This Category : 上橋菜穂子

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

上橋 菜穂子 『獣の奏者 2王獣編』

2010.05.15 *Sat
獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)
(2009/08/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
カザルム学舎で獣ノ医術を学び始めたエリンは、傷ついた王獣の子リランに出会う。決して人に馴れない、また馴らしてはいけない聖なる獣・王獣と心を通わせあう術を見いだしてしまったエリンは、やがて王国の命運を左右する戦いに巻き込まれていく―。新たなる時代を刻む、日本ファンタジー界の金字塔。



最後のページをめくったあと、しばらく言葉が出てこないくらい没頭してしまいました。
この世界に圧倒され、こちらの世界に戻ってくるのに時間がかかるほど。

エリンが、リアンが、くっきりと目の前に現れて大空に飛び立つのを目にしたように感じます。

人と王獣の間には絶対に埋めることのできない溝がある。
それでもその溝を飛び越えてしまう想いが、絆が、苦しいほどに愛おしかったです。

「なぜ?どんな気持ちで...?」

相手を知りたい、理解したいという想いの強さに胸が打たれると同時に、想いが通じることへの勇気をもらいました。

PS:続編も手元にあるのですが、いったい彼らに何が待ち受けているのかと思うとなかなか手に取れません...

お気に入り度:★★★★★
(2010年4月13日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン




スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

上橋菜穂子 『獣の奏者 1 闘蛇編』

2010.04.18 *Sun
獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
(2009/08/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが―。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。



闘蛇衆の村で育った少女エリン。
闘蛇衆出身の亡き父と、霧の民出身の母から生まれた娘。
彼女の母は霧の民という特殊な部族の出身ながら獣ノ医術師として闘蛇の世話をまかされていた。
そんな母の姿を見ながら育った聡明な少女。

ある日、母が世話をしていた闘蛇が全て息絶える事態が起こった。
罪を問われ刑に処せられることになった母。
そんな母を救おうと飛び出したエリン。
母は最期の力を振り絞り、禁をやぶる方法を用いて娘の命を助ける。
遠くへ流されたエリンは蜂飼いのジョウンに助けられ、穏やかな生活を送りながら、様々なことを学び成長していくのですが...。

これは噂に違わず本当に面白いですね!
もう読み出したら止まらなくて何も手につかなくなってしまいました。
全く異世界の話なのに、難しい説明もなく当たり前のようにすーっとその世界が目の前に広がります。
冒頭から衝撃的な事件により物語が始まり、やっと得られたつかの間の平和にも影がさし、いったいこれからエリンに何が起こるのか。
不安と期待で胸が膨らみます。
人よりもとても感性が強く、聡明なエリンがどう獣たちと触れ合っていくのか。
それがいったい世界をどう動かすことになるのか。
続きがとても楽しみです。

お気に入り度:★★★★★ (2010年4月4日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (4)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

上橋菜穂子 「精霊の守り人」

2007.12.06 *Thu
精霊の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)精霊の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)
(2006/11)
上橋 菜穂子二木 真希子

商品詳細を見る



【内容】
女ながら、腕のたつ用心棒である、バルサは、新ヨゴ皇国の皇子チャグムの命をすくうだが、このチャグム皇子は、ふしぎな運命を背負わされていた“精霊の守り人”となったチャグム皇子を追って、ふたつの影が動きはじめバルサの目にみえぬ追手から命がけでチャグムを守る…野間児童文芸新人賞。産経児童出版文化賞。路傍の石文学賞受賞。



物語は子供向けでもあるので単純明快、女用心棒のバルサがあるきっかけでヨゴ皇国の第2皇子チャグムを守ることになります。チャグムの身体にはある精霊の卵が産み付けられており、実の父である王から、そして卵を狙う異世界の魔物から、命を狙われる幼い皇子チャグムをバルサが守りつつ、その精霊に纏わる謎を解き明かしていきます。

女用心棒バルサ。これまた女が惚れてしまうくらいカッコイイ女性なのです。
強く前向きな彼女ですが実は8人の命を救う立てるに至った哀しい過去を持っています。
そして何も一人ではできなかった皇子チャグムがバルサ達と旅を続けるにつれ、どんどんたくましく成長し変わっていく姿が実に眩しいのです。

日本人の描く全く異世界の純ファンタジーはとても久しぶりです。
グインサーガのような大人じゃないと理解がちょっと難しいかな、という箇所もなく、コバルト系ファンタジーに多く見られるような恋愛に重きを置くものでもなく(全く無いわけではないのです。そこが良いのです。)、とても暖かな愛情に溢れたファンタジー。
子供に是非読ませたい作品ですね。

これを読んだ人はチャグムのように強く成長し、バルサのように大きな愛情をもって人を守り、タンダのように影から静かに、しかし力強く人を支えられる人間になりたいと強く願うかも知れませんね。

まだまだ第一弾、続きを読むのが楽しみです。

お気に入り度:★★★☆☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

上橋菜穂子の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。