This Category : 辻村深月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

辻村深月 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」

2009.11.29 *Sun
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
(2009/09/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
“30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。


辻村さんの作品はまだ2作目。前回は学園ホラーだったので今回のテイストが余りに違っていて驚き。でもこの人の作品は、好きか嫌いかは別として、読んでいる人をぐいぐいとその世界に引き込んでいって不安にかられてページをめくってしまう、先を読まずにはいられない力を持っていると思う。

冒頭から謎の事件。謎の失踪。それを追う友人。
失踪した友人を探していくうちに、友人だけでなく、自分の心の闇もどんどん明らかになっていく。

都会と地方。
結婚と出産と独身。
若さと老い。
母と娘。
愛情と友情。

30代を迎えた女性ならきっとこの中の誰かに自分を重ねて辛くなることがあるのではないでしょうか。
殺人事件がベースになっているのでその真実を探るというサスペンス要素が中心でありながら、ページを追うごとに色濃くなっていくのは目を背けたいような現実味の強い内面的な暗闇や哀しみばかり。

女性による、女性のための、女性の物語。
同じ女性でありながら、読んでいて女性である自分がちょっと怖くなる。

タイトルの意味・・・・これは反則だ。
やりきれない悲しみがこみ上げて来て涙が止まらない。

お気に入り度:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

辻村深月 「冷たい校舎の時は止まる」

2009.08.05 *Wed
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


【内容】(「BOOK」データベースより)
雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。第31回メフィスト賞受賞作。



主人公の一人と作家が同じ名前って、どういうこと?
中原みすず「初恋」パターン?
と、いきなりちょっとびっくりな感じで始まりました。

青春ミステリーかと思ったら、かなりホラー要素が強いです。
学校というシチュエーションだけでも怖いのに・・・。
階数が増えたり、石膏人形がでてきたりとか、「うる星やつら」の名作「ビューティフルドリーマー」を思い起こしました。

学校に閉じこめられた八人。
学祭の日に自殺した生徒の記憶が何故か取り戻せない彼ら。
もしかして八人のうち誰か一人が自殺したのか?


「お も い だ し た ?」

だから怖いんですってば!

八人それぞれの心の闇が重なって更に怖いです。
怖くて続きを読まないと落ち着かなくて。

きっと誰もが抱えたことのある心の奥の繊細な部分とミステリーホラーが合わさり楽しめました。

ラストは予想通りだったかな~。
読み終わってみると意外とあっさり。
漫画を読んでるみたいな感じでした。

お気に入り度:★★★☆☆  (2009年2月17日読了)

にほんブログ村 本ブログへblogram投票ボタン
《↑↓ 参加中です。ぽちっとしていただけると励みになります》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

辻村深月の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。