This Archive : 2006年09月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

恩田陸 「ユージニア」

2006.09.25 *Mon
ユージニア ユージニア
恩田 陸 (2005/02/03)
角川書店

この商品の詳細を見る

あらすじ(Amazonより)
あの夏、青沢家で催された米寿を祝う席で、 十七人が毒殺された。
ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。町の記憶の底に埋もれた大量殺人事件が、年月を経てさまざまな視点から再構成される。


こういう装丁の凝った本を見ると嬉しくなっちゃいます。
ただ手に取るだけである程度満足してしまうというか(笑)
しかも何か読んでいてこう歪んでるなぁ、印刷ミスかなぁ、と漠然と違和感を覚えていたのですが、わざと文字が斜めに印字されてるんですね。
これも読んでいて背後に寒気を感させられる一因となっているのかもしれません。

読んでみて感想は?と聞かれるとこれまた難しいですね。

ある旧家で起こった無差別の毒殺事件、この現場に居合わせた少女が大学生になったときにこの事件をベースにした本を出版する。
その周りにいた人々から「誰か」が話を聞いている。
そして集めた話を紡ぎ合わせられて物語は進行する。
各章は読んでしばらくして初めて話し手が誰かわかってくる。
恩田さんは読者になかなか助けを出してくれません。
時間をかけてゆっくり読んでも、ちょこちょこと前の方のページを戻っては「あれ?これは・・・」と伏線を確認したりして・・・読者自身も「誰か」と一緒に、手探りしながら事件の真相を追っていくようによく練られたものだなぁと感じました。

ラストはえっ?っていうくらい曖昧ですがもう一度前に戻っていくつかの文章を読むと、ああ、そうだったのか、とわかったような、でもまだ奥深い闇が潜んでいるようなそんな感じです。

これも読書の醍醐味でしょうか。
恩田さんらしい作品のような気もします。

評価: ★★★☆☆ (人によって好き嫌いが分かれそうなので)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

石田衣良 「池袋ウエストゲートパーク」

2006.09.11 *Mon
池袋ウエストゲートパーク 池袋ウエストゲートパーク
石田 衣良 (2001/07)
文芸春秋

この商品の詳細を見る


携帯サイトで読みました。
ドラマは堤監督だしクドカン脚本だし、ということで観たいな、と思いつつも自分とは年代等かけ離れた世界だったのと、暴力シーンなどが苦手なため手をつけてませんでした。
読んでみて・・・やっぱりどうも物語の世界に馴染めない感は否めませんでしたが、登場するキャラがくっきり明確で魅力的な感じだったので、ドラマは観たくなりました~。再放送しないかな・・・。

どんどん読み進める感じでしたので続編も読んでみたいと思います。

評価:★★☆☆☆
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

恩田 陸 「ねじの回転」 

2006.09.09 *Sat
ねじの回転―FEBRUARY MOMENT ねじの回転―FEBRUARY MOMENT
恩田 陸 (2002/12)
集英社

この商品の詳細を見る


あらすじ(Amazonより)
人類を悲惨な運命から救うべく、国連に歴史の介入点に選ばれた1936年2月26日、東京。時間遡行によって歴史を修復するため選ばれた安藤大尉らには別の思惑が…。著者新境地の歴史SF大作。



二・二六事件が題材が題材。
宮部みゆきの「蒲生邸~」もそうでしたよね。
日本人にとって、重要な歴史的事件であることは確かだと思いますが
私自身、正直詳しくは史実を知りません。

時間遡行マシンの開発により歴史がゆがめられたことによって人類はある危機を迎える。それを回避すべく、時間遡行マシンによって未来から来たスタッフ達と、二・二六事件の歴史上の関係者達とが、歴史を史実にやり直すべく使命を任され、共に行動をしていく・・・。

この発想はすごいですよね。
過去の歴史上の人物達が自分達が逆賊と扱われて無念の死を遂げることを知りながらも同じことを繰り返さなければならない・・・自分達が死んだ後の遥か先の未来を救うために。
その精神力は計り知れないし、果たしてそんな事にどんなに強い人間であっても耐えることが可能なのか?
それとも彼らは未来を知ってるからこそ、歴史を変えようと動くのか。

前半は状況を追うのに精一杯でしたが、後半は果たして歴史はどう「確定」されるのか、いっきに読み進められました。
一度では理解しきれなかった部分もあり、読み落としていることも多いような気もしますが、もう一度読むか?と言われるとちょっと辛いな、と思ってしまったりもします。
そういう重さがある作品でした。
そして・・・最後は切なかったですね。

歴史は変えられない、たとえ変えられてもいい未来だけが待っているとは限らない、時間の巡りに終着駅なんてないでしょうね。
時間を遡ることなんてできない今、悲惨な事件がこれ以上起こらないで欲しいと思いました。

評価:★★★☆☆

rankingtag
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

2006年09月の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。