

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
アレクサンドリア図書館、ラブレーやボルヘスによる想像の書物、パニッツィの図書館改革、アビ・ヴァールブルクの図書館、ネモ船長の蔵書、強制収容所の図書室…。古今東西、現実と架空の図書館の歴史をたどり、書物と人の物語を縦横無尽に語る



原題は『夜の図書館』。
邦題も素敵だけど原題の密やかな雰囲気も捨てがたいです。

昼は静かに秩序を保っている図書館も、夜になるとあらゆる縛りが解かれ、思うままに想像力を働かせ本に没頭することができる。
分類法によって理路整然と静かに佇んでいるだけが図書館ではないのですね。様々な本棚の在り方を教えてくれます。
デューイといえば分類の神様みたいに思っていたけれど、彼の世界観は驚くほど「小さかった」とバッサリです。

どんな状況下においても人の知への探究心はゆるがないし、それを奪うことはやってはいけないこと。
収容所においても語り継がれる物語、弾圧から命がけで守られ引き継がれた本達があります。
焚書や戦争による収容所内の図書室、取り戻すことのできない刻まれた歴史もしっかりと受け止め同じ間違いを犯さないようにしたいと思いました。

それにしてもタイムスリップして出来たばかりのアレクサンドリア図書館に行ってみたい!
最古にして最大の図書館とはいったいどのような存在だったのか、この目で一度見たみたいと思いました。
誰かタイムマシン、発明してくれないかな(笑)

 書物は一生で所有できる最良の財産であり、人に不滅の魂をもたらす。
 自分の書斎をもたなかったことを私は心から後悔している。
 by ヴィルラーム・シャラーモフ『わが書斎』, p291


なぜ人は情報を求めるのか?
その欲求それ自体に価値があり、そのやむにやまれぬ欲求が本書のテーマとなっています。

本好き、図書館好きには手に取りパラパラめくるだけでも、ちょっと嬉しくなるそんな一冊でした。


お気に入り度:★★★★☆(2010年3月26日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

2010年5月に読んだ本 (読書メーター)

2010.06.08 *Tue
5月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1989ページ

うさこちゃんのてがみ(4才からのうさこちゃんの絵本セット1)うさこちゃんのてがみ(4才からのうさこちゃんの絵本セット1)
キャンプに行ったうさこちゃんが家族に一生懸命お手紙を書きます。詩のように可愛らしいお手紙にほっこり。泳いだり電車ごっこしたり、ごはんがとても美味しく感じたり。とても楽しんでいる様子がよく描かれていて読んでいて、自分がうさこちゃんから手紙をもらった気分になりました。
読了日:05月28日 著者:ディック ブルーナ
うさこちゃんときゃらめる(4才からのうさこちゃんの絵本セット2)うさこちゃんときゃらめる(4才からのうさこちゃんの絵本セット2)
うさこちゃん衝撃の一冊!と教えていただいた作品。確かに衝撃的でした。まさかうさこちゃんが・・・? 賛否両論ありそうですね。悪いことは悪い、と教えることは大事ですが、何だか教育ビデオを見ているような感じも受けました。やっぱりうさこちゃんには夢のある可愛い女の子でいてほしいな、と思いました。
読了日:05月28日 著者:Dick Bruna
詩歌の待ち伏せ〈1〉 (文春文庫)詩歌の待ち伏せ〈1〉 (文春文庫)
まるで穏やかな日差しの降り注ぐ午後に、心地よい授業を受けているような気持ちになります。北村先生の紡ぎ出す言葉のひとつひとつが、自分たちが普段当たり前のように用いている日本語の美しさを教えてくれました。海外の詩も翻訳次第で、全く違ったものになるんですね。今まであまりにも詩歌から離れて過ごしてきてしまったけれど、詩歌の持つ深みに今後は少しでも多く触れていきたいと思いました。
読了日:05月28日 著者:北村 薫
百年の家 (講談社の翻訳絵本)百年の家 (講談社の翻訳絵本)
『ラストリゾート』と同じタッグの作絵による絵本。廃屋となっていた古い家が再び息を吹き返す。その家と、家とともに歴史を刻んだ人々の1900年からの百年におよぶ歳月が描かれています。インノチェンティの細密な絵が、ずっと同じ視点からの景観をとても濃密なものにしています。時の移ろい。生と死。喜びと悲しみ。生きてゆくことの素晴らしさを伝えてくれる一冊。自分も空からじっと移ろい行く百年を見守って来た気持ちになります。
読了日:05月21日 著者:J.パトリック・ルイス,ロベルト・インノチェンティ
キケンキケン
電気工科大学の研究部という、一見とても真面目そうな男子サークル集団が巻き起こす、限界ぎりぎりの危ない活動物語。「!!!」マークが多発する会話の勢いに慄きながらも、好きなことに仲間と一緒に熱くなれる彼らがとても眩しかったです。永遠にそこにとどまり続けたいような居心地のいい居場所。でも時間は無情に過ぎていく。振り返るとあんなに身近だったところが遠い遠い手が届かないところにいってしまっていて。でも失ったわけじゃないんですよね。ずーっと皆の心の中で生き続けてる。またいつか会える。いつでも会える。
読了日:05月21日 著者:有川 浩
夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語
演奏が終わりを迎える寂しさと人生における寂寥感が重なりました。人生への音楽の関わり方の様々な形。名声を手に入れたものにしかわからない愛の選択。皮肉まじりの悲喜劇。才能を持ったが故の絶望。切なくも心地よい音楽が聞こえてくる一冊でした。時折交じる不協和音の奏でる哀切も美しかったです。音楽は何年たっても心の奥深くにずっと流れているんだな、と感じました。
読了日:05月18日 著者:カズオ・イシグロ
魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
白と黒の繊細な濃淡によって描かれた絵は優しい丸みを持った深みのある絵。柔らかいのに、背筋をぞくっとさせられるような怖さも持っていてページの奥に惹きこまれました。ちょっと怖いけどあの庭園に迷い込んでみたいです。★★★★☆
読了日:05月18日 著者:クリス・ヴァン オールズバーグ
コロヨシ!!コロヨシ!!
限りなく生活感が滲み出る「掃除」がテーマなのに全くの別世界に連れて行かれました。掃除をスポーツにしちゃうなんて、いったいどうやったら思いつくんでしょう!三崎ワールド全開です。青春スポーツものかと思いきや後半になるにつれ、国を揺るがすほど大きな風に巻き込まれていきます。自由のために舞い続けてきたのに、いつしか大人の思惑の渦の中にいる自分との葛藤。彼の手に握られた長物はこれからどんな風を切っていくのでしょう。これからも遠くから彼らを見守って行きたい思いが残りました。
読了日:05月18日 著者:三崎 亜記
難民探偵 (100周年書き下ろし)難民探偵 (100周年書き下ろし)
気づけばもう半分以上読み終えているのにまだ事件は始まらず、ひたすら登場人物たちの引き合いが続いていました。会話だけでここまで読ませるとは。謎解き自体はもはやおまけといっても過言ではない感じ。根岸の奇想天外っぷり。何を考えてるかわからない叔父。濃いですね~。内容が無いようでいて、変な会話の中にしっかり問題提起がされていたりして。就職難民である証子が、へんてこりんな探偵もどきに振り回されながらも、自分の進もうとする道を少しずつ見つけていくのが良かったです。ラストの急加速がちょっと残念。続編に期待です。★x3
読了日:05月14日 著者:西尾 維新
八日目の蝉八日目の蝉
八日目の蝉になってしまったとき、どう生きていけばいいのか。いろいろな母親のかたち、愛情のかたち、憎しみの形を見せられました。それは決して透き通った美しいものばかりではなかったけれど、こうも強い愛情があるのかと惹きこまれました。常識的に考えれば許されないことなのに、誰も憎むことができなくて。読み終わったときにはそれぞれの不器用さが愛おしくも思えるくらいでした。いつか二人が見つめる瀬戸内の海の煌めきが交わることがありますように。★★★★☆
読了日:05月14日 著者:角田 光代

読書メーター


++++++++++++++++++

読書メーターで教えていただいたうさこちゃん衝撃の一冊!は本当にびっくりでした。
何もうさこちゃんに○○させなくても。。。とちょっと悲しくもなりますが、人気のキャラだけに子どもへの影響も強いから教育的にも必要よ、ということなのでしょうかね~。むむ。

『八日目の蝉』はドラマを見始めて慌てて読んだのですが「母」という存在について考えさせれる一冊でした。

『コロヨシ!!』は三崎さんのスポーツもの!といってもやっぱり一筋縄ではいかないところが面白いです。
だって掃除がスポーツになっちゃうんですよ。うちもちゃちゃっと長物振りまわして掃除してくれないかな(笑)。

『夜想曲集』は切なくも美しい音色が聴こえてきこうな物語たちばかり。

そして『詩歌の待ち伏せ1』。言葉のもつ美しさや奥深さを実感すると同時に、知らない言葉や物語があまりに膨大で愕然としてしまいました。
人生という限られた時間の中でどこまで触れることができるのかなぁ。

もうすぐ梅雨の季節ですね。
雨の音を聴きながら静かに読書できる時間を増やしたいものです。

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

2010年06月の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。