This Archive : 2007年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

桜庭一樹 「青年のための読書クラブ」

2007.10.29 *Mon
青年のための読書クラブ青年のための読書クラブ
(2007/06)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


【内容】
東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の〈クラブ誌〉があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた――。今もっとも注目の奇才が放つ、史上最強にアヴァンギャルドな“桜の園”の100年間。 (Amazonより)


青年といいつつページを開いてみるとそこは麗しの女子校が舞台です。しかも良家の子女が集まる山の手のお嬢様学校。そこで繰り広げられる年代の異なる5つの物語。

1969年、ドブ臭い異臭をはなちながらも長身でブロンズ像のような美しいかんばせを持ったある転入生が入ってきたところから物語は始まります。自分達とは違う貧乏臭いニオイから行き場をなくした気弱な彼女が唯一辿り着いた先は異形のものが集まる「読書クラブ」だったのです。その長身の少女、烏丸紅子をその学園の「王子」にしたてあげ学園を支配するという目的のために読書倶楽部の部長アザミが動き出します。

のっけからぐいぐいその甘美で毒のある世界に引き込まれてしまいました。シラノドベルジュラックのごとく、容貌が醜いために陰で紅子を操り貴公子に仕立てあげていくアザミの胸の奥底に潜む女としての悔しさや刹那さなども折り込みつつ、シニカルな笑いを誘う結末が待っていて・・・。

読書クラブ誌に記された出来事を読み進める構成になっていて面白いです。第二章では舞台は1919年のパリへ・・・。ここで聖マリアナ学園の生みの親であるマリアナの数奇な人生が語られます。

第三章では1989年に読書クラブに突然やってきた3人の亡命者にまつわる騒動を、第四章では2009年の読書クラブ出身のロックスター少女事件がクラブ誌に綴られています。

そして最後の第五章は2019年が舞台。聖マリアナ学園誕生から100年。マリアナは昔、この100年目にあることが起こると占い師に予言されていたのですが、とうとうその年を迎えます。その年、読書クラブの部員はたった一人。悲惨にも老朽化激しい部室をも追い出され・・・・。また、学園には正体のわからない救世主である「ブーゲンビリアの君」旋風が巻き起こります。

物語は100年にもわたるものとなっているのですが、読み終わったときにはそれらが「読書クラブ」を通じて結びつき、一人の女性、聖マリアナの謎に満ちた人生の終わりと共に戻らない青春の切なさが胸に染み渡り、こんな癖のある作品世界なのに意外にも爽やかなものさえ感じました。毒があるというかユーモアというか、皮肉というか愛らしいというか、下北の劇場で観る舞台の世界が広がっているような何とも魅力的な世界ですね。

お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

東野圭吾 「探偵ガリレオ」

2007.10.16 *Tue
探偵ガリレオ (文春文庫)探偵ガリレオ (文春文庫)
(2002/02/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る



帝都大学理工学部物理学科助教授であり転載物理学者、湯川学がさまざまな事件の謎を解いていくシリーズの第一弾です。
5編の短編連作となっています。

「燃える」・・・深夜騒いでいた少年の頭から突然炎が・・・
「転写る」・・・少年が池から拾ったものはデスマスクだった・・・
「壊死る」・・・男性の心臓発作死、だが彼の胸には灰色の痣が・・・
「爆ぜる」・・・ある海水浴場で突然海から火柱があがった・・・
「離脱る」・・・幽体離脱した少年が見たものとは・・・

この湯川教授が天才ならではの頑固さというか天邪鬼というか融通のきかなさというか、何とも魅力的なキャラです。そしていつも事件を持ち込んでくるのが彼の友人の草薙俊平刑事。彼がまた冷静沈着でいて人好きのする感じでこれが湯川といいコンビとなっていて二人の掛け合いがまた楽しいんですね。
トリックは理系じゃない私には解明されても「はぁ、そうですか。へぇ、そんなことって起こるんだ!?こわ~。」という感じで衝撃の真実!なんて感じとは程遠いのですが、この科学社会、いつどこで同じような事件が起こってもおかしくないのかも・・・と思うと背筋が凍る思いもしました。
理系の人にはより面白く、そうでない人でも十分わかりやすく、両者共に楽しめる作品ではないでしょうか。読みやすいところが気に入りました。

お気に入り度:★★★☆☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

夢枕 獏 「陰陽師 夜光杯ノ巻」

2007.10.14 *Sun
陰陽師 夜光杯ノ巻陰陽師 夜光杯ノ巻
(2007/06)
夢枕 獏

商品詳細を見る



陰陽師シリーズです。
今回も晴明と博雅が、今日の都で起こる奇妙で妖しくも切ない数々の事件を解決していきます。
「月琴姫」「花占の女」「龍神祭」「月突法師」など9篇が収録されています。
いつもより一篇が短く篇数が多いような?
梅をめでつつ酒を酌み交わし笛の音に目を閉じる。
そんな静かな時間から一転、お決まりの文句で事件現場へ向かっていく二人のやりとり。
マンネリといえばマンネリなのかもしれませんが(だんだん事件の区別がつかなくなってきました。私個人の脳内キャパの問題でしょうか(笑))やっぱり安心して楽しめるシリーズであることは間違いないです。新刊が出るとやっぱりこの世界に帰ってきたくなりますね。

お気に入り度:★★★☆☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

乙一 「きみにしか聞こえない―CALLING YOU」

2007.10.14 *Sun
きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫) きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
乙一 (2001/05)
角川書店

この商品の詳細を見る

<内容>
私にはケイタイがない。友達が、いないから。でも本当は憧れてる。いつも友達とつながっている、幸福なクラスメイトたちに。「私はひとりぼっちなんだ」と確信する冬の日、とりとめなく空想をめぐらせていた、その時。美しい音が私の心に流れだした。それは世界のどこかで、私と同じさみしさを抱える少年からのSOSだった…。(「Calling You」)誰にもある一瞬の切実な想いを鮮やかに切りとる“切なさの達人”乙一。表題作のほか、2編を収録した珠玉の短編集。 (Amazonより)



「ZOO」が余りに強烈すぎて、すっかり遠ざかっていた乙一さんの作品です。映画化が気になり思い切って手に取りました。

3つの短編集となっており、映画化されたのはそのうちの「CALLING YOU」という短編です。

自分の頭の中で携帯電話を持ってささやかな楽しみとしていた孤独な少女。ある日突然その携帯電話がある人と繋がって・・・。
時間や時空がちょっとねじれた2つの世界がつながるラブストーリーです。切なさはお約束ですよね。私はこういった設定にとても弱いんです・・・。

静かで暗い雰囲気が続く中見えてきたほんのわずかな温かな明かり。
その明かりを手の中でひっそりと大事にしたいだけなのに・・・。
切ない物語です。短編なのですがそれが却って大きな余韻を読者に与えているのかも。

個人的に、この方の文章はなんというか、何だかちょっと「生臭い」感じがしてしまいます。ありえない設定なんだけど何だかリアルに背後で起こっているような・・・切ないながらもぞくっとさせるものを持っている、そんな感じです。ハマる方はハマるのでしょうね。(自分にはちょっと若すぎる感じです。こんなところでも歳ってとっていくものなんですね(苦笑))

お気に入り度:★★★☆☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たかのてるこ 「モンキームーンの輝く夜に」

2007.10.14 *Sun
モンキームーンの輝く夜にモンキームーンの輝く夜に
(2003/03)
たかの てるこ

商品詳細を見る



<内容>
“日本で一番面白い旅人”たかのてるこが28カ国を旅した末に、ラオスで見つけた最愛の男は、サル顔の自然児だった!?運命?勘違い?この恋、どうなる??笑いと涙のハチャメチャ恋愛亡命記。 (Amazonより)


今度はラオスです!
ラオスって?名前は聞いたことがあるけどはて?という感じだった私に、とってもユルユルなラオスの人々は何とも読んでるこちらの気持ちまでユルユルとほんわかさせられちゃうものでした。
はい、そしてまたまたここでも彼女は恋に落ちるんです!
それも、日本にお持ち帰りしたいと本気で思えるほどの恋に!
(またまた彼女には日本に恋人が居るのですが・・・)

今回は旅行記というより完全恋愛エッセイ色が強くなっています。
リアルだからドキドキ面白い。幸せなってほしいと思いつつも、ラオスの人が抱える隠された事情などを知るうち、果たして著者は本当に責任を持ってこの恋を全うできるのか心配になったり・・。

旅の先々で恋に落ちる彼女はすごいですね・・・しかも結構短期間ですし・・・。何だか気持ちはわからないでもないけどやっぱり自分には起こりえないような感じです。彼女の情熱とその情熱のままに突っ走る姿にはあっぱれって感じですかね。でも個人的にはもうちょっとシノヤン家族以外のラオスの姿をもっといっぱい見てみたかったかな。

お気に入り度:★★★☆☆
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たかのてるこ 「モロッコで断食」

2007.10.14 *Sun
モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)
(2004/02)
たかの てるこ

商品詳細を見る



<内容>
モロッコ王国を旅するうち、ある日突然始まったイスラムの摩訶不思議なイベント“断食”。日が昇っている間は水もだめ、煙草もだめ、食事なんてもってのほか!空腹のまま彷徨い続けた後に辿り着いたのは、心優しきベルベル人の村だった。秘境の村で落ちた恋の行く末は!?スリルとサスペンスと笑いに満ちた“愛の断食”紀行エッセイ第三弾。 (Amazonより)



たかのさんのモロッコ旅行記は「サハラ砂漠で王子さま」が前編で、こちらが後編です。
愛しの王子様と別れ、マラケシュに戻った彼女を待っていたのは「断食」だった!彼女も断食に参加したことにより、今までぼんやりとしか知らなかったイスラムの教えや習慣、そして今までよりも一層深くモロッコの人たちと関わり旅を続けていく彼女の姿は相変わらずパワフルです。
そして彼女はあるモロッコ人の男性と出会い、彼の生まれ故郷のベルベル人の村へと向かいます。そこに待っていたのは温かな家族と運命の恋だった!ってまた恋に落ちちゃったんですかい!と思わずつっこみたくもなります(笑)。だって、つい先日王子様にお別れしたばかりじゃ・・・あれ、そもそも日本に彼もいなかったっけ?

前半は面白ろあったか旅行エッセイ、後半は思い切り恋愛モード。
テンポよくまたまたイッキ読みでした。読み終わった後温かい気持ちになれます。さてさて彼女の恋の結末は?


余談ですが、たまたま先日イスラム圏(といってもリゾートなんですが)から帰ってくる帰りの飛行機でこの本を読み始めたことをかなり残念に思っています。お恥ずかしい話、お酒がダメとか女性は余り露出しちゃだめ、とかその程度の知識しか持っていなかった私・・・この親切さは本物なのかチップ欲しさかわからず戸惑ったり、いい思いもすれば嫌な思いも多少したりもしましたが、この本を読んでおけばもうちょっと違った視野で物事を見て現地の人と触れられたかな、と。まぁ、そこまでの勇気や積極性は持ち合わせていない私ですのでどうかはわかりませんが(^^;

お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たかのてるこ 「サハラ砂漠の王子さま 」

2007.10.14 *Sun
サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫)サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫)
(2004/02)
たかの てるこ

商品詳細を見る

<内容>
ヨーロッパを駆け抜け、サハラ砂漠を目指してアフリカへ。しかし、憧れのイスラムの国モロッコへ足を踏み入れた途端、次々と襲いかかってくる髭面の男たち!思わぬ貞操の危機に「女はつらいよ…」と呟きつつも、今度は砂漠を徒歩で突き進む!!過酷な大自然で絶対絶命の危機を救ってくれたのは!?痛快ハチャメチャ紀行エッセイ第二弾。 (Amazonより)



はじめに、旅は格闘のようなものかもしれない、と著者が言っています。確かに初めて行く場所はもちろん、何度か訪れたことがあるところを再訪してもその都度予想もしなかった出来事や出会いが待っていたりするものです。

彼氏あり、大学卒業間近の彼女は卒業旅行として映画で見て憧れていたモロッコへ向けていざ出発!フランス、スペインと経由してモロッコへと入った彼女ですが、行く先々で様々な出会いを重ねます。

これって実話?エッセイ? フィクションじゃないの?!って疑ってしまうくらい本当に面白い(当人は必死なのかもしれませんが)事件が次々と降りかかり・・・どきどきしつつも笑える笑える。
彼女と同様、モロッコという国をよく知らない私としてはイスラムの世界の知らなかった側面や人の温かさや女一人旅のつらさなど、まるで自分が旅をしてるような気分に浸れました。

そしてとうとうサハラ砂漠へ!そこで彼女は素敵な素敵な王子様に出会い恋に落ち・・・。

可愛い子には旅をさせろ、とはよく言いますが、この本を読んでいると学校で学べない様々なものを、国を超えた人と人との繋がりを、数え切れないほど多くのものを著者は見ることができたんだな、と感じます。旅を通して広い視野を持つことができるようになれたら素敵なことですよね。

それにしても旅先で著者が触れあった多くの人達の明るさには元気をもらいました。何だか無性に旅に出たくなる、そんな本でした。


お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

2007年10月の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。