This Archive : 2010年01月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

伊坂幸太郎 「SOSの猿」

2010.01.31 *Sun
SOSの猿SOSの猿
(2009/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。



普段は大手家電量販店のエアコン担当、しかしある時はイタリア仕込みの悪魔払い師である二郎が語る「私の話」と、謎の語り手によって進められるシステム開発会社の社員・五十嵐真に纏わる因果関係の話「猿の話」。

一見、全く関係のないようなこの二つの話。
いったいこの二つがどう絡み、つながってくるのか、高揚する気持ちを抑えつつ読みすすめました。

ひきこもり、家庭内暴力、ひき逃げ、万引き、そして殺人事件まで入り組んできて、しかも平行していたと思っていた二つの話は実は意外な方向へと導かれ、二重三重の重なりに読んでいるこちら側の頭の中を翻弄していく感じなのです。

はたして時折現れる「孫悟空」は何者なのか?いったい彼の目的は何なのか?
いや、そもそも実在しているのか? 
全ては助けを求めた少年の心の中から生まれた幻想なのか?

振り回されつつもページをめくる手は終盤に近づくにつれて速まっていって。

序盤の方の「猿の話」は、かみあわない会話や意味がないけどやっぱり無いと困るような不思議な脱線など、村上春樹さんっぽい雰囲気が漂っていて、いつもの伊坂さんとはちょっと違うような印象も受けました。

いったいどこまでが現実でどこまでが架空なのか。
題材は重いけどテンポは軽やか。読後感も悪くないけど、ちょっと狐ならぬ「猿」に化かされた感も残ります。
孫行者に空の上まで連れていってもらって、遠い空の上からじっくりと登場人物たちの動きを追っていきたいです。再読するといろいろと見逃していた要素を発見できそうな感じですね。

煩わしさすら消えてしまったら孤独しか残らないという言葉が心に残りました。

お気に入り度:★★★☆☆  (2010年1月26日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

初野晴 「初恋ソムリエ」

2010.01.29 *Fri
初恋ソムリエ初恋ソムリエ
(2009/10/02)
初野 晴

商品詳細を見る


「退出ゲーム」の続編です。待っていました!

弱小吹奏楽部に所属するハルタと千夏。
二人は一見いいコンビに見えるけど実はライバル。何のライバルってそれはもちろん「恋」!

というわけで今回もこの二人を中心に身近で起こった事件を解決していきます。
前回よりもおもしろさパワーアップ!ますますおもしろくなっていますね。

読んでる最中は千夏やハルタたちのやりとりがおかしくて声を出して笑っちゃうくらいなのに最後の最後でいつも胸に痛みが走ります。
今回は特に「アスモデウスの視線」と「初恋ソムリエ」の謎解きの裏に隠された真実にやられました。
各篇冒頭での「誰かの」独白。事件が解決したときにこの「独白」の意味するところがわかり、「すとん」と心の中に落ちてきて切なさが増しますね。


『スプリングラフィ』ではまたひとり癖のある登場人物が増えます。
なんと彼女はたぐいまれなクラリネット奏者なのにアンチ吹奏楽部なんです。
更に彼女は音楽家として大きな局面に立たされていて・・・。
音楽という好きな場も、プロを目指すとなると一転して戦場となる。
しかもたった一人でそれに立ち向かわなければならないんですね。
でもそんな彼女が千夏たちと触れ合うことによって心が少し軽くなっていく、そんな成長を見てみたいです。

『周波数は77.4MHz』では秘密のラジオ局の人生相談に、同級生が恋のライバルなんだけど、自分は社会学的にも不利だから、ライバルを引き離すためにちょっと汚い手に出たことを懺悔するリスナーが(笑)
このラジオ局、どこから誰が発信しているのか不明なんです。一方、吹奏楽部では部活の部費を手に入れるため、千夏たちは地学研究会の部長を追うはめに・・・。
高額な部費の支給を学校からあてがわれている地学研究室の裏に隠されたある秘密とは?
隠された真実の題材は重いのですが、救いの光があるから温かい一篇でした。


『アスモデウスの視線』
初のコンクールに向けて気合いの入る千夏たち。しかしいきなりつまずいてしまう事態が。
なんと愛しの草壁先生(吹奏楽部顧問、千夏&ハルタの恋のお相手)が過労で倒れて入院してしまったのだ!
実はライバル校の吹奏楽部の顧問の先生が謹慎処分となったため、ヘルプ要請を受け顧問の掛け持ちをしていたのです。考えられる要因のひとつが席替え。堺先生のクラスではこの一月で3回もの席替えが行われたという。いったいなぜ?

一ヶ月に席替えが3回。しかもその席替えの方法がとても奇妙。
いったい何でその必要があったのかをさぐるのは、いかにも謎ときっぽくて面白かったです。
真相が明らかになったとき、そこには本当に深い生徒を思いやる愛情に溢れていて、涙が出てきました。

『初恋ソムリエ』、これは四十年前にあった騙しあいの話であり、叶うことの無かった初恋の物語。
クラリネットの芹澤さん。卒業後はいろいろと確執のある家を出て、オーストラリアで暮らす伯母と日本で一緒に暮らすことに。その伯母が下見のためにやってきたのだが、なんと興信所に初恋の相手を探してほしいと依頼していた。その興信所の息子が初恋ソムリエの朝霧亨。
四十年たった今になって、なぜ伯母は初恋の人を捜そうとしているのか。いったい二人の恋はどんなものだったのか。

初恋研究会代表であり初恋ソムリエとなのる朝霧亨が登場するのですが、そもそも初恋ソムリエっていったい何?
思い出の味に隠された彼の思い、名前に込められた真実をしったとき、とても胸が切なく痛みました。
もうあの頃には戻れないけれど、真実を知ることができてきっと良かったに違いないと思いました。

冒頭での語りが今回は千夏なのですが、ハルタと交わす「ホタル」の話がとても美しく悲しくて心に残りました。

++++++++++++++++++

前半二篇は新たな仲間を迎えるための助走的な感じでさらりっと読めましたが、それに対して後半二篇は謎解きも深みがありましたし、隠されていた真実の重厚さがぐぐっと来ました。
キャラクターたちにすっかり愛着もわき、はやくも続きが読みたくなってしまいました。
次はもしかして3年生?
楽しみです。

お気に入り度:★★★★★
(2010年1月26日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (6)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

初野晴 「退出ゲーム」

2010.01.28 *Thu
退出ゲーム退出ゲーム
(2008/10/30)
初野 晴

商品詳細を見る

【内容】
チカは高校一年生、部員12名の弱小吹奏楽部に在籍。ハルタはチカの幼なじみ、まるで女の子のように整った顔立ちで、同じく吹奏楽部員。二人揃って、顧問の音楽教師・草薙先生(男)が初恋の人なのだが……。(Amazonより)



四編からなる連作短編集。
まったくタイトルからは内容の想像がつきませんでした。
米澤穂信の「古典部シリーズ」のような、高校を舞台に生徒や先生が日常に潜む小さな謎を解いていくお話です。

千夏とハルタは高校一年生。

元気いっぱいのハリキリガール、千夏。
小柄な美少年、上条春太(ハルタ)。

この二人をメインに話は進みます。

二人はいずれ恋に落ちちゃうの?
いえいえ、だって二人は恋のライバルなんです。しかも相手は・・・ね(笑)!

そんな千夏とハルタの恋のライバル争いにぶふふっと笑いながらも、謎が解ける度に胸が熱くなりした。
特に「エレファンツ・ブレス」は格別でした。「象の寝息」という色の名前だけが残り色見本が存在しない謎の色。その色に込められた長きに渡る悲しく辛い記憶・・・。大切な人を救うためには人は強くなれるんだな、と思いました。

一方、「退出ゲーム」では最高に笑いました。ガチャピン最高です。

読み進めば進むほど彼らと一緒にいたくなる一冊でした。
続編楽しみです。

お気に入り度:★★★★☆   (2009年3月30日読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (6)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

宮下奈都 「遠くの声に耳を澄ませて」

2010.01.20 *Wed
遠くの声に耳を澄ませて遠くの声に耳を澄ませて
(2009/03)
宮下 奈都

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
くすんでいた毎日が、少し色づいて回りはじめる。錆びついた缶の中に、おじいちゃんの宝物を見つけた。幼馴染の結婚式の日、泥だらけの道を走った。大好きな、ただひとりの人と、別れた。ただ、それだけのことなのに。看護婦、OL、大学生、母親。普通の人たちがひっそりと語りだす、ささやかだけど特別な物語。



12編からなる短編集。
読んでいくうちに、連作短編集だと気づきました。
さりげなく、全ての物語が繋がっているんです。
さまざまな「旅(たび)」に纏わる物語。

どれも長すぎず短すぎずとてもバランスのいい分量で仕上がっていいます。
どの物語も静かに流れていくのですが、それでいて心にじっくり沁みこんで来ます。
じんわり、きーんと響いてくる。
どれも淡い色で描かれていますが、読んでいて心地の良い文章を書く作家さんだな、と「スコーレNo.4」のときと同じように感じました。

昔の恋人と、現在の息子がある同じ行動をとったことに対する不安な気持ちと焦燥感が伝わってくる「どこにでも猫がいる」。
次はかならずあると信じる気持ち 「足の速いおじさん」
優しいミルクティーが素直にさせてくれる「ミルクティー」
足袋をはいてひた走るシーンが爽快な「白い足袋」

特に好きな4編です。

お気に入り度:★★★★☆  (2010年1月12日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

ミヒャエル・エンデ 「モモ」

2010.01.18 *Mon
モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))
(2005/06/16)
ミヒャエル・エンデ

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話を聞いてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ、「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄ります…。「時間」とは何かを問う、エンデの名作。
小学5・6年以上




実に四半世紀ぶりの再読!

もじゃもじゃの真っ黒な髪の毛、つぎはぎのスカート、だぼだぼの上着、そして黒い美しい瞳を持つ不思議な少女モモ。
孤独な少女、モモがある町の廃墟となっている円形劇場に住み着いたことから、町の人々に笑顔や想像力、安らぎ、元気が生まれます。

モモはただそこにいて、じっと人の話を聞いているだけ。

人に話を聞いてもらうこと。それは人のここをを軽くもするし、自分の考えを見つめ直す良い機会にもなります。でも誰でも彼でも何でも好きに話せばいいといいうものではない。
人の話をじっと穏やかに聞いてくれるモモの存在、彼女の純粋で全てを受け止めてくれる広い心が彼らのより所となるのは自然なことです。

でもある時、町に灰色の男たちが現れ、人々の時間を奪っていきます。
人々は時間に追われ、せかせかいらいら、必要最低限のことにしか時間を使わなくなるのです。

モモのところにも友達が訪れなくなってしまいます。

灰色の男に立ち向かえるのはモモだけ。
モモは奪われた時間を取り戻し、みんなに笑顔を取り戻すことができるのでしょうか。

忙しい忙しいといっている毎日。たまにぼーっと過ごしてしまうとすごく悪いことをしている気がしてしまい、自己嫌悪に陥ったりします。でもそんなときはそういう時間が自分にとって必要なとき。そんな時間も無駄ではい、そんな時間を楽しむ余裕が必要だな、と思いました。
児童書ながら何でも便利さや効率化が優先される現代にこそ必要な一冊なのかもしれないな、と感じました。エンデはずいぶん前から未来がこうなることを危惧していたのでしょうか。
私たちの周りには灰色の男が今、いっぱいいて、私たちはその男たちに振り回されていることに気づいていないのかもしれません。私にも、今モモが必要なのかも。

掃除夫のベッポおじいさんの言葉、

「一度に道路ぜんぶのことを考えてはいけない。やりきれなくて途方にくれてしまうから。次の一歩、次の一息のことだけ、ただつぎのことだけ考える。すると楽しくなってくる。楽しくなると仕事がはかどる。これが大事。気づいたときには道路が全部終わっている。どうやってやり遂げたかは自分でもわからない。これが大事。」

とても心に残る一言でした。

子どものころに読んだときより、ずっと心に沁みこんで来た気がします。
子どもの頃は無限に感じられた時間が、限りあるものだとわかったからでしょうか。
また数年後、読み返したいそんな一冊です。


お気に入り度:★★★★★

《↓ お帰り前にぽちっと応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

米澤穂信「ふたりの距離の概算」第四回@野性時代第75号

2010.01.16 *Sat
野性時代 第75号  KADOKAWA文芸MOOK  62331-77 (KADOKAWA文芸MOOK 77)野性時代 第75号 KADOKAWA文芸MOOK 62331-77 (KADOKAWA文芸MOOK 77)
(2010/01/12)
角川書店編集部

商品詳細を見る


【連載を追っているため、多少ネタバレっぽくなりますのでご了承ください】


物語は12日前まで遡ります。
大日向さんの叔父が喫茶店を開くというのでモニター客として訪れることになったホータローたち。
その時のやり取りからどうも大日向さんは「友情」について思い悩むことがあるようで。
大日向さんは遅れてやってきた千反田さんのことを「顔が広い」と評し、ある女子学生を知っているかと訪ねるのですが・・・。

今回は進行はちょっとゆっくりめ。
でも、どうもホータローの中では「もしかしたら」という思いが固まりつつあるようです。

次回で千反田さんと向かい合うことになりそうな予感。
はたしてふたりの距離の概算は?

いよいよホータローの走りも折り返し地点まで!
あと約10キロです。頑張れ~。


《↓ お帰り前にぽちっと応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

【絵本】 「ケニーのまど」 モーリス・センダック

2010.01.15 *Fri
ケニーのまどケニーのまど
(1975/12)
モーリス・センダック

商品詳細を見る


「かいじゅうたちのいるところ」や「まどのそとのそのまたむこう」のような細かくて繊細な色使いのセンダックも好きですが、「チキンスープライスいり」のようなシンプルで透明感のあるセンダックの絵が大好き。
こちらの作品はさらにベージュ単色でさらにシンプルな感じで柔らかく、少年の夢の世界が優しく描かれていましす。

ケニーはある日、夢をみます。
庭の夢です。

その庭には真っ白な花が咲いている一本の木が立っていて、木の上の左側は太陽が出ていてお昼まで、左側は月が出ていて夜、という不思議な不思議なお庭なのです。
そして汽車が走っていてその車掌室には四本足のおんどりがいるのです。
そのおんどりが七つの謎を出してくるという夢。

その庭で暮らしたいケニーはその謎をといていきます。


昼と夜が半分半分のお庭なんてなんて魅力的!ケニーじゃなくても暮らしてみたくなっちゃいます。
ケニーは七つの謎をといていくのですが、その謎解きが単純明快な謎ではなく、なんとも哲学的で読んでいるうちにすっかり引き込まれてしまいます。謎をといているつもりがケニーの夢の世界に紛れ込んでしまったみたい。

可愛い犬や兵隊の人形にくまのぬいぐるみ。周りにあるものがどんどん物語を広げていきます。

七つの謎をといたとき、ケニーが選んだ答えとは?

想像力をかきたてられるすてきなお話でした。眠る前にそっと窓辺でこの本を開いて、一日、一つの謎を解いてみたいです。そうしたら窓の外にすてきな何かが待っていてくれるかもしれません。

お気に入り度:★★★★★ (2010年1月6日読了)


《↓ お帰り前にぽちっと応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

2010年01月の記事
→次



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。