This Category : 【は行の作家】

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

誉田哲也 「武士道エイティーン」

2010.03.18 *Thu
武士道エイティーン武士道エイティーン
(2009/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。最後の夏、ふたりの決戦のとき。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!わたしたちは、もう迷わない。この道をゆくと、決めたのだから。



とうとうエイティーンまできました!
セブンティーンで福岡に残ることを決意した早苗。
香織と早苗は別々の土地で先にすすみ続けるが心はしっかり繋がって。

そんな二人もいよいよ三年生。

 わたしたちは、もう迷わない。
 この道をゆくと、決めたのだから。
 急な上り坂も、下り坂もあるだろう。
 枝分かれも、曲がり角もあるだろう。
 でも、そんなときは思いだそう。
 あの人も、きっと同じように、険しい道を歩み続けているのだと。


ここまで主人公たちに恋愛が絡んでこないのに、まるで恋をしているようにドキドキする物語も珍しいのでは。
彼女たちの最後の一年。そしてその後は受験か就職か・・・。
また新しい道が彼女たちを待っている。

今回は本編の間に、早苗の姉・緑子と岡巧の話や、桐谷先生の過去のお話、吉野先生の武勇伝も入っており、楽しめます。
最後のインターハイ直前、早苗が怪我を負ってしまいます。このままでは早苗は香織と戦うことができない。そこで吉野先生がうってでた秘策とは?二人の絆を知ってる先生の温かい心遣いが嬉しいです。
二人の最後の戦いが対等な状態じゃないのはかなり残念でしたが、勝ち負けではない二人の戦い。
この日まで彼女たちが努力してきた日々を思い起こしてうるうるしました。
またきっとお互いベストの状態で戦える日が待っているのかも、なんて期待です。

戦えることが楽しくて嬉しい相手。
鍔迫り合いで無意識にも口元がゆるんでしまう相手。
そんな相手、なかなか出会えるものではありません。

香織の早苗にかけた言葉、「おまえはお気楽不動心で、剣道やってないとだめなんだよ。」
ぶっきらぼうでありながら、早苗を思う気持ちもいっぱい詰まったこの言葉が心に残りました。

三年間、剣道一色に染まった高校生活で、かけがえのない友情と絆、そして大きく成長した自分を手に入れた彼らが眩しかったです。

お気に入り度:★★★★★ (2010年2月23日読了)

追伸:おしゃれカフェのシーン笑えました。ちょっと前にスタバのメニューに「ほうじ茶ラテ」があったなぁ。あれなら磯山さんもいけるかも?!

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

東野 圭吾 「新参者」

2010.02.28 *Sun
新参者新参者
(2009/09/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。



あるひとつの殺人事件を追う課程で、様々な立場の人たちの人生に触れていく。
ひとつひとつのしがらみが解かれていくのと相反して、事件の謎は深みにはまっていきます。
ますますページをめくる手はとまりません。

人々の心のわだかまりを溶かしていった加賀刑事。

「刑事の仕事はそれだけじゃない。捜査だけじゃない。事件によって心が傷つけられた人がいるならその人だって被害者だ。そういう被害者を救う手だてを探し出すのも、刑事の役目だ。」

彼の言う、もうひとつの「被害者」の言葉が胸に響きました。

「洋菓子屋の店員」では涙が溢れました。

最後の最後まで裏方に徹するあたりが渋いです。
彼の大きな背中が見えた気がしました。

お気に入り度:★★★★☆
(2010年2月7日読了)

追伸: 阿部寛さんが主演でドラマ化決定なんですね!どんな加賀刑事になるのか楽しみです。

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (7)  TRACKBACK (5)  EDIT | 

初野晴 「初恋ソムリエ」

2010.01.29 *Fri
初恋ソムリエ初恋ソムリエ
(2009/10/02)
初野 晴

商品詳細を見る


「退出ゲーム」の続編です。待っていました!

弱小吹奏楽部に所属するハルタと千夏。
二人は一見いいコンビに見えるけど実はライバル。何のライバルってそれはもちろん「恋」!

というわけで今回もこの二人を中心に身近で起こった事件を解決していきます。
前回よりもおもしろさパワーアップ!ますますおもしろくなっていますね。

読んでる最中は千夏やハルタたちのやりとりがおかしくて声を出して笑っちゃうくらいなのに最後の最後でいつも胸に痛みが走ります。
今回は特に「アスモデウスの視線」と「初恋ソムリエ」の謎解きの裏に隠された真実にやられました。
各篇冒頭での「誰かの」独白。事件が解決したときにこの「独白」の意味するところがわかり、「すとん」と心の中に落ちてきて切なさが増しますね。


『スプリングラフィ』ではまたひとり癖のある登場人物が増えます。
なんと彼女はたぐいまれなクラリネット奏者なのにアンチ吹奏楽部なんです。
更に彼女は音楽家として大きな局面に立たされていて・・・。
音楽という好きな場も、プロを目指すとなると一転して戦場となる。
しかもたった一人でそれに立ち向かわなければならないんですね。
でもそんな彼女が千夏たちと触れ合うことによって心が少し軽くなっていく、そんな成長を見てみたいです。

『周波数は77.4MHz』では秘密のラジオ局の人生相談に、同級生が恋のライバルなんだけど、自分は社会学的にも不利だから、ライバルを引き離すためにちょっと汚い手に出たことを懺悔するリスナーが(笑)
このラジオ局、どこから誰が発信しているのか不明なんです。一方、吹奏楽部では部活の部費を手に入れるため、千夏たちは地学研究会の部長を追うはめに・・・。
高額な部費の支給を学校からあてがわれている地学研究室の裏に隠されたある秘密とは?
隠された真実の題材は重いのですが、救いの光があるから温かい一篇でした。


『アスモデウスの視線』
初のコンクールに向けて気合いの入る千夏たち。しかしいきなりつまずいてしまう事態が。
なんと愛しの草壁先生(吹奏楽部顧問、千夏&ハルタの恋のお相手)が過労で倒れて入院してしまったのだ!
実はライバル校の吹奏楽部の顧問の先生が謹慎処分となったため、ヘルプ要請を受け顧問の掛け持ちをしていたのです。考えられる要因のひとつが席替え。堺先生のクラスではこの一月で3回もの席替えが行われたという。いったいなぜ?

一ヶ月に席替えが3回。しかもその席替えの方法がとても奇妙。
いったい何でその必要があったのかをさぐるのは、いかにも謎ときっぽくて面白かったです。
真相が明らかになったとき、そこには本当に深い生徒を思いやる愛情に溢れていて、涙が出てきました。

『初恋ソムリエ』、これは四十年前にあった騙しあいの話であり、叶うことの無かった初恋の物語。
クラリネットの芹澤さん。卒業後はいろいろと確執のある家を出て、オーストラリアで暮らす伯母と日本で一緒に暮らすことに。その伯母が下見のためにやってきたのだが、なんと興信所に初恋の相手を探してほしいと依頼していた。その興信所の息子が初恋ソムリエの朝霧亨。
四十年たった今になって、なぜ伯母は初恋の人を捜そうとしているのか。いったい二人の恋はどんなものだったのか。

初恋研究会代表であり初恋ソムリエとなのる朝霧亨が登場するのですが、そもそも初恋ソムリエっていったい何?
思い出の味に隠された彼の思い、名前に込められた真実をしったとき、とても胸が切なく痛みました。
もうあの頃には戻れないけれど、真実を知ることができてきっと良かったに違いないと思いました。

冒頭での語りが今回は千夏なのですが、ハルタと交わす「ホタル」の話がとても美しく悲しくて心に残りました。

++++++++++++++++++

前半二篇は新たな仲間を迎えるための助走的な感じでさらりっと読めましたが、それに対して後半二篇は謎解きも深みがありましたし、隠されていた真実の重厚さがぐぐっと来ました。
キャラクターたちにすっかり愛着もわき、はやくも続きが読みたくなってしまいました。
次はもしかして3年生?
楽しみです。

お気に入り度:★★★★★
(2010年1月26日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (6)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

初野晴 「退出ゲーム」

2010.01.28 *Thu
退出ゲーム退出ゲーム
(2008/10/30)
初野 晴

商品詳細を見る

【内容】
チカは高校一年生、部員12名の弱小吹奏楽部に在籍。ハルタはチカの幼なじみ、まるで女の子のように整った顔立ちで、同じく吹奏楽部員。二人揃って、顧問の音楽教師・草薙先生(男)が初恋の人なのだが……。(Amazonより)



四編からなる連作短編集。
まったくタイトルからは内容の想像がつきませんでした。
米澤穂信の「古典部シリーズ」のような、高校を舞台に生徒や先生が日常に潜む小さな謎を解いていくお話です。

千夏とハルタは高校一年生。

元気いっぱいのハリキリガール、千夏。
小柄な美少年、上条春太(ハルタ)。

この二人をメインに話は進みます。

二人はいずれ恋に落ちちゃうの?
いえいえ、だって二人は恋のライバルなんです。しかも相手は・・・ね(笑)!

そんな千夏とハルタの恋のライバル争いにぶふふっと笑いながらも、謎が解ける度に胸が熱くなりした。
特に「エレファンツ・ブレス」は格別でした。「象の寝息」という色の名前だけが残り色見本が存在しない謎の色。その色に込められた長きに渡る悲しく辛い記憶・・・。大切な人を救うためには人は強くなれるんだな、と思いました。

一方、「退出ゲーム」では最高に笑いました。ガチャピン最高です。

読み進めば進むほど彼らと一緒にいたくなる一冊でした。
続編楽しみです。

お気に入り度:★★★★☆   (2009年3月30日読了)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (6)  TRACKBACK (3)  EDIT | 

誉田哲也「武士道セブンティーン」

2010.01.09 *Sat
武士道セブンティーン武士道セブンティーン
(2008/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
早苗は成績重視・結果主義の剣道強豪高へ、香織は個人主義から部に忠義を尽くし始める。ふたりの武士道の時代(研究中)が幕を開けた―。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、正面打ち二本目。



武士道シックスティーンの続編。
前回、別の道に進むことになった香織と早苗。
高校二年生に進んだ二人はそれぞれどんな毎日を、どんな思いで過ごしているのか気になるところです。

前作で、全く違った剣の道を通ってきた二人の思いが、まるで磁石のプラスとマイナスのように引かれあって、本当の同志になれた、と思ったときに降ってきた別れ。
福岡へ行くことになった早苗を見送りにきた香織。剣道は続けるんだろうな、という香織に、実は剣道名門校への転入が決まっていた早苗は事実を伝えられず、やめちゃうかも、なんて衝撃的な一言を残して旅立ってしまうところから始まります。

前作では、自分の目指す武士道が見えなくなり悩んだ香織ですが、二年生になり後輩もでき、早苗という同志がいつも心の奥にいることもあって、いい感じに成長していっていて、何だか我が子を見守る母親のような気持ちになりました。

一方、今度は早苗に迷いや戸惑いが生じます。新しい剣道部の方針が全く自分とは合わないこと、自分にとってどれだけ香織たちと過ごした日々が楽しかったかを思い知るのです。剣道を楽しみながらやってきた早苗にとって、勝負のためだけの剣道、楽しむことなんて全く考えることも許されない中に入っていってしまうなんて酷ですよね。
でも、その辛さの中からも自分の目指す剣の道をしっかりと見いだしたとき、早苗はとてつもなく強く成長していくんだろうな、と思いました。

そんなわけで、今回は前作よりも若干、重い空気が漂うものの、読み終わったときにはこれぞ青春!といった爽快感と充実感、そして純粋に感動を覚えました。

最後の二人の会話、良かったな。

早苗の高校のへんてこりん顧問。実は理解ある良い先生だ。お友達のレナも昔の香織以上の勝負にこだわる人だけど、やっぱりいい子だ。
それにただただ怖いだけだった(笑)早苗の姉も今回いい名言を残してます。

冒頭で述べられているように別々の道を歩み始めたが、それは同じ大きな道の、右端と左端なのだ、という言葉がぴったり当てはまる二人でした。

お気に入り度:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

誉田哲也 「武士道シックスティーン」

2009.11.27 *Fri
武士道シックスティーン武士道シックスティーン
(2007/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
「ようするにチャンバラダンスなんだよ、お前の剣道は」剣道エリート、剛の香織。「兵法がどうたらこうたら。時代錯誤もいいとこだっつーの」日舞から転身、柔の早苗。相反するふたりが出会った―。さあ、始めよう。わたしたちの戦いを。わたしたちの時代を。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、正面打ち一本。



この少女たちと同様、剣道少女だった時代があります。
二度と繰り返せないと思うくらい稽古は厳しかったけどとても充実していた時期でした。
辛いからこそ仲間たちとの絆がとても強かった。
今でも、毎年現役の後輩からOBに通信が送られてくるのですが、今年の部員数を見て見間違いかと思って読み直してしまいました。ほんの数人しかいない・・・・・もしかしたら来年あたりから存続が厳しくなるのではと、とても悲しく思っていました。

そんなとき「読書メーター」で知ったのがこの「武士道シックスティーン」。
いまどき剣道部が舞台で、しかも結構好評を得ているなんて!と嬉しくなって手に取りました。

剣道の防具や竹刀の可愛いイラスト解説。(知らない名称もいっぱい)
なんと本についている紐のしおりが紅白2本。剣道のタスキ(試合のとき胴紐につけます)の紅白と一緒。本の装丁からテンションがあがりました。

勝つためには手段を選ばないツワモノの磯山香織と、日本舞踊から剣道の道へ、勝つことより剣道そのものを楽しんでいる西荻早苗が出会った事から物語は始まります。

もうこの香織という子は、剣道推薦で高校行くほどのツワモノだから当たり前とはいえ、いかに相手の弱いところ、隙を見つけて叩きのめすかばかり考えていて、プライドも変に高くなってしまって、
剣道の技術面はすごいけど精神面ではいったいどーなの!?という女の子。一緒に稽古したくないタイプだわ(笑)。
そんな彼女の前に、のほほ~んと自然体で立ちはだかったのが早苗。相手の動きをゆっくりじっくり見て、剣筋や間合いを楽しんだりしんでいる少女。勝ちたいという欲がびっくりするほどなくて、せっかくいい素質持ってるんだからもうちょっと欲出していこうよ!という感じの素直な子。うんうん。一緒に稽古したい~(笑)。

この正反対の二人。
足して2で割ったら日本一の剣士になれるんじゃないの?!という二人が出逢って、近づいたり離れたりしつつそれぞれの影響を受けて成長していくんです。
剣道一筋で勝つために卑怯な手も使う香織。彼女がこうなったのにも実は理由があって。
悩みのなさそうな早苗。でも実は彼女も家庭の事情を抱えてて。
それぞれが痛みを感じ、挫折したりぶつかったり、本当に「青春」そのものです。

勝つことは大事。でもそれが一番じゃない。大切なのは好きなことを好きなように楽しむこと。そこに勝利がついてくればいい。

小柴先生や香織のお兄さんの温かさがじわっと胸に染み渡りました。

剣道なんて地味な題材大丈夫?と思ったけど、本当に魅力的に描いてくれていて、これを読んで剣道部に入りたい!って少年少女が増えてくれたら嬉しいです。

お気に入り度:★★★★☆

追伸:読んでいると竹刀を握りたくなってきました。もう一度生まれ変わっても剣道部に入るかって?う~~~~~~~ん、テニス部に入っちゃうかも(笑)。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 人気ブログランキングへblogram投票ボタン
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (6)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

東野圭吾 「パラドックス13」

2009.08.25 *Tue
パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


【内容】
運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?
13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。生き延びていくために、今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!
張りめぐらされた壮大なトリック。論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。(Amazonより)



P-13現象。
3月13日13時13秒から13秒間。
時間が飛ぶ現象。

犯人を追っていた刑事、冬樹が目を覚ますと世界から人も動物も消えていた・・・。
その世界に何故か生き残った13人のサバイバルストーリー。
過酷な状況ながらも、息をつかせない展開と会話が中心なのであっという間にすいすい読めました。

生き残った人たちの中に警察官である兄弟がいるんですが、この兄弟のギャップがいい味だしてました。
兄、誠哉の、驚くほどの冷静さ。
そして正義感、人としての感情を優先する弟、冬樹。

生きていく希望や目標が見出せない中、過酷な環境で生きていく気力を持つことの難しさを感じました。
誠哉のように、アダムとイブになる覚悟まで考えるなんて私にはできないな~。

生き残った13人が皆、なんだかんだいってとても良識的な人達ばかりだからというのもそこまで重くなならなかった理由かも知れません。

ラストの展開はエンターテイメント作品としてはいいと思うのですが、描写が不十分で消化不良気味です。
せめて一ヶ月後のパラドックスの影響が明らかになる日まで描いて欲しかったです。

お気に入り度:★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へblogram投票ボタン
《↑↓ 参加中です。ぽちっとしていただけると励みになります》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

【は行の作家】の記事
→次



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。