This Category : 【か行の作家】

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

角田光代 『八日目の蝉』

2010.06.12 *Sat
八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。



不倫相手の赤ちゃんを誘拐し逃亡する女性と、誘拐された子供の話。
これだけ聞くとなんて悪い女、となるのですが、ここに至るまでには彼女もとても苦しみます。
愛した相手の裏切りはもとより、泣く泣く諦めた命のことを彼の妻に馬頭されるなど、読んでいて苦しくて苦しくて。

赤ちゃんを一目みた瞬間、愛しくて愛しくて思わず抱いて逃げてしまった希和子。
一度抱いたその柔らかさと温かさを彼女は手放せなくなるんですね。
薫と名付け大事に育てます。
はたから見ると事情はあれども普通に仲の良い親子。
でもいつまでこの幸せは続くのか。
突然子供を失った両親はどんな気持ちだったのか。

ページをめくる手は止まりません。

蝉は七日間で死んでしまう。
でももし自分だけ八日目まで生き残ってしまったら。
八日目の蝉になってしまったとき、どう生きていけばいいのか。
そこに見える世界は天国なのか地獄なのか。

いろいろな母親のかたち、愛情のかたち、憎しみの形を見せられました。
それは決して透き通った美しいものばかりではなかったけれど、こうも強い愛情があるのかと惹きこまれました。

成長した薫が、十七年前に希和子が叫んだ最後の言葉を思い出し、彼女が失っていた人生の色が押し寄せてきたとき、涙を抑えることができませんでした。

常識的に考えれば許されないことなのに、誰も憎むことができなくて。
読み終わったときにはそれぞれの不器用さが愛おしく思えるくらいでした。

いつか二人が見つめる瀬戸内の海の煌めきが交わることがありますように。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年5月7日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

紺野キリフキ 『ツクツク図書館』

2010.03.29 *Mon
ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/02)
紺野 キリフキ

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
つまらない本しか置いてない、ツクツク図書館。職員も建物もへんてこぞろい。弱気な館長、運び屋、語学屋、戻し屋ちゃん…そこにある秋、ひとりの着ぶくれ女がやってきた。女は働かないで、わがまま放題。だけど、図書館にある“伝説の本”の話を聞いて…?奇妙でかわいくってクセになる。キリフキワールド、いざ、開幕。



つまらない本しか置いていない不思議な図書館。
洋館を改造したこの図書館には、不思議な小部屋がいっぱい。

夜の押入の部屋とか、ねじの部屋とか、

ここでは不思議な職種の人たちが働いています。
語学屋に戻し屋に運び屋に何ともシャキッとしない館長。
新入りの女性の仕事はただ本を読むこと。


感動とは無縁の作品ですが、優しかった昔の飼い主のために本を読むギィの話は心にきゅっときます。
「足跡のしおり」も何とも可愛いのです。

とにもかくにも変な人がまきおこす変なお話。
意味があるのかといわれると全く無いかもしれません。
でも、変な会話が繰り広げられる独特の世界をひたすら楽しんじゃうと癖になってくる作品かも。

なんだか心の片隅にしっかりと居場所を構えてしまったような不思議な作品でした。
お時間が余ってましたら一度お試しあれ。

お気に入り度:★★☆☆☆ (2010年2月23日)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

近藤史恵 『ヴァン・ショーをあなたに』

2010.03.28 *Sun
ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)
(2008/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルのスタッフは四人。二人の料理人はシェフの三舟さんと志村さん、ソムリエの金子さん、そしてギャルソンの僕。気取らない料理で客の舌と心をつかむ変わり者のシェフは、客たちの持ち込む不可解な謎をあざやかに解く名探偵。近所の田上家のスキレットはなぜすぐ錆びるのか?しっかりしたフランス風のパンを売りたいとはりきっていた女性パン職人は、なぜ突然いなくなったのか?ブイヤベース・ファンの新城さんの正体は?ストラスブールのミリアムおばあちゃんが、夢のようにおいしいヴァン・ショーをつくらなくなってしまったわけは?…絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ。



今回もメニューを開いたとたんに美味しそうな物語たちが並んでいます。
小さなフレンチビストロ「パ・マル」に舞い込む小さなミステリーと美味しい料理たち。
ワイン片手に読みたくなる一冊です。

今回は少し辛口な物語が多めだったかな。
でも「パ・マル」の人たちの温かさはそんな雰囲気も優しく包み込んでしまうものがあって。

食に関するほんの小さな発言や行動が真実を見抜くきっかけになる。細やかな描写に驚かされます。

「メロンパン」の話は大切な人を思いやる心が切なかったです。

「マドモワゼル・ブイヤベース」では、なんと三舟シェフに恋が絡んできて!
一番縁遠そうでいて、実は恋に落ちたらとことん熱い男になりそうな三舟シェフが垣間見れて面白かったです。

いつもはギャルソンの「ぼく」視点で語られるお話ですが、「氷姫」以降の3篇は客が語り手となっています。
「天空の泉」では三舟シェフの昔のエピソードも。

表題の「ヴァン・ショーをあなたに」もシェフのフランスでのお話です。
市場のおばあちゃんが作る絶品ヴァン・ショー。
おばあちゃんはもう作らないという。いったいなぜ?
飲んでくれる人の喜んでくれる笑顔を見ることが一番の幸せ。
料理でも同じこと。
笑顔が見たい、そう思いを込めて作るものには、どんなスパイスもかなわない。最強の調味料となるんですね。
素敵なお話でした。

次回はどんなメニューが差し出されるのか、楽しみです。


お気に入り度:★★★★☆ (2010年3月10日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

近藤史恵 「タルト・タタンの夢」

2010.03.21 *Sun
タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
(2007/10)
近藤 史恵

商品詳細を見る

【内容】下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。風変わりなシェフのつくる料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな名シェフは実は名探偵でもありました。常連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか? 甲子園をめざしていた高校野球部の不祥事の真相は? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?……絶品料理の数々と極上のミステリ7編をどうぞご堪能ください。 (Amazonより)


小さなフレンチビストロが舞台の連作短編集。
その名前はビストロ・パ・マル。
ちょっと無愛想なシェフの作り出す絶品料理と、三人のスタッフたち、そして訪れる様々な客たち。

客たちが皆、ベストな状態でうきうきと店を訪れるわけではない。
それぞれにいろいろな事情を抱えていて。
そんな彼らの小さな異変を見逃さないのがここのスタッフたち。
客が持ち込むミステリーをいったい彼らはどう調理するのか。
心のこもった美味しい料理が謎とともに彼らの心もとろけさせる。

こんなお店を知っていたら素敵。
みんなの気配りが本当にさりげなくて温かい。

フレンチを食べにいきたくなるのでお腹が空いているときに読むのは要注意ですね!

「オッソ・イラティをめぐる不和」
「ぬけがらのカスレ」
「割り切れないチョコレート」

この三編が特に好きです。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年2月23日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

海堂 尊 「極北クレイマー」

2010.02.26 *Fri
極北クレイマー極北クレイマー
(2009/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
財政破綻にあえぐ極北市。赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、医療崩壊の現場を再生できるのか。


「螺旋迷宮」「ジーンワルツ」も絡んでくるからそちらを読んでからがいいですよ、と教えてもらっていたのに先に読んでしまいました。
でも十分に堪能しました!

赤字を抱える問題だらけの北海道・極北市民病院。
その現状たるや、読んでいるだけでもし自分の近くにある病院がここだけだったら即座に引っ越す!というくらいの悲惨な状況。
大学病院医局から左遷状態でそこにやってきたのがちょっと冴えない大柄な今中医師。

強烈な環境に加え、まともな医療体制も築けていない、築こうという意志すら見えない病院の面々。
まともに働いているのは産婦人科の三枝部長と並木看護師くらいなのです。

皆自分のことばかり考えていて、いったい誰が本当に信頼できる人なのかわからない状況の中、今中先生は地道に業務をこなしていきます。
そんな中突如舞い降りる雪の天使のごとく現れたのが、姫宮嬢!
皮膚科医となって登場だなんてやってくれますね。
相変わらずマイペースな姫宮は、この悲惨な環境下の病院や強烈なスタッフたちを目の当たりにしても全く動じません!
それどころかどんどん自分のペースに皆を巻き込んでいき、あれよあれよの大活躍。
病院に立ち直るきっかけを与え、疾風のごとく去っていきます。

しかしそんな順風満帆というばかりではありません。
三枝部長の妊婦死亡による医療事故問題、謎の医療ジャーナリストの暗躍、病院の評価機構の視察など次から次にいろいろな問題が降りかかります。

そんな問題山積みのこの病院ですが、やっぱり必要としている人がいる。
みんなが少しずつ変化し、成長していきます。
病院の状態も少しずつですが変化していって。

冴えなかった今中先生がいつの間にかちょっと素敵に見えてきました。
いけすかない後藤研修医の変化が一番大きかったかな。

病院を運営していくことの難しさ、地方財政との絡み、医療訴訟など、生きていくうえで欠かせない問題なのに普段なかなか考える機会はなかったことについていろいろと考えさせられました。

まだまだ課題は山積みのまま。
今後の極北市民病院もいつか見てみたいです。

(速水さんがちょこっと登場したのが嬉しかったな)

お気に入り度:★★★★☆
(2010年1月27日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

門井慶喜 「おさがしの本は」

2010.01.13 *Wed
おさがしの本はおさがしの本は
(2009/07/18)
門井 慶喜

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
簡単には、みつかりません。この迷宮は、深いのです。生まじめでカタブツの図書館員が、お手伝いいたします。極上の探書ミステリー。



公立図書館のレファレンスカウンター担当司書が主人公のお話。
大崎梢さんの「配達赤ずきん」など、本にまつわる謎とき、さらに図書館が舞台とあっては期待に胸が膨らみます。

主人公の青年・和久山隆彦はN市立図書館に勤めて九年目。レファレンスカウンター担当になって四年。
彼のところには老若男女問わず、簡単な質問から無理難題まで様々な質問がやってくる。

謎解きと見せかけて、実は謎に隠されたエピソードに重点が置かれていたりするものですが、こちらの作品は結構謎そのものを説いていく方に重点がある感じがしました。しかも結構マニアックな謎だったりして。でも本好きなら楽しめるかな、と思います。


最初、この主人公の隆彦が何だか質問にくる利用者を小馬鹿にしてる感じが否めなくて鼻持ちならない感じがしましたが、いたって真面目すぎるほど真面目で堅苦しい性格ということで納得。でもあなたみたいな人がカウンターにいても質問しずらいよ~と自分も一利用者になってつぶやいてしまいました。

そんな謎解きの連作短編で終わるのかと思いきや、いきなり図書館そのものの存在を否定する館長就任により図書館存続の危機に。
図書館存続のために彼がひとはだ脱ぐことになるのですが結果はいかに。

実際、図書館の予算は削減されがちだったり、深刻な問題も存在しますが、描かれ方が極端で「図書館は廃業のきわみ」とまでの言われ放題にちょっとそれはいくらなんでも、と一人つっこみをしてしまうくらい。
更にその館長さん、主人公よりも断然本について博識だったりするから違和感いっぱい。だって、図書館や読書の重要性を十分に認識してそうなんですもの。政治はそんな簡単なものじゃない、ということを強調したかったんですかね・・・。
図書館の良さや必要性がもう少し柔らかく伝わってくるともっと良かったかな、と思います。

最終的な彼の行き先も含め、かなりしっくりこない部分もありましたが、全体的にはさらりと読めました。

図書館の必要性と行政との関係などについて考える良いきっかけになりました。
図書館のない世界なんて、個人的には耐えられそうもありませんから・・・。

また、レファレンスカウンターの存在を知らない方というのが結構いらっしゃるので、こういった小説で触れて、実際利用してみようかな!と思うようになったらいいな、と思いました。

お気に入り度:★★★☆☆

《↓ ぽちっと応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

北村薫 「玻璃の天 」

2010.01.01 *Fri
玻璃の天 (文春文庫)玻璃の天 (文春文庫)
(2009/09/04)
北村 薫

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑むベッキーさんシリーズ第二弾。犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る「玻璃の天」の三篇を収録。



ベッキーさんとお嬢様シリーズ第2弾!
昭和初期の東京、名家のご令嬢に謎の女性運転手ベッキーさんが、日常に潜む謎を一緒に解いていくこのシリーズ。
まだまだ女性が社会に出ることが厳しい時代、生活格差、進む近代化、これから数年後に起こる悲しい戦争などを背景にしているからか、常にどこか切なさが漂うこの感じが作品をより重厚なものにしているのでしょうか。読み終わるとずっしりと重みを感じます。それだけ本の世界にのめり込めているのかもしれません。

今回は友人・内堀百合江さんの恋騒動から始まります。
ある「生きている人間の死亡広告」から内堀家の内部断絶が始まったのですが、百合江さんは敵方のご子息と恋に落ちてしまったのです。
正に昭和の「ロミオとジュリエット」。
真相をさぐるうち、隠された悲しいひとつの恋にたどり着きます。

そんな中、思想家の段倉、通称「荒熊」という男が現れるます。その男の影響力は強大で死人も出ているほど。
また、叩き上げの軍人、若月との出会いも。

謎解きと平行して実はもう一つの大きな大きな事実がひとつ明らかになっていた『幻の橋』。第三篇の『玻璃の天』を読んだあと読み返すと、勝久さんとベッキーさんの最後の車の扉のやり取りの重みが衝撃となって返ってきました。


ウェブスターのあしながおじさんの本をきっかけに友人になった綾乃さん。お琴の名手でもある彼女がある日失踪する。どこへ行ってしまったのか。残された暗号をとくことができるのか。
お琴の唄に秘められた真実とは・・・(『相夫恋』

兄弟でやりとりする会話も雅な内容でうちでは考えられないようなものばかり。さすがです。

物語中で登場する昭和の街の様子も読みどころのひとつですよね。
ミートクロケット、当時の百貨店、何もかもが新鮮で輝きに満ちているような情景が浮かんできます。
国会図書館の場面が出てきたのも印象的。昔は好きな本を読むことすら難しい時代だったのですね。

そして第三篇の『玻璃の天』
資生堂パーラー大財閥の息子でやり手の末黒野と友人の建築家乾原を見かける英子。
彼らとは意外な再会の場が待っていて、それをきっかけに英子は乾原が建てた末黒野の新居の披露パーティに出向くことになります。
そこにはあの「荒熊」こと思想家・段倉も来ていたのですが、彼は天井のステンドグラスから転落するという謎の事故死をとげます。彼は本当に事故死だったのか。

その謎をといていくと、そこにはベッキーさんの素性につながる真実が隠されていて、それはとても苦しくて、時間を巻き戻してすべてをやり直したくてもどうしようもなくて・・・

ベッキーさんの抱えてきた痛みと、それを知ったお嬢さま・英子の受けた痛み。
それは忘れてしまえばいいというものではなく、きっと一生抱えていくものだからなおさら辛い。でも生きていくしかない。強く。
ここにベッキーさんの強さの秘密があったのかもしれません。

まだまだ明らかになることもあるのでしょうか。

軍人の若月さんとお嬢様の行方も気になるところです。

お気に入り度:★★★★☆


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ
《↑↓ 応援していただけると励みになります☆》
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

【か行の作家】の記事
→次



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。