This Archive : 2006年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

恩田 陸 「図書室の海」 

2006.08.30 *Wed
図書室の海 図書室の海
恩田 陸 (2005/06)
新潮社

この商品の詳細を見る



内容(Amazonより)
あたしは主人公にはなれない―。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニックの準備」など全10話。



再読しました。
著者後書にもあるように、デビュー10周年にして初のノンシリーズの短編集。
10話ともそれぞれ全く異なる背景の作品が集まっていますが
どこかぞくっとくるような、鳥肌のたつ終わり方をするものが多いです。
そしてちょっと難解で、自分の想像次第でいろんな方向に膨らませられる余韻を残させる作品ばかりです。
というのもこの10篇のうちの何話かは他の作品の番外編であったり、本編の前の予告編であったりするからです。
「睡蓮」は「麦の海に沈む果実」の理瀬の幼年時代。
「ピクニックの準備」は「夜のピクニック」の前夜が描かれている。
「図書室の海」、これは「六番目の小夜子」の番外編で、関根秋の姉、夏の物語。
やはりこの3篇は読み応えがあります。
そういうこともあって、やはり他の恩田作品を一通り読んだ後に手に取る方がいいような気もしました。
そしてこの本を読むとまた本編を手に取りたくなる(笑)。
そんな感じです。

個人的には「春よ、こい」が好きです。

評価:★★★☆☆

rankingtag
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

伊坂 幸太郎 「チルドレン」

2006.08.24 *Thu
チルドレン チルドレン
伊坂 幸太郎 (2004/05/21)
講談社

この商品の詳細を見る


内容紹介(Amazonより)
こういう奇跡もあるんじゃないか?
まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。
吉川英治文学新人賞作家、会心の受賞第1作!
短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに“短編集”とあっても信じないでください。
伊坂幸太郎



「オーデュボンの祈り」がダメだったという少数派の私ですが
伊坂さん、2冊目に挑戦です。
1冊目とはテイストの違う作品を・・・と思い手に取ったのが「チルドレン」。

5つの短編からなる1冊ですが、ちゃんと登場人物がリンクしておりひとつのシリーズとして楽しめました。
ストーリーのトリックは大掛かりなものではない、でも「あっ!」っていう小さく粋な驚きが散りばめられている。
下手な例えですが 京都風の薄味だけど奥深さのある「だし」って感じでしょうか。
そこに どか~んと マヨネーズをぶちこんでしまった、そうそれが一癖も二癖もある登場人物「陣内」(笑)
それが絶妙にマッチして何とも美味。
言ってることもやってることもはちゃめちゃなのに何故か正しい方向へ皆を導いていってしまうんですよね。
鴨居くんや永瀬君、武藤君・・・彼をとりまく人物達との距離感も良いです。
また、誰が主役というわけでもない匙加減が心地よくもあり。
大笑いしつつ じんわりしつつ 呆れつつ 癖になる そんな一冊でした。
奥田英朗の「空中ブランコ」しかり、北村薫の師匠シリーズしかり、こういう日常に起こりえる事件に登場人物がそれぞれの色をつけて豊かにしていく感じ、好きです。

評価:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (5)  TRACKBACK (4)  EDIT | 

雫井 脩介 「クローズド・ノート」

2006.08.19 *Sat
クローズド・ノート クローズド・ノート
雫井 脩介 (2006/01/31)
角川書店
この商品の詳細を見る


<内容>(Amazonより)
私の部屋に置き忘れられた一冊のノート。はじめは手に取るつもりもなかったのに。そのノートを開きはじめたとき、私の平凡な日常は大きく変わりはじめる―。『火の粉』『犯人に告ぐ』の俊英が贈る、2006年最初にして最高の物語。携帯サイトでの連載時から感動の声が続々。100万アクセスを突破した、切なく暖かい恋愛小説。



最近外出先でちょこちょこ読めるといいな、と思い
携帯の読書サイトに登録。
定額読み放題なので何か読まないと損だな~と検索していたときに
表紙の写真が綺麗だったのと、よくわからないタイトルにひかれた作品。
実は今までこちらの作家さんを知らなかった私・・・。
でも何だかとても惹かれたんです。

で、電車に乗っているときとかにちょこっと読み始めたら・・・。
止まりませんでした。
図書館で借りたメインの読書本があるものそっちのけ。

大学生香恵が部屋のクローゼットの奥で見つけた一冊のノート。
そこには小学校教諭伊吹先生の想いがいっぱい詰まっている。
そのノートを開いたとき、伊吹先生の毎日一生懸命生きる姿に
香恵の人生も少しずつ変わっていく・・・。
恋、仕事、友情・・・。
そしてある日香恵は決意する。伊吹先生に会いに行こうと。

途中でストーリー展開はわかっちゃうと思います。
でもそれがどうした!って感じです。
良かったです。
涙あふれちゃいました。携帯画面見ながら・・・。

読んでいてとても居心地が良い作品でした。
暖かくなりました。
涙も・・・切ないけど暖かい。

そして、著者の「あとがき」に驚き、また涙。

たまに読み返したくなる作品になりそうです。

評価:★★★★★

rankingtag


COMMENT (8)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

大崎善生 「パイロットフィッシュ」

2006.08.18 *Fri
パイロットフィッシュ パイロットフィッシュ
大崎 善生 (2004/03/25)
角川書店
この商品の詳細を見る


<内容>(Amazonより抜粋)
人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない―。午前二時、アダルト雑誌の編集部に勤める山崎のもとにかかってきた一本の電話。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十九年ぶりに聞く由希子の声だった…。吉川英治文学新人賞受賞作。



前々から表紙の透明感とタイトルのバランスの良さが本屋でも目に入って読んでみたかった作品です。

物語の冒頭の一行
「人は、一度巡りあった人と二度と別れることはできない」

一度人の中に染み付いた「記憶」は奥底に隠れていようとも決して消えることはなく一緒に行き続けるんだってこと。
無意識のまま昔愛した人のために生きていることもあるんだってこと。
この広い世界の中で人と巡り会うことの大切さがとてもわかりやすく伝わってくる作品でした。

文体は何だかゆらゆら浮いている感じ。
そうですね、現実感があまりなく、感情移入できなかったかなぁ。
ここに出てくるような物分りのいい大人で素敵な女性になれたら素敵だけどまず無理よね・・・って、村上春樹の作品に出てくる女性をちょっと思い浮かべました。

重いようでいて、とてもさらりと読めます。
何かがちょっと物足りない。
でも、全体的には透明な表紙のままの雰囲気の作品でした。

評価:★★★☆☆

rankingtag

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

三浦しをん 「月魚」

2006.08.15 *Tue
月魚 月魚
三浦 しをん (2004/05)
角川書店

この商品の詳細を見る


内容(Amazonより抜粋)
古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。二人は幼い頃から、密かな罪の意識をずっと共有してきた―。瀬名垣の父親は「せどり屋」とよばれる古書界の嫌われ者だったが、その才能を見抜いた真志喜の祖父に目をかけられたことで、幼い二人は兄弟のように育ったのだ。しかし、ある夏の午後起きた事件によって、二人の関係は大きく変っていき…。



三浦さんの作品はこちらが初読です。
表紙が綺麗だったので手に取りました。

着流しをまとった古本屋の主人にその友人。男二人のお話。
ん? 京極夏彦の「京極堂」か?!と思いつつ読み進めました。

文体は柔らかく淡い感じで読みやすかったです。
幼い頃に犯した罪を背負って一緒に育ってきた二人の微妙で甘美な関係。
過去の事件が徐々に明らかになり、更に二人の目の前にある人が現れる。
物語の内容は淡々としていて地味ですが、二人の間に流れる行き場のない思い、普段は心の奥底に隠している熱い感情が、少しこぼれて垣間見える、そのもどかしさが読者を物語に誘い込む甘い毒を与えている、この二人の世界をもっと見たいと思わせる、そんな感じがしました。
物語そのものよりも「二人」がメインだな、と。
私個人としては、読み終わってみて「う~ん」って感じでした。
BL系っていうんですか、そういう簡単なくくりに入れるような作品ではないと思いますが、受け付ける人と受け付けられない人に分かれそうでうすね。
続きが出たら読むかな、読まないかな、どうしようと思いつつも二人が気になりまた手にとってしまう自分もいそうな気もします(笑)

この独特の透明な感じを他の作品で味わいたいと思ってしまいました。
他の作品にもTRYしてみます。

評価:★★☆☆☆

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

宮部みゆき 「とり残されて」

2006.08.11 *Fri
とり残されて とり残されて
宮部 みゆき (1995/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


内容(Amazonより)
勤め先の小学校で、ヒロインは「あそぼ」とささやく子供の幻に出会う。そんな折、校内プールに女性の死体が…。その謎にせまる表題作ほか、夢の「場所」捜しから始まる内面の旅を描いて名作の聞こえ高い「たった一人」など六篇を収録。巧みな伏線、鮮やかな舞台設定。清新にして熟達の筆致をおたのしみください。


もう大分前のことになるので宮部みゆきに出会った最初の作品が何だったのか、うろ覚えです。
「クロスファイア」だったのか、「龍は眠る」だったのか、それともこの「とり残されて」だったのか。

未だに、宮部みゆきの中でどれが一番好きかな?と考えると
「とり残されて」の中の最後の短編、「たった一人」。
そう答えると思います。
短い作品ですが、それくらい自分の琴線に触れる何かが詰まった作品でした。

今回久しぶりに読み直しました。
全編を通して読み直すのは3度目位かな。
それでもまた新鮮に楽しめました。

それにしてもこの文庫の表紙は・・・怖いですよね。
表紙を見て手に取るのやめる人もいそう。

6つの物語が入っています。
この6つの取り合わせで1冊というのが絶妙なバランスの作品達です。

「とり残されて」
小学校の養護教師のヒロインは子どもの足音を耳にするようになる。でもそこには誰もいない。ある日、とうとう彼女はその子の姿を見る。く。
「せんせい、あそぼ、プールにおいでよ」
子どもの幻に誘われて覗いたプールには女性の死体があった・・・


 「おたすけぶち」
10年前、おたけすけぶちと呼ばれる場所で交通事故で死んだ兄の墓参りに行った妹がその場所で見たものは!


最初の2作品は「世にも奇妙な物語」に出てきそうなぞくっと来るラストを持つ作品です。
「とり残されて」は最後の最後に見せられたヒロインの強い意志に鳥肌が立ちました。

「私の死んだ後に」
あるきっかけにより、右手があがらず球を投げれなくなった野球投手、そんなある日彼はトラブルに巻き込まれ死にかける。そんな彼の前にあの世への案内役だという女性があらわれるのだが・・・


ちょっとここで一息、切ないけど前向きなそんな1篇です。

「居合わせた男」
出張帰りの電車の中、女性2人組の乗客とたまたま居合わせた鳥羽は彼女達から奇妙な話を聞く羽目になる。彼女達の会社の社員が飛び降り自殺をしたのだがそれは幽霊の仕業だというのだ。

「囁く」
銀行に勤める雅子の上司が「お金が囁く」といって問題を起こし病院に入ってしまったという。喫茶店でその話をしていると「実は私の友人もお金が囁くというんですが・・・」と知らない男に声をかけられる。


どちらも最後の最後にあっそう来たか、とほんの一行で「ぞぞぞ」とさせられるお話です。

「いつも二人で」
ある青年の身体にある日突然美女の霊がのり移り、2人で1人の生活がはじまった。


ちょっとまた一息、ほのぼの系です。そして・・・。

「たった一人」
ある女性が探偵事務所を訪ねる。毎晩夢に出てくるある場所を探して欲しいという依頼を持って・・・。夢の場所探しを続けるうちに意外な事実が・・・。



この「たった一人」。
これは何度読んでも心にしがみついてくる作品です。
ストーリー展開だけではなく、細かい筆致が、すべてが響いてくる。
探偵河野とOL梨恵子、最初から最後まで二人の距離感がとてもじれったく切なく絶妙です。
(更に河野さんが素敵なんですよね、これが。)
夢の場所を二人で検証していくうちに明らかになっていく事実。
でもその事実を全部知ってしまったとき、同じ地面に立っていたはずの二人は・・・。

物語の中で宮部さんはこう記しています。
「退化していまっている人間の本能のなかで、ただひとつだけ、自分が必要としている人、離れたくないと思っている人と引き離されてしまうという、死よりも恐ろしい事実を認識するコードだけが、まだ残っているのだ」と。

その予感が的中したとき人はどうやって生きていくのか。
解説の北上さんもおっしゃってますが、最後の梨恵子の独白部分が秀逸です。
ここを読むために他を読むといっても過言ではないくらいです。
大切な人のそばにいるために人は強くなる。
とても切ないけど、未来を、自分を信じてみようと思えるそんな作品です。

評価:★★★★★ (「たった一人」)

rankingtag



COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

重松 清 「流星ワゴン」

2006.08.09 *Wed
流星ワゴン 流星ワゴン
重松 清 (2005/02)
講談社

この商品の詳細を見る


死んじゃってもいいかなあ、もう……。
38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして 自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか ?
「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。(Amazonより)



妻の裏切り、息子の暴力、会社のリストラ、犬猿の仲である父親の危篤。
幸せだと思っていた平凡な家庭が自分が気づかないうちに壊れていた。
絶望に打ちひしがれる主人公カズの前に止まった1台のワゴン。
そこには5年前に事故で亡くなったはずの橋本親子が乗っていた。
そして3人の不思議なドライブが始まる。
限られた時間だけ、人生をやり直すことを許される。果たして彼は未来を変えられるのか?
そして・・・そんなとき自分と同じ38歳のままの父親が現れる。

設定からしてずるい。
絶対泣けるでしょ。良い悪いはおいといて、と思いつつ読み始めた物語です。
後半は涙浮かべっぱなしでしたね。

突然壊れたと思っていた自分の人生、でもそれは突然なんかじゃなかった。
いくらでも違う人生へと導いていくチャンスがあったのだ。
過去に戻っているうちに徐々に一度目の人生では気づかなかった、いや、気づこうともしなかった真実に出会う。
ワゴンの橋本親子と同い年の父親チュウさんと過ごしながら彼は人生をやり直しことができるのか、未来を変えることができるのか。

設定が設定だけに先がどうなるのか気になって、ぐんぐん先にひきこまれました。
暗い内容でありながら、そう感じさせないのは橋本親子の明るさと父チュウさんの素直さのおかげですね。

主人公のカズは何ともどっちつかずの情けない部分を持つ男で読んでいて少しイライラしましたがそれがまたリアル。
人はそんなに上手くは生きられない。そんなに勇気もないし、簡単に素直にはなれないのだから。
後半、どんどん変わっていく主人公カズの懸命に生き直す姿、未来を家族を守ろうとする姿が痛く胸をつきます。
これって本当にすごいパワーが必要ですよね。
どんなに頑張っても人生は一度きり、やり直すことなんて所詮できない、そうわかっているのだから。
でも変わらなくてもいいんですね。後悔なく、思い残すことなく素直に生きること、それがわかったのだから。

そして一見、とても仲が良さそうな橋本親子にも実は隠された秘密があります。
これがまた、とても切なくて良かったです。

子供のいない女性の私が読んでも十分心に響きました。
同年代の子供を持つ男性だったらなおさらなのかもしれませんね。

これは大人のファンタジー。
今もどこかで流星ワゴンが走っていると、魔法を信じてみてもいいかもしれません。

評価:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

2006年08月の記事
→次



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。