This Category : 【た行の作家】

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

高楼方子 『十一月の扉 』

2010.06.11 *Fri
十一月の扉 (新潮文庫)十一月の扉 (新潮文庫)
(2006/10)
高楼 方子

商品詳細を見る


中学二年生の爽子。
ある日双眼鏡で素敵な白い家を見つけて自転車を漕いでそっと訪れます。
爽子の心の中に眠っている何かを呼び覚ましてくれるような素敵な一軒の洋館。
急に東京へと転校することになった爽子は、その家に下宿したいと親に申し出ます。
そして2ヶ月間、爽子は家族と離れて十一月荘と名付けられたそのお屋敷ですごすことになるのです!

オーナーの閑さん、建築士の苑子さん、馥子さんとその娘さんで小学生のるみちゃん、閑さんに英語を習いにやってくる謎の少年、耿介。素敵な文房具屋さんに、賑やか過ぎるお隣のマダム、美味しいジャムにパンケーキ!

そして素敵な一冊のノートとの出会い。ドードー鳥が飾られたそのノートに、爽子は十一月荘の住人達を動物になぞらえて、ドードー森の物語を紡ぎはじめます。

転校を前に不安でとげとげしていた爽子の心を、十一月荘での穏やかな暮らしがゆっくりと甘いはちみつのように溶かしていきます。
ドードー鳥の物語がどんどん創り出されてノートが満たされていくのと同時に、爽子の気持ちも満たされていくのです。
素敵な楽しい物語はちょっと見方を変えればそこにもここにも転がっている。
普段、私たちはバタバタしていて見逃してしまうけれど、十一月荘の暮らしが爽子にそれを見つける術を自然と教えてくれたのですね。

感じ悪い!と思いつつも惹かれていく耿介への淡い想い。
将来への不安、離れたくない、東京へなんか行きたくない、お母さんなんか嫌い、様々な思いを抱えた爽子でしたが、十一月荘の人たちと話すことで、未来へ向かう勇気、生きることの楽しさ、様々なことを見て吸収し、そして成長していきます。
たった二か月の生活が少女を大きく変えていきます。

ラストの潔さも良かったです。

その後の爽子が気になっていた私。
文庫版のあとがきの「耿介からの手紙」。
高楼方子さんの大学生時代の作品を読んだ斎藤惇夫さんがお書きになっています。
三十年後の耿介からという設定です。こちらもとても良かったです。

温かく懐かしい気持ちと同時にとても切なく胸に響く作品でした。
この気持ちを忘れないよう、ときどき手にとって読みたい一冊です。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年4月28日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

天童荒太 「悼む人」

2010.03.19 *Fri
悼む人悼む人
(2008/11/27)
天童 荒太

商品詳細を見る


天童さんの作品を読み始めるにはかなりの気合が必要。
でも読み始めると止まらないです。

人が亡くなった場所を訪れ、ただ「悼む」青年。
彼は何故悼む旅を続けているのか。何のために。誰のために。

亡くなった人がどんな人であれ、その人たちが誰に愛され、誰を愛し、どのように感謝されてきたかを心に刻み忘れないようにする。
ただそれだけなんです。
それを鬱陶しく感じる遺族もいる。しかし、彼が覚えていてくれることを感謝する人もいる。
どんな悲しい死でも、孤独な死でも、たとえ愛する家族に見送られた死でも、人はどんどんその死を忘れていく。
彼はただそれを忘れずに覚えているだけ。それが彼の悼み方。

そんな彼の生い立ちや思い、彼に偶然出会った人たちの変化を細やかに描いていきます。

人間の醜さに焦点をあてた記事を得意とする記者。
夫を殺して服役していた妻。
病に侵されている悼む人の母親。

この三人の視点で物語は語られていきます。

「悼む」ことが何になるかなんて、彼自身もわからないんです。
自分にとってそれがどういうことなのか、それを知るためにも彼は「悼む」ことを続けていきます。
最初はそんな彼の行動に、読んでいる私自身も戸惑いました。
でも読んでいるうちに彼と一緒に考え、悩み、いつしか彼を応援している自分がいたりして。

彼の母親の人生を生ききる強さが美しかったです。
記者・蒔野の父親のエピソードにも涙が止まりませんでした。

彼の旅が必要かどうかなんて、実際に「死」と直面しないと分からないんですよね。
とても難しい題材でした。
死と向かい合うことは同時に生きるということにも向かい合っている。
死を通して愛を知る物語でした。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年2月10日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

辻村深月 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」

2009.11.29 *Sun
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
(2009/09/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
“30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。あの“殺人事件”が起こるまでは…。辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。


辻村さんの作品はまだ2作目。前回は学園ホラーだったので今回のテイストが余りに違っていて驚き。でもこの人の作品は、好きか嫌いかは別として、読んでいる人をぐいぐいとその世界に引き込んでいって不安にかられてページをめくってしまう、先を読まずにはいられない力を持っていると思う。

冒頭から謎の事件。謎の失踪。それを追う友人。
失踪した友人を探していくうちに、友人だけでなく、自分の心の闇もどんどん明らかになっていく。

都会と地方。
結婚と出産と独身。
若さと老い。
母と娘。
愛情と友情。

30代を迎えた女性ならきっとこの中の誰かに自分を重ねて辛くなることがあるのではないでしょうか。
殺人事件がベースになっているのでその真実を探るというサスペンス要素が中心でありながら、ページを追うごとに色濃くなっていくのは目を背けたいような現実味の強い内面的な暗闇や哀しみばかり。

女性による、女性のための、女性の物語。
同じ女性でありながら、読んでいて女性である自分がちょっと怖くなる。

タイトルの意味・・・・これは反則だ。
やりきれない悲しみがこみ上げて来て涙が止まらない。

お気に入り度:★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

辻村深月 「冷たい校舎の時は止まる」

2009.08.05 *Wed
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


【内容】(「BOOK」データベースより)
雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。第31回メフィスト賞受賞作。



主人公の一人と作家が同じ名前って、どういうこと?
中原みすず「初恋」パターン?
と、いきなりちょっとびっくりな感じで始まりました。

青春ミステリーかと思ったら、かなりホラー要素が強いです。
学校というシチュエーションだけでも怖いのに・・・。
階数が増えたり、石膏人形がでてきたりとか、「うる星やつら」の名作「ビューティフルドリーマー」を思い起こしました。

学校に閉じこめられた八人。
学祭の日に自殺した生徒の記憶が何故か取り戻せない彼ら。
もしかして八人のうち誰か一人が自殺したのか?


「お も い だ し た ?」

だから怖いんですってば!

八人それぞれの心の闇が重なって更に怖いです。
怖くて続きを読まないと落ち着かなくて。

きっと誰もが抱えたことのある心の奥の繊細な部分とミステリーホラーが合わさり楽しめました。

ラストは予想通りだったかな~。
読み終わってみると意外とあっさり。
漫画を読んでるみたいな感じでした。

お気に入り度:★★★☆☆  (2009年2月17日読了)

にほんブログ村 本ブログへblogram投票ボタン
《↑↓ 参加中です。ぽちっとしていただけると励みになります》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たかのてるこ 「モンキームーンの輝く夜に」

2007.10.14 *Sun
モンキームーンの輝く夜にモンキームーンの輝く夜に
(2003/03)
たかの てるこ

商品詳細を見る



<内容>
“日本で一番面白い旅人”たかのてるこが28カ国を旅した末に、ラオスで見つけた最愛の男は、サル顔の自然児だった!?運命?勘違い?この恋、どうなる??笑いと涙のハチャメチャ恋愛亡命記。 (Amazonより)


今度はラオスです!
ラオスって?名前は聞いたことがあるけどはて?という感じだった私に、とってもユルユルなラオスの人々は何とも読んでるこちらの気持ちまでユルユルとほんわかさせられちゃうものでした。
はい、そしてまたまたここでも彼女は恋に落ちるんです!
それも、日本にお持ち帰りしたいと本気で思えるほどの恋に!
(またまた彼女には日本に恋人が居るのですが・・・)

今回は旅行記というより完全恋愛エッセイ色が強くなっています。
リアルだからドキドキ面白い。幸せなってほしいと思いつつも、ラオスの人が抱える隠された事情などを知るうち、果たして著者は本当に責任を持ってこの恋を全うできるのか心配になったり・・。

旅の先々で恋に落ちる彼女はすごいですね・・・しかも結構短期間ですし・・・。何だか気持ちはわからないでもないけどやっぱり自分には起こりえないような感じです。彼女の情熱とその情熱のままに突っ走る姿にはあっぱれって感じですかね。でも個人的にはもうちょっとシノヤン家族以外のラオスの姿をもっといっぱい見てみたかったかな。

お気に入り度:★★★☆☆
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たかのてるこ 「モロッコで断食」

2007.10.14 *Sun
モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)
(2004/02)
たかの てるこ

商品詳細を見る



<内容>
モロッコ王国を旅するうち、ある日突然始まったイスラムの摩訶不思議なイベント“断食”。日が昇っている間は水もだめ、煙草もだめ、食事なんてもってのほか!空腹のまま彷徨い続けた後に辿り着いたのは、心優しきベルベル人の村だった。秘境の村で落ちた恋の行く末は!?スリルとサスペンスと笑いに満ちた“愛の断食”紀行エッセイ第三弾。 (Amazonより)



たかのさんのモロッコ旅行記は「サハラ砂漠で王子さま」が前編で、こちらが後編です。
愛しの王子様と別れ、マラケシュに戻った彼女を待っていたのは「断食」だった!彼女も断食に参加したことにより、今までぼんやりとしか知らなかったイスラムの教えや習慣、そして今までよりも一層深くモロッコの人たちと関わり旅を続けていく彼女の姿は相変わらずパワフルです。
そして彼女はあるモロッコ人の男性と出会い、彼の生まれ故郷のベルベル人の村へと向かいます。そこに待っていたのは温かな家族と運命の恋だった!ってまた恋に落ちちゃったんですかい!と思わずつっこみたくもなります(笑)。だって、つい先日王子様にお別れしたばかりじゃ・・・あれ、そもそも日本に彼もいなかったっけ?

前半は面白ろあったか旅行エッセイ、後半は思い切り恋愛モード。
テンポよくまたまたイッキ読みでした。読み終わった後温かい気持ちになれます。さてさて彼女の恋の結末は?


余談ですが、たまたま先日イスラム圏(といってもリゾートなんですが)から帰ってくる帰りの飛行機でこの本を読み始めたことをかなり残念に思っています。お恥ずかしい話、お酒がダメとか女性は余り露出しちゃだめ、とかその程度の知識しか持っていなかった私・・・この親切さは本物なのかチップ欲しさかわからず戸惑ったり、いい思いもすれば嫌な思いも多少したりもしましたが、この本を読んでおけばもうちょっと違った視野で物事を見て現地の人と触れられたかな、と。まぁ、そこまでの勇気や積極性は持ち合わせていない私ですのでどうかはわかりませんが(^^;

お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

たかのてるこ 「サハラ砂漠の王子さま 」

2007.10.14 *Sun
サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫)サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫)
(2004/02)
たかの てるこ

商品詳細を見る

<内容>
ヨーロッパを駆け抜け、サハラ砂漠を目指してアフリカへ。しかし、憧れのイスラムの国モロッコへ足を踏み入れた途端、次々と襲いかかってくる髭面の男たち!思わぬ貞操の危機に「女はつらいよ…」と呟きつつも、今度は砂漠を徒歩で突き進む!!過酷な大自然で絶対絶命の危機を救ってくれたのは!?痛快ハチャメチャ紀行エッセイ第二弾。 (Amazonより)



はじめに、旅は格闘のようなものかもしれない、と著者が言っています。確かに初めて行く場所はもちろん、何度か訪れたことがあるところを再訪してもその都度予想もしなかった出来事や出会いが待っていたりするものです。

彼氏あり、大学卒業間近の彼女は卒業旅行として映画で見て憧れていたモロッコへ向けていざ出発!フランス、スペインと経由してモロッコへと入った彼女ですが、行く先々で様々な出会いを重ねます。

これって実話?エッセイ? フィクションじゃないの?!って疑ってしまうくらい本当に面白い(当人は必死なのかもしれませんが)事件が次々と降りかかり・・・どきどきしつつも笑える笑える。
彼女と同様、モロッコという国をよく知らない私としてはイスラムの世界の知らなかった側面や人の温かさや女一人旅のつらさなど、まるで自分が旅をしてるような気分に浸れました。

そしてとうとうサハラ砂漠へ!そこで彼女は素敵な素敵な王子様に出会い恋に落ち・・・。

可愛い子には旅をさせろ、とはよく言いますが、この本を読んでいると学校で学べない様々なものを、国を超えた人と人との繋がりを、数え切れないほど多くのものを著者は見ることができたんだな、と感じます。旅を通して広い視野を持つことができるようになれたら素敵なことですよね。

それにしても旅先で著者が触れあった多くの人達の明るさには元気をもらいました。何だか無性に旅に出たくなる、そんな本でした。


お気に入り度:★★★★☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

【た行の作家】の記事
→次



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。