This Archive : 2008年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

海堂 尊  「ジェネラル・ルージュの凱旋」

2008.02.27 *Wed
ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

【内容】
 桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、さらに複雑な事態に突入していく。
 将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか……。そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。(Amazonより)



チームバチスタの白鳥&田口コンビの第三弾です。
第二弾の「ナイチンゲールの沈黙」の裏側で同時期に起こっていた事件のお話ということで、前作を思い出したりしながらなかなか面白く読めました。そんなわけで「ナイチンゲールの沈黙」を読まずにこちらを先に読んじゃうとかなり???かな、と思われます。

今回は将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる救命救急センター部長の速水晃一が業者と癒着し賄賂を受け取っていると言う内部告発絡みの事件。リスクマネジメント委員長でもある田口先生の前にエシックスコミティ委員長の沼田という敵も現れたり、やっと登場してくれた姫宮君が何故か看護師見習いとして病院内に潜入していたりと波乱は避けられない感じなのですが、そんなところにひょっこり白鳥も現れたりするものだから物語は更に複雑に・・・。
と、なりそうなのですが、今回は白鳥よりも上手の論理攻撃をもって(白鳥いわく、アクティブフェーズの進化版、アグレッシブフェーズのお手本だそうで)、がんじがらめにされた病院内の壊すべきルールにずばずばっと切り込んでいく速水部長が気持ちのいいこと!白鳥と違って発言は全て真っ当な筋の通ったものだから子気味いいんですよね。一刀両断って感じです。白鳥の出る幕無し?(笑)

救急医療に潜む問題点、病院も経営をしていかなくてはならないという現状、生きていくうえで切っては切り離せない医療の問題は表面化していないものも考えると気が遠くなるくらい山積みなんだろうな、と読んでいて考えさせられます。

そんなわけで今回も残念ながら白鳥さん出番は少なめ。
でもいつになく田口先生が活躍してましたし、姫宮さんには笑わせてもらったし、ジェネラルが素敵だったからまぁいいかな。花房師長の複雑な女心にもじわりとさせられました。

いつも余り余韻を残さずあっさり終わる感があったのですが今回はラストが良かったです。

お気に入り度:★★★☆☆


以下備忘録のためのラスト(ネタバレ)のメモです。知りたい方だけ反転させてくださいね。↓
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

万城目 学 「鹿男あをによし」

2008.02.26 *Tue
鹿男あをによし鹿男あをによし
(2007/04)
万城目 学

商品詳細を見る


京都が舞台だったホルモーに続いて今度は奈良を舞台に鹿男が走り回るというまたまた奇想天外なお話です。
物語は葉月(8月)から始まります。神経衰弱と決め付けられ、大学の研究室を追われた「おれ」は、いやいやながらも奈良の女子校に赴任することに。
長月(9月)。赴任した彼は一人の謎めいた女生徒、堀田イトに振り回されイライラがつのっっていたところいきなり鹿に話しかけられます。

「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」

神無月(10月)。神がいない月だから神無月。地下にいるという大なまずが暴れだし日本が壊滅するのを防ぐために「おれ」が鹿の運び番に選ばれてしまったのでした。そんな突拍子も無いことが現実に起こっているとは一向に信じられない「おれ」は鹿に印をつけられ何と頭が鹿になってしまうのです(他の人には見えない)。元の姿に戻るため、目(サンカク)を手に入れることを決意した「おれ」。果たして彼は元に戻れるのでしょうか?そして日本を救えるのでしょうか?

鹿の他にも鼠と狐が重要な役目を担っていたり、元は卑弥呼の時代にまで遡ったり、日本の古都ならではの発想と展開で面白かったです。脇役達もいい味だしていましたが中でも堀田イトが格別でした。彼女の淡々とした冷徹さと奥に隠れた微妙な乙女心。将来素敵な女性になりそうです(笑)。

本当にラストのラスト、これがとても良かったです。とーってもベタなんですけどね。そう来てほしいな、絶対こう来るだろう、と予想した通りのラストだったのですがそれが何だかこっちが照れちゃうくらい嬉しかったです。

お気に入り度:★★★★★

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ


以下備忘録のためのラストのメモです。知りたい方だけ反転させてくださいね。↓
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

恩田 陸 「上と外」

2008.02.26 *Tue
上と外〈上〉 (幻冬舎文庫)上と外〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/10)
恩田 陸

商品詳細を見る
上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10)上と外 下 (2) (幻冬舎文庫 お 7-10)
(2007/10)
恩田 陸

商品詳細を見る


【内容】
両親の離婚で、別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。中学生の楢崎練は小学生の妹、母とともに、考古学者の父がいる中央アメリカのG国までやってきた。ジャングルと遺跡と軍事政権の国。そこで四人を待っていたのは「軍事クーデター」だった。離れ離れになる親子、二度と会えないかもしれない兄と妹!密林の中の謎の遺跡と神秘の儀式。絶え間なく二人を襲う絶体絶命のピンチ。(Amazonより)



普通の中学生の少年 錬と、小学生の妹 千華子。
普段離れて暮らしている二人が離婚した両親と4人で集まる夏休み。
考古学者である父がいるG国で物語りは始まります。
母親の再婚話、妹の出生にまつわる秘密、いろいろな要素がまだ多感な少年少女を揺さぶります。
そんな中、謎の組織によるクーデターに巻き込まれた錬達。
ヘリコプターから遺跡の眠る深い深いジャングルの中に放り出された錬と千華子。
何とか生き延びた彼らを待っていたのはジャングルに潜む謎の少年ニコだった!

地下に隠された謎の建造物、水路、恐ろしい咆哮、命をかけた儀式などもう現実だか幻想だか読んでいるこちらもわからなくなってくるくらい次から次にハプニングが錬達を襲ってきます。何だか自分も密林の奥深くに迷い込んでしまったような錯覚に陥って怖くなってしまい、はやく抜け出したくてページをめくる手が止まりませんでした。実際こんなところに放り出されたら私だったら生きていけないなぁ・・・。 最後までハラハラし通しでした。面白かったです。

やっぱり恩田さんの少年少女って魅力的ですね。強さと弱さが見え隠れして、でもまっすぐに芯が通っている。
カタコトの日本語しか話さないニコの謎めいた魅力にもまいってしまった私です(笑)。

お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


以下備忘録のためのラストのメモです。知りたい方だけ反転させてくださいね。↓


COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

佐藤たか子 「一瞬の風になれ 第二部 ~ヨウイ~」

2008.02.26 *Tue
一瞬の風になれ 第二部一瞬の風になれ 第二部
(2006/09/22)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


【内容】
冬のオフシーズンを経て、高校2年生に進級した新二。冬場のフォーム作りが実を結び、スピードは着実に伸びている。天才肌の連も、合宿所から逃げ出した1年目と違い、徐々にたくましくなってきた。新入部員も加わり、新たな布陣で、地区、県、南関東大会へと続く総体予選に挑むことになる。
新二や連の専門は、100mや200mのようなショートスプリント。中でも、2人がやりがいを感じているのが4継(400mリレー)だ。部長の守屋を中心に、南関東を目指してバトンワークの練習に取り組む新二たち。部の新記録を打ち立てつつ予選に臨むのだが、そこで思わぬアクシデントが……。(Amazonより)



いよいよ走りだした新二。
彼も2年生になり、後輩も入ってくると同時に去っていく先輩たちがいる。
青春って本当に短いサイクルでいろいろな出来事に立ち向かっていかなくちゃいけないんだなぁ、なんてツーンと懐かしく思ったり。
そんな中、新二は淡い恋心を抱いたりして陸上以外でもしっかり青春しているのですね。爽やかです。

(以下若干ネタバレ含みます)
新人戦県大会という大切なとき、まっすぐに前を見て走る新二の前に大きな大きな事件が襲ってきます。
尊敬する兄であり、永遠のライバルでもある健ちゃんが事故に・・・。
そして走ることをやめてしまった新二・・・。
新二にとって兄の存在が大きかったことはもちろんですが、新二自身、自分で思っていた以上に大きかったんでしょうね。彼が無限のゴールに向かって走っていくための一番の原動力だったのかもしれません。
もう一度新二は走り出すことができるのか・・・・。

本当に風が吹き抜けていくように、サササ~っと爽やかに読み進んでしまう作品です。新二の若くて成長期真っ只中の複雑な感情などがずんずん伝わってきましたし。第三部で新二がどんなゴールをきることになるのか、とても楽しみです。

お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

2008年02月の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。