This Category : 角田光代

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

角田光代 『八日目の蝉』

2010.06.12 *Sat
八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。



不倫相手の赤ちゃんを誘拐し逃亡する女性と、誘拐された子供の話。
これだけ聞くとなんて悪い女、となるのですが、ここに至るまでには彼女もとても苦しみます。
愛した相手の裏切りはもとより、泣く泣く諦めた命のことを彼の妻に馬頭されるなど、読んでいて苦しくて苦しくて。

赤ちゃんを一目みた瞬間、愛しくて愛しくて思わず抱いて逃げてしまった希和子。
一度抱いたその柔らかさと温かさを彼女は手放せなくなるんですね。
薫と名付け大事に育てます。
はたから見ると事情はあれども普通に仲の良い親子。
でもいつまでこの幸せは続くのか。
突然子供を失った両親はどんな気持ちだったのか。

ページをめくる手は止まりません。

蝉は七日間で死んでしまう。
でももし自分だけ八日目まで生き残ってしまったら。
八日目の蝉になってしまったとき、どう生きていけばいいのか。
そこに見える世界は天国なのか地獄なのか。

いろいろな母親のかたち、愛情のかたち、憎しみの形を見せられました。
それは決して透き通った美しいものばかりではなかったけれど、こうも強い愛情があるのかと惹きこまれました。

成長した薫が、十七年前に希和子が叫んだ最後の言葉を思い出し、彼女が失っていた人生の色が押し寄せてきたとき、涙を抑えることができませんでした。

常識的に考えれば許されないことなのに、誰も憎むことができなくて。
読み終わったときにはそれぞれの不器用さが愛おしく思えるくらいでした。

いつか二人が見つめる瀬戸内の海の煌めきが交わることがありますように。

お気に入り度:★★★★☆ (2010年5月7日読了)

《↓ 応援していただけると励みになります☆》
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

角田光代 「ドラママチ」

2007.05.12 *Sat
ドラママチドラママチ
(2006/06)
角田 光代

商品詳細を見る

【あらすじ】
妊娠、恋愛、プロポーズ…女はいつも何かを待っている。中央線沿線の「マチ」を舞台に、小さな変化を「待つ」ヒロインたちの8つの物語。(Amazonより)



出てくるのはいずれも「幸せ」とは言い切れない30代女性たち。
独身あり、既婚者あり・・・皆それぞれに、鬱々と心にまとわりつくなんとも「晴れない」様々な要因によって、日々悩みつつも現状の生活維持を余儀なくされている。そして中央線沿いの吉祥寺、西荻窪、阿佐ヶ谷が舞台となっており、沿線にすむ女性なら一度手にとって読んでみると地理感覚も手伝って物語が目の前に繰り広げられるので、より興味深い作品だと思います。

ただ、内容はというと、何とも全編どんよりとした曇り空に包まれた感じで時折雲間から陽の光が差し込むように思えて、決して空が晴れ渡ることなく終わる、そんな物語が詰まっています。彼女達の心理描写がとてもリアルで読んでいて痛いくらいなんですが、かといって「うん、わかる、わかる」と共感することから自分も前に進んでいく力をもらうということもなく、不思議なくらい全く共感ができませんでした。年代も舞台も共通点はいっぱいあったのに・・・。1つの物語を読み終えるたびに無力感が覆うといった感じでした。全編を通して全く同じような読後感を与え、短編集ながらも見事な統一感を出しているものだと感心すら覚えました。

本って現実逃避の手段でもあると思うのですが、この作品を読んでいると、自分の生活も角田さんに描いてもらうとこんな短編集になるのかも?と思えるくらい地味でありながら、人間が誰でも持っている他人には知られたくない一面が描かれているので居心地の悪さを感じるのかもしれません。人によって感じ方が分かれる作品なのではないかな、と思います。

お気に入り度:★★☆☆☆

rankingtag にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

角田光代 「人生ベストテン」

2006.10.16 *Mon
人生ベストテン 人生ベストテン
角田 光代 (2005/03/02)
講談社

この商品の詳細を見る


あらすじ(Amazonより)
13歳のあの夏から、私に会いにきたひとは?
どこにでもいる男たちと女たちの<出会い>が生みだす、ちいさなドラマ。おかしくいとしい6つの短篇。
「床下の日常」 
  水漏れ工事に向かったマンションで、陰気な人妻から食卓に誘われたぼくは・・
「観光旅行」 
  恋人と訣別するためイタリア旅行中の私は、観光地で母子喧嘩に巻き込まれ・・
「飛行機と水族館」 
  アテネ帰りの飛行機で隣り合った泣き女が、なぜかぼくの心にひっかかり・・
「テラスでお茶を」
  男とのねじくれた関係を刷新すべく、中古マンション購入を決意した私だが・・
「人生ベストテン」
  40歳の誕生日を目前に、恋すらしていない人生に愕然とした私は・・
「貸し出しデート」 
  夫以外の男を知らない主婦の私が、若い男を借り出してデートに挑むが・・



どれも30代、40代の女性にまつわる短編集。
どれも現実にありそうで、ちょっと切なくほろ苦いそんな物語。
どれも根本的な問題は解決されていないけど、一歩前に踏み出せそうな、そんなところで物語りは終わり、自分だったらどうだろう、とちょっと考えさせられる。
とても読みやすい作品でした。暗くもなく明るくもなく。淡々としていて。

「人生ベストテン」というのは主人公の女性が眠れない夜に自分の人生で起こった出来事の中でベストテンを思い浮かべるところから始まるのですが、その上位のどれもが何十年も前の出来事だったりするんですね。その事実に愕然として余計に眠れなくなったりする・・・なんて話を読みながら私のベストテンは・・・と一瞬考えようとしましたが何だか怖くて止めました(笑)

お気に入り度:★★★☆☆
rankingtag
にほんブログ村 本ブログへ


COMMENT (2)  TRACKBACK (1)  EDIT | 



Copyright © ホシノ図書館 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

星が見える名言集100



プロフィール

Spica

Author:Spica
本の感想、映画の感想を綴っています。

ペーパー図書館司書です。
恩田陸、原田マハ、小川洋子、梨木果歩、森見登美彦、伊坂幸太郎、村上春樹、米澤穂信、穂村弘、瀬尾まいこ、森絵都、エンデ、キャロル、オースター、オースティン、マキューアン・・・など。

*当ブログ内の文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。

spicaさんの読書メーター

spicaの今読んでる本

spicaの最近観たビデオ

ブグログ Spicaの本棚



↓参加中♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン





ブログ内検索



Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



月別アーカイブ

07  06  01  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  08 



表示中の記事リスト

角田光代の記事



Tree-Comment



最近のトラックバック



大切な一冊



最近の記事



カテゴリ

【読書メーター(読書記録)】 (25)
【あ行の作家】 (56)
浅田次郎 (4)
有川 浩 (7)
伊坂幸太郎 (9)
石田衣良 (1)
市川拓司 (1)
上橋菜穂子 (3)
大崎 梢 (4)
大崎善生 (1)
小川洋子 (2)
奥田英朗  (3)
恩田 陸 (17)
その他 あ行の作家 (4)
【か行の作家】 (15)
海堂 尊 (4)
角田光代 (3)
川上弘美 (1)
北村薫 (2)
近藤史恵 (2)
その他 か行の作家 (3)
【さ行の作家】 (21)
桜庭一樹 (3)
重松 清 (1)
雫井 脩介 (2)
小路幸也 (5)
瀬尾まいこ (4)
その他 さ行の作家 (6)
【た行の作家】 (8)
たかのてるこ (3)
辻村深月 (2)
豊島ミホ (1)
その他 た行の作家 (2)
【な行の作家】 (5)
中原みすず (1)
西川美和 (1)
その他 な行の作家 (3)
【は行の作家】 (11)
初野 晴 (2)
東野圭吾 (6)
誉田哲也 (3)
【ま行の作家】 (33)
万城目学 (2)
三浦しをん (2)
三崎亜記  (2)
宮下奈都 (3)
宮部みゆき (3)
森 絵都 (4)
森見登美彦 (8)
その他 ま行の作家 (9)
【や行の作家】 (24)
米澤穂信 (19)
その他 や行の作家 (5)
【海外の作家(ア~ナ行)】 (4)
【海外の作家(ハ行~ワ行)】 (9)
【アンソロジー】 (2)
【絵本・児童文学】 (38)
酒井駒子の絵本 (3)
センダックの本 (5)
【本に纏わる雑記】 (5)
【鑑賞メーター(映画)】 (6)
【映画作品】 (15)
洋画タイトル(ア行) (1)
洋画タイトル(サ行) (2)
洋画タイトル(タ行) (1)
洋画タイトル(ハ行) (1)
洋画タイトル(マ行) (1)
洋画タイトル(ラ行) (2)
韓国映画(カ行) (1)
韓国映画(ハ行) (1)
韓国映画(マ行) (1)
邦画タイトル(あ行) (1)
邦画タイトル(か行) (0)
邦画タイトル(は行) (1)
邦画タイトル(ま行) (2)
未分類 (0)



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



人気記事ランキング



お気に入り読書blog list



リンク

このブログをリンクに追加する



気になる新刊情報♪

気になる作家さんの新刊リストです(自動更新)



RSSフィード



FC2カウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。