This Category : 【ま行の作家】

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

宮下奈都 『よろこびの歌』

2010.06.13 *Sun
よろこびの歌よろこびの歌
(2009/10/17)
宮下 奈都

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる…。あきらめ、孤独、嫉妬…見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったとき、希望の調べが高らかに奏でられる―いま最も注目すべき作家が鮮烈に描く、青春小説の記念碑。



夢に挫折した少女たちをめぐる連作短編集です。

物語は有名ヴァイオリニストの娘で、声楽を目指すも受験に失敗し、音楽とは縁のない新設高校へ進むことになった少女・御木元玲の物語から始まります。

静かにただ日々をやりすごしていた玲。
でもある日、合唱コンクールが開かれることになり、否が応でも再び歌に触れることに。
歌を歌うことをきっかけに、クラスメイトとの距離、歌との距離に変化が現れ…。

未来は無限に広がっているのに、一回の失敗で真っ暗闇に落ちたように、不安や焦りばかり先立ってしまう年代ですよね。
でも視点をひとつ変えるだけで全く違った道が見えてくるもの。
そんなきっかけを、歌を歌うことを通じて見つけることができた少女たち。
心に閉じ込めていた気持ちを、少しずつ少しずつ、開いていくことによって、まるで音符がつながっていくように少しずつメロディが生まれ、最後には圧巻のハーモニーを奏でてくれる。

何の期待も抱いていなかった高校での生活から生まれた煌めき。
何も無いからこそ、これからなんですね。
喜びの笑顔を忘れずに未来に踏み出してほしいです。

光がきらきらと彼女たちのハーモニーに乗って輝いているのが見えるようでした。
とても素敵な一冊です。

お気に入り度:★★★★★ (2010年2月24日読了)

PS.無性に『スコーレNo.4』を読み返したくなりました。

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

湊かなえ 『贖罪』

2010.05.22 *Sat
贖罪 (ミステリ・フロンティア)贖罪 (ミステリ・フロンティア)
(2009/06/11)
湊 かなえ

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。



静かな田舎町。
そこにあるものが当たり前で何の疑問も持たなかった少女たちの世界。
そこへ都会からおしゃれな少女が転入してくる。
今まで満足していたものが何だかみすぼらしく思えてきたり、小さなさざ波が少女たちの間に広がっていく。

そんな中、起きた少女殺害事件。
小さな波紋がもし止んでいたらこの事件は防げたのでしょうか。

殺害事件の現場にいた少女四人。
怒りの矛先を彼女たちに向けた被害者の母親。

その母親の「一言」が、その後長い間、4人の少女たちを苦しめます。

その呪縛から逃れられない彼女たちの壮絶な人生。
罪が罪を呼ぶ。恐ろしい連鎖です。

『告白』以上に辛かったです。重いです。
天童荒太さんの作品も読んでいて「お、重い...」と感じますが、その「重み」の種類が全く違うのです。
天童さんの場合、悲しみや苦しみがじわりと心に染みいってくる重さですが、湊さんの場合、得体の知れない怖さが後ろから差し迫ってくるような生々しい重さなのです。
もう本当に読んでいて何度目をつむりたくなってしまったでしょう。

もう読みたくない。目を閉じてしまいたいと思いながらもページが進んでしまうあたりは、さすがといった感じです。

私には最後は救いとは受け取れませんでした。
救いのない物語...。
最後には救いのない無力感に包まれました。

★★★☆☆ (2010年4月20日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

宮下奈都 「遠くの声に耳を澄ませて」

2010.01.20 *Wed
遠くの声に耳を澄ませて遠くの声に耳を澄ませて
(2009/03)
宮下 奈都

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
くすんでいた毎日が、少し色づいて回りはじめる。錆びついた缶の中に、おじいちゃんの宝物を見つけた。幼馴染の結婚式の日、泥だらけの道を走った。大好きな、ただひとりの人と、別れた。ただ、それだけのことなのに。看護婦、OL、大学生、母親。普通の人たちがひっそりと語りだす、ささやかだけど特別な物語。



12編からなる短編集。
読んでいくうちに、連作短編集だと気づきました。
さりげなく、全ての物語が繋がっているんです。
さまざまな「旅(たび)」に纏わる物語。

どれも長すぎず短すぎずとてもバランスのいい分量で仕上がっていいます。
どの物語も静かに流れていくのですが、それでいて心にじっくり沁みこんで来ます。
じんわり、きーんと響いてくる。
どれも淡い色で描かれていますが、読んでいて心地の良い文章を書く作家さんだな、と「スコーレNo.4」のときと同じように感じました。

昔の恋人と、現在の息子がある同じ行動をとったことに対する不安な気持ちと焦燥感が伝わってくる「どこにでも猫がいる」。
次はかならずあると信じる気持ち 「足の速いおじさん」
優しいミルクティーが素直にさせてくれる「ミルクティー」
足袋をはいてひた走るシーンが爽快な「白い足袋」

特に好きな4編です。

お気に入り度:★★★★☆  (2010年1月12日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

三崎亜紀 「刻まれない明日」

2009.12.17 *Thu
刻まれない明日刻まれない明日
(2009/07/10)
三崎 亜記

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去った場所。街は今でも彼らがいるかのように日々を営んでいる。あの感動から3年―“失われた時”が息づく街を舞台に描く待望の長編。



十年前、抗いようも無く町ごと大切な人を失ってしまった人たち。
残された者たちは、消えてしまった人たちの思い出と、帰ってくるかも知れないという僅かな希望と共に十年間という年月を生きてきたのに、そのわずかな繋がりさえも消えてゆく。
辛い別れを二度も経験しなくてはいけないなんて、とても残酷だ。

人が町ごと消えるというミステリー「失われた町」の続編ともいえるこの物語。
前作でも感じましたが、その「謎」そのものではなく、残された者たちの行き場の無い切なさが浮き彫りにされています。
今回は、更にミステリー要素が薄まり、失われた町を取り巻く人たちの気持ちが細やかに描かれています。
悲しさや悔しさ、諦めや失望の先に一筋の明るい光が見えてきて、寂しさと温かさの入り混じった絶妙のさじ加減が素晴らしかったです。

序章では「歩行技師」という職業が出てきます。
三崎さんの作品は、人だけでなく、建物、物質、時間など、この世に存在するもの全てのものに意思を吹き込む力が見受けられて、確立していた概念を驚くほどに覆してしまいます。今回も思いもしなかった世界に圧倒されました。

道を歩き続ける「序章」
図書館が舞台の「第五分館だより」
鐘が響きわたる「隔ての鐘」
最終バスの灯りを追う「紙ひこうき」
蝶が舞う「飛蝶」
研究所が出てくる「光のしるべ」
そして全てがひとつになる「つながる道」

どれも素敵な物語でした。
特に「序章」「第五分館だより」「紙ひこうき」「光のしるべ」がお気に入りです (ほとんど全部ですね・・・)

もし「失われた町」を未読の方は、そちらを読んでからいいかな、と思います。
「廃墟建築士」つながりもちょこっと出てきて楽しめます。

いつもより断然、恋愛色が強いですが私は好きです。
人を想う気持ち、人に想われる気持ち、その大きさに改めて気づかされた一冊です。

お気に入り度:★★★★★ (2009年12月16日読了)

*心に響いた文章
p.133 海は人を隔て・・・・、隔たりし故に人は強く想いを響かせあう
p.327 たった一人でも自分を理解し、求めてくれる人がいるならば、世界の輝きは違う。


*「失われた町」のレビューはこちら→三崎亜紀「失われた町」

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

森見登美彦「四畳半神話大系」ノイタミナでアニメ化!

2009.12.16 *Wed
森見先生のブログでお知らせありましたね(笑えます)。

森見先生の作品中、実写化映像化が難しそうだなぁと思っていた作品だったので結構びっくり!でした。

あの絶妙な繰り返しの面白さ、どんな風にアレンジされるのか、楽しみです♪

公式サイト→ 四畳半神話大系(フジテレビノイタミナ公式HP)


四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

村山早紀 「コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状」

2009.12.07 *Mon
コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ピュアフル文庫 む 1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ピュアフル文庫 む 1-2)
(2009/07/10)
村山 早紀

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
大事な探しものがある人だけがたどり着ける、不思議なコンビニたそがれ堂。ミステリアスな店長が笑顔で迎えるのは、大好きな友だちに会いたいと願う10歳のさゆき、あるきっかけからひきこもりになってしまった17歳の真衣、学生時代の恋をふと思い出した作家の薫子…そこで彼女たちが見つけるものとは?ほのかに懐かしくて限りなくあたたかい4編を収録したシリーズ第2弾、文庫書き下ろしで登場。



風早の街の不思議なコンビニたそがれ堂の第二弾です。
今回は長めの短編が二編入っているので四編と少なめ。

「雪うさぎの旅」:
雪どけ、春になるとともに消えてなくなる雪うさぎたち。悲しいけれど、冷たい雪の体の中にある彼らの心温かさが伝わってくる優しいお話でした。

人魚姫」: ひきこもりの17歳の少女。今はゲームの世界にのみ生きている。昔学校でいじめられていた彼女。でもいとこの秋姫が支えてくれたおかげで強く生きていくことを決意した矢先、秋姫が事故で亡くなってしまう。その日から真衣は立ち上がることができなくなり、学校にもどこにも行かなくなってしまったのだった。

ひきこもり、母子家庭、いじめ、ネトゲ廃人など、現代の問題を扱っていて重いテーマ。
さらこのシリーズには似合わないホラー要素も出てきてちょっと怖かったです。
きちんと前に進む一歩の難しさとその大切さを教えてくれる作品でした。
何かひとつ成し遂げるたびに(外出する、バイト探しなど)「レベルアップ」「イベントクリア」なんて
ゲームの世界と現実の世界を重ねて、前向きに頑張る彼女を見ていてすごく応援したくなりました。


「魔法の振り子」:作家の佐藤薫子。彼女が昔好きだった同級生、名前が似ている佐藤薫は10年前、約束の場所に現れず、そのまま音信不通に。彼が約束の場所に現れなかった理由とは。彼の気持ちは。

悲しいお話でした。彼との過去のエピソード一つ一つが切ないです。
以下、ちょっとネタバレになりますが、この終わり方は一見、幸せそうで後ろ向きな感じで、納得できず気持ちが晴れませんでした。


「エンディング~ねここや、ねここ」: 可愛がってくれた家族たちを愛し、その幸せを壊したものを恨むあまり魔物になって復讐のために生きながらえてきた一匹の猫のお話。

愛が強かったゆえに、失ったときの気持ちの行き場をなくし、憎しみへと向かってしまった哀しさ。
でもコンビニたそがれ堂のお兄さんのプライベートな一瞬を見ることが嬉しかったかも。

いつかお兄さんの話をも読んでみたいです。


お気に入り度:★★★★☆ (2009年12月3日読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

森見登美彦  「恋文の技術」

2009.11.20 *Fri
恋文の技術恋文の技術
(2009/03/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る

内容紹介(Amazonより)
一筆啓上。文通万歳!――人生の荒海に漕ぎ出す勇気をもてず、波打ち際で右往左往する大学院生・守田一郎。教授の差し金で、京都の大学から能登半島の海辺にある実験所に飛ばされた守田は、「文通武者修行」と称して、京都にいる仲間や先輩、妹たちに次から次へと手紙を書きまくる。手紙のなかで、恋の相談に乗り、喧嘩をし、説教を垂れる日々。しかし、いちばん手紙を書きたい相手にはなかなか書けずにいるのだった。
青春の可笑しくてほろ苦い屈託満載の、新・書簡体小説。




前略 森見登美彦様  
 いつもながら意表をついた切り口での書簡集、
 堪能させていただきありがとうございます。   草々

読んでいると無性に手紙を書きたくなりますね。
人の手紙を覗き見る快感も味わいつつ(笑)、彼の恋を応援しながらも変な方向に進んでいく彼の恋路にゲラゲラ笑い転げてました。
まさに恋文ならぬ「濃い文」!気持ちがこもっていれば、どんな手紙も愛しくなるんだな、と実感です。

能登半島の研究所へ出向くことになった彼がこの機会にと、世の女性を手紙一本で落とすための恋文の技術を身につけるため、文通三昧を始めるお話。
そして本一冊、まるまるその書簡集なのです。
親友から、天敵の女性の先輩、妹、小学生、そしてなんと小説家森見登美彦先生!などなど、相手は様々。
友達とのやりとりで不明瞭だったところが、先輩とのやりとりで明らかになったり、ひょんなところで小学生の子につながったり、もちろん森見先生も大活躍(笑)!
肝心の愛しの彼女、伊吹さんへの恋文は失敗を重ねるばかり。
その失敗書簡の変態振りったら!!


基本的に収められているのは彼本人の手紙のみ。
相手からの返信は無いんです。
それだけでよくココまでやれるものだな~と感心です。
あれよあれよの大文字山への集結がお見事。
笑った笑った。
でも、私が伊吹さんだったとして、あの失敗書簡集だったとしても、ずっと読んでいると結構心傾いてきちゃったりして・・・と思ったり(笑)。

森見先生の作品誕生にも、彼との手紙のやりとりが絡んできたりして森見ファンとしても楽しめました。

お気に入り度:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

【ま行の作家】の記事
→次



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。